ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧 » ダイナースクラブ ビジネス

ダイナースクラブ ビジネス

国内で最も歴史のあるクレジットカード「ダイナースクラブ」に自動付帯するゴルフ保険についてまとめました。これからゴルフ保険へ加入を考えている方はぜひ参考にしてください。

【関連記事】ゴルフ保険がついたクレジットカード>>

ダイナースクラブ ビジネスのゴルフ保険の補償内容

ダイナースクラブは世界で最初に誕生したクレジットカード。日本でも最も歴史を持つカードとして多くの人が利用しているクレジットカードです。そんなダイナースクラブは、海外旅行保険、国内旅行傷害保険、ショッピング・リカバリーといった様々な保険商品を取り扱っています。

「ビジネスのゴルフ保険」もダイナースクラブビジネスの取り扱い保険のひとつで、クレジットカードに入会をすれば自動的に付帯される保険です。保険料はカードの年会費に含まれていますので、手続きなしでゴルフ保険を利用したいというゴルファーにおすすめです。

補償内容は「賠償責任」「ゴルフ用品損害」「傷害保険」「ホールインワン・アルバトロス費用」の4つとなっています。

入会方法はインターネットからメールを送信して、審査結果を待ち本人手続き等をすれば完了。簡単に申請できる仕組みのため、難しい手続きが苦手だという人でも困ることはないでしょう。

第三者に対する賠償責任

国内外のゴルフ場やゴルフ練習場にて、プレイ中や練習中に誤って他人の物を壊してしまったり、ケガをさせてしまったりと、損害賠償責任を課せられたときに支払われる保険金です。

ゴルファー自身のケガの補償

ゴルフ場での練習中やプレイ中、あるいは指導中になどに偶然起きた事故で被保険者がケガをした場合に支払われる保険金となります。以下はその一例となります(ゴルフ場の敷地内の更衣室・休憩室・食事中・入浴中の場合も適用されます)。

  • 傷害保険

事故が発生した日を含めた180日以内に事故によるケガが死亡原因になってしまった場合に、傷害保険金の全額が支払われます。

ゴルフ用品損害

国内外のゴルフ場やゴルフ練習場にて、ゴルフ用品の破損や盗難があった場合に支払われる保険です。なお、ゴルフボールの盗難については、他のゴルフ用品と一緒に盗まれたときに限り補償適用されます。

ホールインワン・アルバトロス費用

日本国内のゴルフ場でホールインワン・アルバトロスを達成した人の祝賀会や記念品贈呈などで要した費用が、最大10万円まで補償されます。

プランと保険料

ダイナースクラブ「ビジネスのゴルフ保険」の特徴は、賠償責任の補償額が1億円と高額に設定されているところです。カードの年会費の27,000円のみの支払いとなり、保険料として別途発生する費用は0円。それでいて賠償責任補償の最高額が1億円と設定されている手厚い保険だと言えます。

さらに、ゴルフ保険以外にも旅行やグルメ、各種エンターテイメントなどのサービスにまつわる内容もとても充実しているため、1枚持っておけばゴルフ面のみならずプライベート全般で役に立ってくれるでしょう。

※ダイナースクラブカードは、誰にでも無条件で発行されるものではありません。個人事業主や法人企業の役員といった、ある程度の地位と収入にて規定が設けられていますので、加入にあたり審査・確認が必要となります。

年会費 無料
※カード年会費別途27,000円
賠償責任 1億円
ゴルフ用品損害 5万円
傷害保険 死亡:300万円
後遺障害:最高300万円
入院:日額4,500円
通院:日額3,000円
ホールインワン・アルバトロス費用 10万円