年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧 » 三井物産インシュアランスのゴルフ保険

三井物産インシュアランスのゴルフ保険

三井物産インシュアランスでは、三井物産グループに所属する人向けの「三井物産・三井物産グループ団体ゴルファー保険」、またそれ以外の人向けの「ネットde保険@ごるふ」の2種類のゴルフ保険を用意しています。

三井物産インシュアランスのゴルフ保険の補償内容

三井物産インシュアランスで取り扱う2つのゴルフ保険について、その補償内容をご紹介します。加入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

三井物産・三井物産グループ団体ゴルファー保険

基本補償は、「賠償責任補償」「傷害補償」「用品補償」「ホールインワン・アルバトロス費用補償(日本国内のみ)」の4つとなります。

賠償責任補償は、ゴルフの練習中や競技中、指導中に起こった偶然な事故によって他人にけがをさせてしまった場合など、治療費などの損害賠償責任を負った場合に支払われるもの(対人事故)と、ゴルフ練習中・競技中・指導中に起こった偶然の事故により他人のものを壊してしまった場合に支払われるもの(対物事故)が含まれます。 他にも、自身がけがをしたときの補償や、ゴルフ用品が盗難・破損したときの補償、国内のゴルフ場でホールインワンやアルバトロスを達成した際の補償があり、ゴルフをプレーしている際のさまざまなトラブルを補償してくれます。

三井物産・三井物産グループ専用のゴルフ保険となりますが、退職後も継続可能です。

三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」

三井住友海上の「ネットde保険@ごるふ」は誰でも加入ができ、さらに翌日から補償をスタートできるゴルフ保険です。そのため、すぐに補償開始してほしい、という人にもおすすめ。

こちらのゴルフ保険の補償は「賠償責任補償」「ゴルファー傷害補償」「ゴルフ用品補償」「ホールインワン・アルバトロス費用補償」の4つの内容となっています。ホールインワン・アルバトロス費用補償は日本国内で達成したもののみ対象となりますが、賠償責任補償は「国内外のゴルフ場・自宅など」、ゴルファー傷害補償とゴルフ用品補償は「国内外のゴルフ場敷地内」で起きた事故について補償されます。

保険期間は1年または1週間の2パターンから選択が可能です。一時的にゴルフ保険に加入したいという人も、年間で何度かゴルフに行くという人もしっかりと補償してくれる内容になっています。

プランと保険料

続いて、それぞれのゴルフ保険で用意されているプランの種類と、保険料についてご紹介します。同じゴルフ保険の商品であっても、プランがさまざまありますので、よく確認して比較をしましょう。

三井物産・三井物産グループ団体ゴルファー保険

こちらの保険では4つのプランが用意されています。例えばホールインワン・アルバトロス達成時の保証が不要、という場合には「GDセット」を選ぶと良いでしょう。

GAセット GBセット GCセット GDセット
ゴルファー賠償
責任保険金額
1億円 1億円 1億円 1億円
傷害死亡・
後遺障害保険金額
500万円 250万円 250万円 250万円
傷害入院
保険金日額
7,500円 3,750円 3,750円 3,750円
傷害手術
保険金額
傷害入院保険金日額の10倍または5倍
傷害通院
保険金日額
5,000円 2,500円 2,500円 2,500円
ゴルフ用品
保険金額
25万円 25万円 15万円 15万円
ホールインワン・
アルバトロス費用補償
100万円 50万円 30万円 対象外
保険料(月払) 1,050円 600円 400円 160円

三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」

続いて、「ネットde保険@ごるふ」の内容をご紹介します。まず、保険期間1年間の3つのプラン内容をまとめました。

Aコース Bコース Cコース
賠償責任補償 5,000万円 1億円 1億2,000万円
ゴルファー傷害保険 320万円 280万円 280万円
ゴルフ用品補償 10万円 27万円 29万円
ホールインワン・
アルバトロス費用補償
10万円 20万円 40万円
保険料 3,000円 6,000円 9,000円

また、短期間の補償のみで問題ない、という場合には、保険期間1週間というプランも用意されています。あまり普段はゴルフをしないけれど、一時的に補償がほしい、という人におすすめのプランです。

1週間プラン
賠償責任補償 1億円
ゴルファー傷害保険 700万円
ゴルフ用品補償 20万円
ホールインワン・
アルバトロス費用補償
15万円
保険料 1,000円

ゴルフ保険を選ぶ際は、複数の商品を比較検討するのが大切

このページでは、三井物産インシュアランスで取り扱っている2種類のゴルフ保険をご紹介してきました。

ゴルフ保険にはさまざまな種類があるため、加入を考えたときに大切なのは「複数のゴルフ保険の内容を比較してみること」といえるでしょう。それぞれのゴルフ保険により、補償内容や保険期間、保険料が異なりますので、ぜひしっかりと比較した上での加入がおすすめです。

厳選!おすすめのゴルフ保険はこれ!

ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧
パルシステムのゴルフ保険
三井物産インシュアランスのゴルフ保険
トッパン保険サービスのゴルフ保険
XiS(ゼビオ)のゴルフ保険
パナソニック保険サービスのゴルフ保険
ライフカードのゴルフ保険
ローソンのゴルフ保険
JP損保サービスのゴルフ保険
ANA SKYのゴルフ保険
LINEほけんのゴルフ保険
GDOのゴルフ保険
三井住友海上のゴルフ保険
東京海上日動のゴルフ保険
楽天損保のゴルフ保険
損保ジャパンのゴルフ保険
NISSAYのゴルフ保険
朝日火災のゴルフ保険
AIG損保のゴルフ保険
共栄火災海上のゴルフ保険
楽天のゴルフ保険
ミズノスポーツ保険のゴルフ保険
日立保険サービスのゴルフ保険
au損保のゴルフ保険
日本興亜損保のゴルフ保険
アメリカンホームダイレクトのゴルフ保険
アルペンのゴルフ保険
NTTドコモのゴルフ保険
ソフトバンク(SoftBank)のゴルフ保険
アメリカン・エキスプレスのゴルフ保険
エポスカードのゴルフ保険
イオン銀行のゴルフ保険
生協のゴルフ保険
セブンイレブンのゴルフ保険
Yahoo!JAPANのゴルフ保険
JCBザ・PGAクラブカードのゴルフ保険
JALカードのゴルフ保険
セゾンカードのゴルフ保険
ダイナースクラブ ビジネスのゴルフ保険
エムアイカードのゴルフ保険
ソニー損保のゴルフ保険
チューリッヒ保険会社のゴルフ保険
Chubb損害保険(旧社名:エース損害保険)のゴルフ保険