安心してプレーしたいならゴルフ保険の加入は必須

ゴルフは楽しいスポーツですが、練習やラウンド中に予期せぬアクシデントに見舞われることもあります。いくつか例を挙げてみると…。

  • 他のプレーヤーが打ったボールに当たってしまった。
  • 自分が打ったボールが他のプレーヤーに当たってしまった。
  • スイングの練習中に他のプレーヤーに当たってしまった。
  • 他のプレーヤーが振っていたクラブに当たってしまった。
  • ゴルフクラブが折れてしまった。
  • ゴルフセットが盗難にあった。

などなど。こうしたときにゴルフ保険に入っていると、医療費や用品代などの補償を受けられるので安心です。当サイトでは、おすすめのゴルフ保険に関する情報を詳しくまとめています。

厳選!おすすめのゴルフ保険ベスト5

まずは、特におすすめなゴルフ保険を5つピックアップ。保険料や補償内容、その他の特徴で比べて順位をつけてみました。自分に合ったゴルフ保険選びの参考にしてください。

 
1位 三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」 おすすめ度 ★★★★★
保険料 3,000円(1年)~ ※1週間プランは1,000円
補償内容
  • 第三者賠償責任:5,000万円~2億円
  • ゴルファー傷害:320万円~700万円
  • ゴルフ用品損害:10万円~36万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用:10万円~100万円
その他の特徴
  • 賠償責任はゴルフ場や練習場だけでなく自宅でのゴルフ練習も対象
  • ネットだけで契約手続きが完了
  • 6種類の基本プランがあり自分に合ったものが選べる
  • 業界大手でMS&ADインシュアランスグループなので信頼性も高い
三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」のHPへ
 
2位 損保ジャパン「ゴルファー保険」 おすすめ度 ★★★★☆
保険料 5,000円(1年)~
補償内容
  • 第三者賠償責任:3,000万円~1億円
  • ゴルファー傷害:734.9万円~914.9万円
  • ゴルフ用品損害:15万円~25万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用:20万円~50万円
その他の特徴
  • 賠償責任、傷害はゴルフ場施設内の更衣、休憩、食事、入浴等の行為も対象
  • ホールインワンやアルバトロス達成時、緑化事業促進団体による寄付を保険金額の10%の範囲内で支払い可能(緑にやさしい補償付)
  • プランは3種類から選択可能
  • 業界大手の安心感がある
損保ジャパン「ゴルファー保険」のHPへ
 
3位 NISSAY「ゴルファー保険」 おすすめ度 ★★★★☆
保険料 5,000円(1年)~
補償内容
  • 第三者賠償責任:5,000万円~1億円
  • ゴルファー傷害:260万円~620万円
  • ゴルフ用品損害:20万円~35万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用:20万円~85万円
その他の特徴
  • 賠償責任、傷害はゴルフ場施設内の更衣、休憩、食事、入浴等の行為も対象
  • プランは4種類から選択可能
  • 保険引受会社はあいおいニッセイ同和損害保険
NISSAY「ゴルファー保険」のHPへ
 
4位 東京海上日動「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」 おすすめ度 ★★★☆☆
保険料 5,000円(1年)~
補償内容
  • 第三者賠償責任:1億円~無制限
  • ゴルファー傷害:500万円~980万円
  • ゴルフ用品損害:10万円~20万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用:20万円~30万円
その他の特徴
  • 傷害はゴルフ場施設内の更衣、休憩、食事、入浴等の行為も対象
  • 付帯サービス(24時間緊急医療相談、介護・健康・生活相談など)が充実している
  • プランは2種類
東京海上日動「トータルアシストからだの保険」のHPへ
 
5位 朝日火災「ゴルファー保険」 おすすめ度 ★★★☆☆
保険料 4,000円(1年)~
補償内容
  • 第三者賠償責任:5,000万円~1億円
  • ゴルファー傷害:210万円~410万円
  • ゴルフ用品損害:10万円~30万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用:20万円~50万円
その他の特徴
  • プランは3種類から選択可能
  • 2年、3年契約が可能
朝日火災「ゴルファー保険」のHPへ

三井住友海上のゴルフ保険がいちおしの理由

ここで紹介した5つのゴルフ保険の中から、当サイトがいちおしするのは三井住友海上の「ネットde保険@ごるふ」。その理由を解説しましょう。

プランが豊富で自分に合ったものを選べる

三井住友海上のゴルフ保険には、補償内容などが異なる6種類のプランが用意されています。それぞれ1年の保険料も異なるため、費用を抑えて最低限の補償のみ受けられるものから、まんべんなく補償を充実させたいプランまで希望に合ったものを選べます。

また、保険期間が1週間で保険料1,000円のプランもあるため、頻繁にゴルフに行かない人でも気軽に加入できます。

ネットだけでゴルフ保険の契約を締結できる

三井住友海上のゴルフ保険は、インターネット上から加入手続きが可能。クレジットカード払いで契約を締結でき、手軽に加入できるのもメリットといえます。

多くのゴルフ保険は、契約手続きに関して申込書が届いてから記入、あるいは代理店の担当者と直接契約の手続きを行うといった形式をとっており、こうした手順が面倒な人にはありがたいシステムでしょう。

三井住友海上のゴルフ保険の場合、申込書への捺印も不要でネットのみで契約が完結。後日に保険証券が送られてくるといった完全ネット販売対応となっているため、明日ゴルフに行くからすぐ加入したいといった場合にも便利です。

大手損保会社のゴルフ保険という安心感

三井住友海上は、MS&ADインシュアランスグループの中枢企業の一つで、大手の損害保険会社としての信頼性や安心感があります。

大手保険会社の中で、ここまで本格的なゴルフ保険を取り扱っているところは少なく、これから加入を考えている人はまず検討したい保険といえるでしょう。

三井住友海上のゴルフ保険加入を検討してみる

【ゴルフ保険をご検討中の方へ】
当サイトに掲載している情報は、2014年6月現在のデータをもとにしています。
参考にする場合は、公式サイトなどで必ず最新の情報をご確認ください。