おすすめゴルフ保険3選
ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧 » エポスカード

エポスカード

エポスカードとは、株式会社丸井の子会社「エポスカード株式会社」が発行しているクレジットカードです。保険サービスも提供しています。

各保険の中にはゴルフ保険も含まれていて、月々460円からの支払いで各リスクに対して補償するのが特徴です。そんなエポスカードに付帯しているゴルフ保険について、詳しく解説していきます。

エポスカードのゴルフ保険の補償内容

クレジットカードとして有名なエポスカードでは、エポラク傷害保険と呼ばれる保険サービスも販売しています。

エポラク傷害保険とは、家財や携行品、怪我などに対する補償サービスを提供していて、保険金の支払い条件の範囲が広いのが特徴です。

たとえば傷害死亡・後遺障害の場合は、散歩中の交通事故や階段から落ちて死亡、火災による焼死など、あらゆるリスクを想定しています。そして、エポラク傷害保険では、ゴルフ保険のサービスも提供している点に注目。

エポスカードのエポラク傷害保険には、「ゴルフコース」というゴルフ保険があり月々460円からの支払いで、携行品損害をはじめさまざまなリスクを補償します。

3つのコースから選べる

エポスカードのゴルフ保険は、お手軽セット・おすすめセット・充実セットの3コースから選べます。

保険料はお手軽セットが最も安く、本人加入タイプであれば月々460円の支払いで各種損害補償を受けることが可能です。また、最も補償額の高い充実セットでも、本人加入タイプで1310円と大きな負担ではないでしょう。

さらにエポラク傷害保険の場合は、加入タイプを本人と夫婦、そして家族の3種類に分けているので、保険料負担も細かく選べるのが魅力です。

ゴルフ保険に加入するにはエポラク傷害保険への加入が必須

エポスカードのゴルフ保険に加入するためには、エポラク傷害保険に加入しなくてはいけません。

エポラク傷害保険の加入条件とは、エポスカードの会員である必要があります。エポスカード会員となっているうえで、日本国内に居住・過去3年以内に5万円以上の損害保険金を受取っていないことなど、いくつかあるので事前に確認しておきましょう。

また、職業に関する条件もあり、プロボクサーや猛獣取扱者、オートバイ競争選手など一定の危険と隣り合わせの場合は加入できません。

ゴルフ保険の補償内容

エポラク傷害保険の補償内容は、一般的なゴルフ保険と同様に以下の補償を用意しています。

傷害死亡、後遺障害 ゴルフプレー中による事故など
傷害入院 ゴルフプレー中により起きた事故による怪我、そして入院
携行品損害 ゴルフプレー中にゴルフクラブを折るなど
個人賠償責任 ゴルフボールを他人に当てて、怪我をさせてしまったなど
ホールインワン、アルバトロス費用 ホールインワンによる祝賀会費用の補償

傷害通院が無いように見えますが、エポスカードの公式サイト内では傷害入院補償で通院事例と補償額も記載されています。通院補償も含まれているので安心してください。

また、個人賠償責任とは、他人に怪我を負わせてしまい損害賠償の必要性が出た場合に、補償されるプランのことです。

ホールインワン・アルバトロス費用の補償範囲は、自身が経営していないゴルフ場で指導者ではないなど、細かく設定されています。さらに目撃者が同伴者のみの場合は、補償対象にならないので注意しましょう。

プランと保険料

エポスカードのゴルフ保険は、3つのコースを用意しています。そして、各コースの保険料は、加入タイプによって異なるのが特徴です。最短翌日から補償されるので、近々ゴルフプレーの予定がある方もスピーディに利用できます。

  お手軽セット おすすめセット 充実セット
本人 460円 860円 1310円
夫婦 610円 1140円 1750円
家族 940円 1770円 2760円

次に、何かあった際に補償される金額を紹介します。

  お手軽セット おすすめセット 充実セット
傷害死亡、後遺障害 100万円 200万円 300万円
傷害入院(日額) 500円 1000円 2000円
携行品損害 10万円 10万円 10万円
個人賠償責任 1億円 2億円 3億円
ホールインワン、アルバトロス費用 10万円 30万円 50万円

ゴルフ保険がついたクレジットカードはこちら