ゴルフ保険の比較サイト » こんなときに助かる!ゴルフ保険の適用ケース » プレイ中にケガをしてしまった

プレイ中にケガをしてしまった

もしもゴルフ場でボールがあなたを直撃したら?ゴルファー保険はどこまで保障してくれるのか、保険の適用範囲や補償額などについて解説しています。

ゴルフ場内で発生した事故によるケガに適用される

ゴルファー保険ではゴルフのプレイ中にケガをしてしまった場合に傷害補償として保険金が設定されています。

ゴルフはそれほど激しく動く競技ではありませんが、ゴルフ場で他のパーティのボールが当たってケガをする、くぼみに足を取られて転倒してケガをするといった危険性があります。

場合によっては死亡や後遺障害に悩むといった大きな事故に発展しないとも限りません。ゴルファー保険に入っていないとケガをした場合の治療もすべて自己負担になりますので、万が一の時のために入っておいたほうが安心です。

傷害補償として設定される保険金額はゴルファー保険の種類や保険会社によって様々で100万円~1,000万円程度まで幅があります。

支払われる保険金の種類は、死亡保険金、後遺障害保険金、入院保険金、通院保険金の4つに分かれます。

死亡保険金

事故の発生日から180日以内に、そのケガがもとで亡くなった場合に契約の保険金額の全額(既に支払われた後遺障害保険金がある場合はその額を差し引いた額)が支払われます。

後遺障害保険金

事故の発生日から180日以内に、その事故によるケガで生じた後遺症の程度に応じ、契約した保険金額の4%~100%が支払われます。

入院保険金

事故によりそのケガがもとで入院した場合、入院の日数に対して1日につき契約の保険金額の1.5/1,000が支払われます。ただし、事故の発生の日からその日を含めて180日を限度とします。入院保険金については5,000円/日というように明記されている場合もあります。

通院保険金

事故によりそのケガがもとで通院(往診による治療を含む)した場合に契約の保険金額の1.0/1,000×通院日数(ただし、事故の日から180日以内の通院日数のうち90日が限度)が支払われます。通院保険金については1,000円/日というように明記されている場合もあります。

保険金が支払われないケース

ゴルファー保険の傷害補償は、ゴルフ場、ゴルフ練習場敷地内での急激かつ偶然な外来の事故によるケガに限定されています。自宅でゴルフの練習をしている際にケガをした場合には適用になりませんので注意が必要です。

この他、保険金が支払われないケースには以下のようなものがあります。

  • 契約者、被保険者の故意または重大な過失によるケガ
  • けんかや自殺行為、犯罪行為によるケガ
  • 被保険者の脳疾患、疾病または心神喪失によるケガ
  • 地震・噴火・津波によるケガ
  • 飲食などによる食中毒
  • 医学的観点から症状を裏付けるものが無い場合

あん摩マッサージやハリ治療などの医療類似行為については、被保険者以外の医師の指示により行われた治療のみ支払いの対象となります。被保険者以外の医師の指示により行われた治療のみ支払いの対象となります。

なお、傷害補償については国内だけでなく海外でのケガも対象となります。どこで事故が起きてもしっかり診断書などを発行してもらうことが重要です。