ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧

ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧

補償内容が充実しているおすすめのゴルフ保険をピックアップ。それぞれの保険料や補償内容などの情報をまとめています。

ゴルフ保険加入のメリット

ゴルフ保険には、大きく3つのメリットが挙げられます。「ケガや事故による対人被害」「破損や盗難による対物被害」または、「ミラクルプレーに対する祝賀会の費用」まで補償対象に含まれます。

不測の事態から、喜ばしい出費にも幅広くサポートしてくれるのが、ゴルフ保険のメリットだといえます。

ゴルフ場でのケガや事故など不測の事態に備える

“ゴルフ場でのケガは推定「年間6,000件以上」”

ゴルフ場でのケガの件数について、はっきりしたデータはありませんが、2001年、西日本158カ所のゴルフ場で発生した事故というデータによるとケガの総数が466件であるといいます。全国にゴルフ場は2,000以上あるので、その総数は6,000件以上であると推定されます。

最も多いのがクラブやボールに当たったというもの。次いでカートによるもの。その次に転倒、転落です。スポーツにケガは付きものとはいえ、ゴルフの場合は硬く、重さのあるクラブを思いっきり振って使用することや、カートを使うこともあり、ゴルフのケガは、他のスポーツのものと比べて重傷を負います。

引用元:“月1ゴルファーでもゴルフ保険が必要な4つの理由と選び方”

上記のように、ゴルフ場で不測の事態に見舞われたという人は少なくないようです。

ゴルフを頻繁にしないという人でも、このようなアクシデントに対応できるように、ゴルフ保険に加入することをおすすめします。

実際に、ゴルフ保険が役に立つ事例をみてみましょう。

自前のゴルフ用品が破損・盗難のアクシデントに遭っても安心

ゴルフ保険のゴルフ用品補償では、ゴルフ場や練習場敷地内で盗難や破損・曲損が生じた場合に、修理費や損害額を補償することができます。適用されるものは、保険証に記載されたゴルフクラブやボール、ゴルフ用にデザインされた衣服やバッグ類を指します。

ただし、時計・宝石類・財布などの携行品はゴルフ用には該当しません

ミラクルプレーのお祝いも余裕をもって対応

日本のゴルフ事情では、ホールインワンやアルバトロスなどの快挙を達成した場合、参加者や同伴者などを対象にお祝いを催すことが一般的です。キャディには祝儀、コースには記念樹の植林、参加者には記念品の贈呈と、平均で10万前後の費用が必要になります。

そういったゴルフにかかわる祝い事の出費を、サポートしてくれるのもゴルフ保険の特徴だといえます。

ゴルフの腕にかかわらず、もしもそういった快挙を起こした際に不安なく喜ぶことができるように、保険には加入しておきましょう。

ゴルフ保険加入のデメリット

ゴルフ保険は、その加入に伴うデメリットはほとんどありません。そのため、不測の事態や、嬉しい出費などに備えたいという人は、加入しておくことが望ましいです。

逆に、ゴルフにほとんど行かないという人なら、無理に加入する必要はないかもしれません。

また、保険の加入期間も1日~1年と選択の自由度が高いので、必要な時だけ加入するということもできます。

比較的リーズナブルな価格設定で、充実した補償が受けられるので、経済的負担を感じることもほとんどありません。

あえてデメリットを挙げるのなら、「保険料が掛かる」「補償内容を把握する必要がある」という点です。

ゴルフ保険の選び方とは?

ゴルフ保険といっても、保険会社によって保険内容や補償内容の適用範囲には、ばらつきがあります。

自身に適している保険を選ぶことで保険料の無駄を抑え、より良い補償サービスを受けるカギになります。

補償期間でふるいにかける

まずは保険期間のプランを吟味しましょう。生命保険といった別の商品では、補償内容を比較して選ぶことが多いと思われます。

しかし、補償内容がセットになっている商品が多いゴルフ保険では、サポートしてほしい内容と不要なサービスとで、ニーズが合致したプランを探すのに手間取るケースがあるのです。

保険料や補償内容を基準にするよりは、自身がゴルフをプレーする頻度に合った保険期間から選んだ方が合理的といえます。

その他の保険でカバーする

特定の保険(自動車保険、火災保険、損害保険など)には、オプションコースが設定されていることがあります。

すでにそれらの保険に加入済みなら、オプションを新たに設定することで、ゴルフ保険と同様の補償を受けることができます。

加入済みの保険がある場合は、それらサービスの有無を確認してみましょう。

家族全員がゴルフを嗜むならファミリータイプがおすすめ

今では、家族全員でゴルフを嗜むことも珍しくなくなりました。そのようなご家庭でも、家族全体も適用対象になる「ファミリータイプ」なら補償適用範囲が広くなるので安心してプレーが楽しめます。

上手にゴルフ保険を活用する方法

ゴルフ保険に加入することは大切ですが、保険の上手な使い方と注意点を熟知しておくと、保険をより有効に活用することができます。

加入前に知っておきたい基礎知識について解説します。

補償適用場所について

ゴルフ保険ではゴルフ場、ゴルフ練習場での事故と記載されているので、専用施設内のみの補償と思いがちです。

しかし、脱衣所や浴室、自宅の庭や駐車場など、常識の範囲内でゴルフの練習ができる場所ならゴルフ練習場に含まれます。

ホールインワン費用負担の注意点

ホールインワンを達成した場合、同伴競技者やゴルフ場の専属キャディ、ゴルフ場責任者など、すべての署名が手続きに必要になります。

キャディを連れないプレーヤーも増えていることから、代替方法としてプレーを目撃した人の署名、ビデオ映像など確認できる資料などを提出することでも可能とされています。

また、祝賀会などの慣習がない海外でのホールインワンや、アルバトロスは必要負担とみなされず補償は適用されません。あくまでも国内のゴルフ場が対象となるのでご注意ください。

ゴルフ用品の損害賠償について

ゴルフ用品にかかわる損害補償額の査定基準は、時価を参照しています。そのため、購入時の金額は考慮されません。

また盗難については、ゴルフボールのみのケースは適用されません。置き忘れ、紛失など本人の過失による場合も、同様に補償対象外となります。

ゴルフ保険の補償内容はどれを選んでも同じ?

ゴルフをプレーする人なら入っておきたいゴルフ保険。どの保険に入っても、補償内容は同じようなものだと思っている人は、少なくないのでは?

確かに補償内容については、第三者への賠償責任補償、ゴルファー傷害補償、ゴルフ用品補償、ホールインワン・アルバトロス補償という4つの項目は、どの保険もほぼ共通で違いはないように見えます。

ですが細かく整理して比較してみると、補償の範囲や支払う保険料に対して下りる保険金額などが異なることがわかります。

賠償責任補償に力を入れているものもあれば、傷害補償が充実してるものもあり、ゴルフ保険によって重点の置き方が違うのです。

しかし、すべてのゴルフ保険の内容を細かく調べあげて、比較検討するのは大変な作業になってしまいます。

そんな手間や時間はかけていられないという人がほとんどだと思いますので、ここでは特に評判が良く、多くの人に利用されている12のゴルフ保険をピックアップしてみました。

補償内容や保険料を紹介していく中で、特徴も解説していますので、違いを見比べてみてください。

プランの比較では、保険料やそれに応じた補償内容ごとの保険金額を表にしていますので、それぞれの保険の傾向やどの保険が自分に合っているのかがわかりやすくなっています。

これからゴルフ保険に加入を検討している方に参考にしていただければ幸いです。