年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » 子どもと一緒にゴルフを始めよう

子どもと一緒にゴルフを始めよう

子どもの習い事というと野球やピアノ、水泳など、いくつかに絞られています。しかし、一般的な習い事だけでなく、ゴルフも子どもにおすすめのスポーツ。

また、ゴルフは集中力や礼儀を早い段階で身に付けられるメリットもあり、親子で長く楽しめるのが魅力でしょう。ここでは、子どもがゴルフを始める方法をはじめ、ゴルフのメリットや子どもも加入すべきゴルフ保険をご紹介していきます。

子どもがゴルフに興味を持つポイント

子どもにゴルフがおすすめといっても、まずは興味を持ってもらわなければ始めることはできないでしょう。無理に始めさせても意味はありません。

しかし、野球やサッカーと違って子どもに広く親しまれているスポーツとはいえない側面もあるので、親が積極的にゴルフというものを教えることも大切です。

そこでここでは、子どもがゴルフに興味を持つポイントをご紹介します。

親がゴルフを楽しく行っていることを見せる

子どもは、親の行動をよく見ているもの。親がつまらなそうにしていることや嫌々はじめていることなどに対して、拒否感を示す可能性があります。

子どもをゴルフ場に連れていくときは、楽しい雰囲気づくりがポイント。親が楽しみながらゴルフをしていると何となく楽しそうという気持ちにしやすいため、全力でゴルフを楽しみましょう。

子どもは大人が思うよりも、本気か嘘かを判断できることも。適当に楽しんでいる雰囲気を出してしまうと、逆効果になってゴルフへ興味を無くしてしまう可能性があります。

親がゴルフ番組や本を見たり読んだりする

子どもにゴルフを始めてもらいたい時は、ゴルフを知ってもらうことも大切。野球やサッカーなどは、さまざまな場面で知る機会があるので自然とルールも理解できます。

しかし、ゴルフの場合はテレビでゴルフ番組などがあるものの、親が見せなければ見る・知る機会は少ないでしょう。

ここは親が一緒にゴルフ番組を見たり本を買ってあげたりしてみるのもおすすめ。ほかにもゴルフ番組や本でゴルフを知ることで、より具体的にゴルフというスポーツを理解してもらえます。

ゴルフゲームも始めてみる

ゴルフ場だけではなく、ゴルフゲームを活用してみるのも方法のひとつ。ゴルフゲームはゲーム性も盛り込みつつゴルフのルールも理解できます。楽しいイメージを持ってもらいつつ、勉強できる側面もあるでしょう。

ゴルフに限らずルールを本のみで理解するのは難しい時もありますが、ゴルフゲームであれば、視覚的・感覚的に理解しやすいのも魅力です。

一方でゴルフゲームを始めることで、ゴルフではなくゲームに興味を持ってしまう可能性も。ゲームと合わせて実際にゴルフ場へ連れてみることも考えてみましょう。

子どもが興味を持ってゴルフを続けるには

子どもが楽しみながらゴルフを行うには、何をすべきかポイントをいくつか紹介します。あくまで主役は子ども、親はサポート役に徹する意識が大切です。

褒めながら教える

スポーツを教える、習い事させるとなると、スパルタ教育をしなければならないと考える方もいるのではないでしょうか。実際は、叱ること、厳しくすることは意味が異なります。

また、子どもにゴルフを続けてもらうには、厳しさよりも褒めることの方が大切でしょう。褒めながら教えるメリットは、子どものやる気や自信に繋げられること。ゴルフに関してやる気や自信を持ってもらえば、さらにゴルフをやってみたいというポジティブな気持ちにも繋がります。

さらに、できることを褒めて伸ばすことによって、「もっと上達したい」という気持ちにもっていくことも。ゴルフを教えているときのちょっとしたポイントも、見逃さず褒めましょう。

自宅でゴルフを楽しめる環境をつくる

ゴルフを続けてもらうためには、日常的にゴルフと関わることができる環境も必要。しかし、ゴルフ場に毎日送迎するのは現実的ではありません。

そこで自宅の庭に家庭用パターセットを設置したり、おもちゃのゴルフクラブを買ってみたりするのもおすすめです。日々ゴルフに親しむ環境があれば、子どもも興味を失わずに続けることができます。

ゴルフは楽しいものと教える

ゴルフは楽しいスポーツと思ってもらえるよう、親がサポートすることも大切でしょう。サポートといってもゴルフの教え方ということではなく、楽しんでゴルフやゴルフ番組・ゴルフゲームに取り組める雰囲気づくりが必要です。

また、褒めるポイントと共通していますが、初めてゴルフ場に連れて行った際にできない所を教えるのではなく、親子で楽しむことを意識しましょう。

子どもがゴルフを始めるメリット

子どもがゴルフを始めることによって得られるメリットを3つ紹介します。ゴルフならではのメリットもあるので、子どもに身に付けて欲しいスキルがあれば準備してみましょう。

集中力を身に付けられる

ゴルフは他のスポーツと違い、1人で進めるのが特徴です。ボールは止まっているため、打ちやすいと考える方も多いことでしょう。しかし、ゴルフは正しいフォームで打たなければ、まっすぐ飛ばすこともできません。さらに方向や飛距離をコントロールするには、技術に加えて集中力も必要です。

とくに集中力はゴルフ以外の日常生活、学校、仕事などでも活かせるスキルですので、子どもに始めさせる大きなメリットでもあります。

ゴルフを通して礼儀を身に付けられる

ゴルフは紳士のスポーツでもあるので、ゴルフを通して礼儀や自制心を身に付けることができます。

たとえば、ゴルフは相手と直接試合を行うスポーツではなく、1人でスタート。スコアは自己申告制ですので、どのような状況でも自分自身で正しく伝える・記録するという自制心も身に付けることができるでしょう。

ほかにもゴルフは、同じくプレイしている相手の邪魔にならないよう立ち位置に配慮したり服装に関する礼儀だったり細かく定められています。礼儀やマナーは、ゴルフ以外の場所でも必要なスキルですので、子どもにゴルフを始めさせるメリットのひとつです。

子どもにも必要なゴルフ保険プラン3選

ゴルフを要因とする事故や怪我、賠償責任などは珍しい話ではありません。そこで、ここでは子どもにもおすすめのゴルフ保険プランを、3つご紹介します。

三井住友海上の1DAYレジャー保険

三井住友海上の1DAYレジャー保険はゴルフを含むスポーツやレジャーに関するリスクに備える保険。大きな特徴は一般的なゴルフ保険と違い1日500円前後で加入できるものがあり、家族で加入できるプランは1日300円(1名)です。

ゴルフ保険は、1ヶ月や1年単位で支払うケースが多いため、試しにゴルフを始めたい方にとっては負担の大きいプランも。1DAYレジャー保険の場合は1日単位で保険料を支払うため、試しに数日ゴルフを行うケースと相性の良いプランです。

保障内容 みんなまとめて安心プラン
傷害死亡保険金 200万円
傷害入院時一時保険金 6万円
骨折時一時保険金 4万円
日常生活賠償保険金 1億円
救援者費用等保険金 100万円
加入者 被保険者以外も可能

ホールインワン補償などが含まれたプランは被保険者のみを対象としているので、子どもも加入する場合は、「みんなまとめて安心プラン」がおすすめ。なぜなら練習のためにゴルフ場へ向かう場合は、ホールインワン費用を負担する可能性はありません。

三井住友海上のゴルフ保険を詳しく見る

ソフトバンクかんたん保険

大手通信会社のソフトバンクが提供している「ソフトバンクかんたん保険」では、保険加入者に加えて満70歳未満の方を被保険者として設定できるのが特徴。

また、一般的なゴルフ保険と同じく、ゴルフ中のケガや事故、第三者への賠償請求など手厚い保障が用意されています。

プランは補償額に応じて、ちょこっと・しっかりと呼ばれる2種類のコースに分かれています。ちょこっとコースは月額460円、しっかりコースは770円とリーズナブルなところが魅力です。

     
保障内容ちょこっとしっかり
死亡・後遺障害 300万円 500万円
入院保険金日額 3,000円 5,000 円
手術保険金 入院中、入院保険金日額×10倍
外来時、入院保険金日額×5倍
入院中、入院保険金日額×10倍
外来時、入院保険金日額×5倍
通院保険金日額 1,000円 2,000円
ゴルフ賠償責任 1,000万円 3,000万円
ゴルフ用品損害 10万円 20万円
ホールインワン・
アルバトロス費用
30万円 50万円

長期的に練習を続ける場合は、ホールインワン費用補償やゴルフ用品補償も付いたソフトバンクかんたん保険を検討してみるのがおすすめです。

ソフトバンクのゴルフ保険を詳しく見る

東京海上日動のからだの保険

東京海上日動のからだの保険は、ゴルフに関わるリスクを補償してくれるのが特徴です。また、加入者本人だけでなく家族も補償を受けられるため、子どもをゴルフ場に連れていくときも親子でリスク対策ができるでしょう。

東京海上日動は、下の契約パターン以外にも用意しているため、ほかのパターンを希望している方は相談可能です。

以下のパターンは保険料5,300円と7,800円(年額)になるため、月々の支払いも大きな負担になりません。

保障内容 保険料5,300円 保険料7,800円
死亡・後遺障害 590万円 920万円
入院保険金日額 3,000円 5,000 円
通院保険金日額 1,000円 3,000円
第三者に対する賠償責任 国内1億円
国外1億円
国内無制限
国外1億円
ゴルフ用品の損害 10万円 20万円
ホールインワン・
アルバトロス費用
20万円 30万円

上記のパターンは賠償責任や死亡後遺障害など、あらゆる項目で補償額が高めに設定されているのが魅力。保険料7,800円のコースは、国内の賠償責任に対して無制限です。

東京海上日動のゴルフ保険を詳しく見る

ゴルフ保険の比較!加入はゴルファーのマナー!

ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧
パルシステムのゴルフ保険
三井物産インシュアランスのゴルフ保険
トッパン保険サービスのゴルフ保険
XiS(ゼビオ)のゴルフ保険
パナソニック保険サービスのゴルフ保険
ライフカードのゴルフ保険
ローソンのゴルフ保険
JP損保サービスのゴルフ保険
ANA SKYのゴルフ保険
LINEほけんのゴルフ保険
GDOのゴルフ保険
三井住友海上のゴルフ保険
東京海上日動のゴルフ保険
楽天損保のゴルフ保険
損保ジャパンのゴルフ保険
NISSAYのゴルフ保険
朝日火災のゴルフ保険
AIG損保のゴルフ保険
共栄火災海上のゴルフ保険
楽天のゴルフ保険
ミズノスポーツ保険のゴルフ保険
日立保険サービスのゴルフ保険
au損保のゴルフ保険
日本興亜損保のゴルフ保険
アメリカンホームダイレクトのゴルフ保険
アルペンのゴルフ保険
NTTドコモのゴルフ保険
ソフトバンク(SoftBank)のゴルフ保険
アメリカン・エキスプレスのゴルフ保険
エポスカードのゴルフ保険
イオン銀行のゴルフ保険
生協のゴルフ保険
セブンイレブンのゴルフ保険
Yahoo!JAPANのゴルフ保険
JCBザ・PGAクラブカードのゴルフ保険
JALカードのゴルフ保険
セゾンカードのゴルフ保険
ダイナースクラブ ビジネスのゴルフ保険
エムアイカードのゴルフ保険
ソニー損保のゴルフ保険
チューリッヒ保険会社のゴルフ保険
Chubb損害保険(旧社名:エース損害保険)のゴルフ保険