ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧 » 三井住友海上

三井住友海上

インターネットで24時間いつでも契約可能。三井住友海上のゴルフ保険「ネットde保険@ゴルフ」の補償内容や保険料、特徴についてまとめています。

三井住友海上のゴルフ保険「ネットde保険@ゴルフ」の補償内容

三井住友海上はMS&ADインシュアランスグループの中枢企業の一つで、自動車保険、住まい・家財の保険、傷害保険、旅行・レジャーの保険など、数多くの保険商品を取り扱っていますが、特にネットで加入できる保険に力を入れています。

三井住友海上のゴルフ保険「ネットde保険@ごるふ」もその中の一つで、インターネットで24時間いつでも契約することが可能。申込書への捺印も不要です。保険料の支払いはクレジットカードで行います。ネットでの手続きが完了すると、後日保険証券が送られてくる仕組みです。

ゴルフ保険は、賠償責任補償を主契約に、ゴルファー傷害補償特約、ゴルフ用品補償特約、ホールインワン・アルバトロス費用補償特約の4つで構成されています。

賠償責任補償

国内外のゴルフ場・ゴルフ練習場あるいは自宅などで、練習・競技・指導中に他人を誤って死傷させたり、財物損害したりなどで損害賠償責任を課せられた場合に対象となり保険金が支払われます。

注目できる点は、自宅が補償範囲に入っていることです。ほとんどのゴルフ保険は、ゴルフ場やゴルフ練習場の敷地内での事故に限られますが、例えば自宅でゴルフの練習中に隣の家のガラスを破損してしまった場合などでも対象となるのが三井住友海上のゴルファー保険です。

支払われる保険金に充当される項目は以下の種類となります。

  • 損害賠償金
    損害賠償請求権者(怪我を負わせてしまった人など)に支払う治療費、または器物の修理費など
  • 損害防止費用
    発生した事故の拡大防止などに有益だった費用など
  • 権利保全行使費用
    賠償請求に際し、その権利を行使するにあたり発生する手続きにて発生した費用など
  • 緊急措置費用
    応急手当など緊急措置において発生した費用など
  • 協力費用
    事故の解決に向けて、三井住友海上に協力するために費やされた支出など
  • 争訟費用
    損害賠償における訴訟にて発生した、弁護士報酬の費用など

具体的には、保険規約から確認できます。

保険会社が代理で示談交渉を行うサービスは付加されていませんが、必ず相談・報告のうえ応対するよう注意してください。

“この保険では、保険会社が被保険者に代わって損害賠償請求権者との示談交渉を行う「示談交渉サービス」を行いませんが、万一、被保険者が損害賠償責任を負う事故が発生した場合には、賠償問題が円満に解決するようご相談に応じさせていただきます。なお、あらかじめ当社の同意を得ないで損害賠償責任を認めたり、損害賠償金等を支払われた場合には、損害賠償責任がないと認められる額等が保険金から差し引かれることがありますのでご注意ください。“

三井住友海上 | ゴルファー保険より引用
http://www.ms-ins.com/pdf/personal/travel/golfer.pdf

ゴルファー傷害補償

国内外のゴルフ場・ゴルフ練習場で練習中・競技中・指導中に偶然の事故によりゴルファー自身が死傷した場合に、以下の保険金が支払われます。

  • 死亡保険金
    事故発生から180日以内に事故によるケガが起因で死亡した場合に、傷害保険金の全額が支払われます。
  • 後遺障害保険金
    事故発生から180日以内に事故によるケガが起因で後遺障害が生じた場合に、その度合に応じて傷害保険金(4%~100%)が支払われます。
  • 入院保険金
    事故によるケガの治療のため、平常の生活や仕事ができなくなり入院した場合に、傷害保険金額の1.5/1,000×入院日数(事故の発生の日からその日を含めて180日以内の入院に限る)が支払われます。
  • 通院保険金
    事故発生から180日以内に事故によるケガを治療するために通院した場合、90日を限度に通院した1日につき傷害保険金額の1000分の1が支払われます。

ゴルフ用品補償

国内外のゴルフ場・ゴルフ練習場で、ゴルフクラブの破損またはゴルフ用品の盗難被害にあった場合、保険金額を上限に修理などに掛かる費用が支払われます。なお、ゴルフボールの盗難については、他のゴルフ用品の盗難と同時に生じた場合に限ります。

ゴルフクラブは全損の場合は再調達価額から使用による消耗分を差し引いた金額が、分損の場合は修理費(再調達価額から使用による消耗分を差し引いた金額が限度)が支払われます。

ホールインワン・アルバトロス費用補償

日本国内のゴルフ場で、被保険者本人が達成したホールインワン・アルバトロスについて、祝賀会・記念品の贈呈・記念植樹・同伴キャディへの祝儀などに要した費用が支払われます。慣習としての支出が妥当な社会貢献・自然保護などに役立つとみなされた各種費用も含まれます。詳しくは下記の規約をご確認ください。

“ホールインワンまたはアルバトロスを達成した場合
次の費用のうち実際に支出した額をお支払いします。
ア.贈呈用記念品購入費用
贈呈用記念品には、貨幣、紙幣、有価証券、商品券等の物品切手、プリペイドカードは含まれません。ただし、被保険者が達成を記念して特に作成したプリペイドカードは贈呈用記念品に含みます。
イ.祝賀会に要する費用
ウ.ホールインワンまたはアルバトロスを達成したゴルフ場に対する記念植樹費用
エ.同伴キャディに対する祝儀
オ.上記ア.~エ.以外のその他慣習として負担することが適当な社会貢献、自然保護またはゴルフ競技発展に役立つ各種費用。ただし、保険金額の10%を限度とします。“

三井住友海上 | ゴルファー保険より引用
http://www.ms-ins.com/pdf/personal/travel/golfer.pdf

9ホール以上ある日本国内のゴルフ場で、パー35以上の9ホールを正規にプレーし、自分以外の競技者同伴のもとホールインワン・アルバトロスを達成したアマチュアゴルファーが対象となります。(所定の証明書に目撃者による署名が必要)

セルフプレー時に達成したホールインワン・アルバトロスに関しては、同伴競技者以外の第三者の目撃証言がある場合に限り対象となります。(ゴルフ場使用人・同伴キャディ・場内の売店運営業者・後続のプレーヤーなど)

保険金が支払われない主なケース

保険金の支払いは、ゴルフ保険規約に基づいて行われます。以下のようなケースは補償の適用外となりますので注意してください。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

賠償責任補償

  • 天災や戦争などを発端とする損害賠償責任
  • 故意によって生じた事故の損害賠償責任
  • 生活を共にし、同居している親族への損害賠償責任

ゴルファー傷害補償

  • 天災や戦争などによる怪我
  • 故意や重大な過失に伴う怪我
  • 脳疾患や紳士喪失に起因する怪我

ゴルフ用品補償

  • 置き忘れや紛失
  • 天災や戦争などによる損害
  • 故意や重大な過失に伴う損害

ホールインワン・アルバトロス補償

  • 海外でのプレーにて達成したホールインワン・アルバトロス
  • 自身が経営するゴルフ場にて経営者が達成したホールインワン・アルバトロス
  • 勤務しているゴルフ場にて従業員が達成したホールインワン・アルバトロス

プランと保険料

三井住友海上のゴルフ保険の最大の特徴は、プランの数が多く、自分に合ったプランを自由に選択できることです。

保険期間1年のものだけでも6タイプあり、保険料も3,000円から1万8,000円まで幅広く選べ、賠償責任最大2億円、ホールインワン・アルバトロス補償最大100万円など補償内容も充実しています。

また、1週間プラン(保険料1,000円)も用意されているので、年間を通じてほとんどゴルフをプレーしないという人でも気軽に加入することができます。

しかもネットから手続きができるため、資料や申込書を取り寄せて記入して送るといった手間もなく、明日ゴルフに行くのですぐに契約したいという場合でも安心です。

スタンダードプラン
コース名 Aコース Bコース Cコース 1週間プラン
保険期間 1年間 1年間 1年間 1週間
賠償責任補償(限度額) 5,000万円 1億円 1億2,000万円 1億円
傷害補償 320万円 280万円 280万円 700万円
用品補償 10万円 27万円 29万円 20万円
ホールインワン・アルバトロス補償 10万円 20万円 40万円 15万円
一時払保険料 3,000円 6,000円 9,000円 1,000円
プレミアムプラン
コース名 Aコース Bコース Cコース
保険期間 1年間 1年間 1年間
賠償責任補償(限度額) 1億5,000万円 1億5,000万円 2億円
傷害補償 390万円 400万円 450万円
用品補償 34万円 36万円 33万円
ホールインワン・アルバトロス補償 50万円 70万円 100万円
一時払保険料 11,000円 14,000円 18,000円