おすすめゴルフ保険3選
ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧 » 楽天損保

楽天損保

楽天損保が提供するインターネット専用のゴルフ保険、ゴルフアシストの補償内容やプラン、保険料について調査の上、わかりやすくまとめました。ゴルフ保険に加入することを検討している方は必見です。

楽天損保のゴルフアシストのプラン内容は?

ゴルフアシストは、怪我やゴルフ用品の破損、人にボールを当ててしまった場合の賠償などゴルフにまつわるさまざまなリスクを保証してくれる楽天損保のゴルフ保険です。2019年4月25日よりプレー当日でも加入申し込みができるようになり、さらに利用しやすくなりました。

その単価は最低年間2,750円(月々にして230円)からと安価ながら、プレー中の怪我や練習中の怪我、人に負わせてしまった怪我はもちろん、熱中症やカート・ゴルフ用品の破損についても国内、海外を問わず保証してくれます。

また、ホールインワン、アルバトロスの場合の祝賀会の費用も国内の場合であれば保証されることになっています。ホールインワン・アルバトロスを達成した場合にかさむ「贈呈用記念品購入費用」「祝賀会費用」「ゴルフ場に対する記念植樹費用」「同伴キャディに対する祝儀」「その他慣習として負担することが適当である費用」などを負担してもらえるのは、非常に大きなメリットといえるでしょう。

申し込みは24時間365日スマートフォンやPCからできるため、「今からゴルフだから入っておきたい!」という方でも安心です。また、ペーパーレスのため、書類の記載や印鑑の用意など保険加入のための手間がかからないのもうれしいポイントといえます。

楽天損保のゴルフアシストの補償内容

ゴルフアシストの補償内容の特徴は、ホールインワン・アルバトロスの場合を除いてプレー中の死亡保障、怪我の補償、他人に損害を負わせてしまった場合の補償、ゴルフ用品やゴルフ施設の破損の損害賠償など、すべてが国外のみならず海外の場合でも行われるということです。海外で不安な場合でもゴルフアシストに加入していれば安心でしょう。Web上でいつでも申し込めるため、国外に出てからでも加入することができるのです。

また、日本国内において他の人に怪我を負わせてしまったり損をさせてしまったりした場合、損害を補償してくれるのみならず、示談交渉代行を請け負ってもらうことがら可能です。人に損失を負わせてしまった場合の交渉事は非常に気が重いもの。その作業を代行してもらえるだけで事故後の心労を軽減することができるでしょう。

ただし、示談交渉を行ってもらうためには「保険金額が規約で定められているラインを超えない」「保険会社への協力を理由なく拒まない」「日本国内の訴訟である」などの条件を満たす必要はあります。

ゴルフアシストのプランと保険料

ゴルフアシストのプランは、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドの3種類に分かれ、後者に行くほど補償内容が手厚くなっています。補償内容それぞれに対応する保険料は、以下の表の通りです。

ゴールド プラチナ ダイヤモンド
賠償責任 1億円 1億円 1億円
ゴルフ用品 10万円 20万円 30万円
ホールインワン・アルバトロス費用 10万円 20万円 30万円
死亡・後遺障害 300万円 300万円 500万円
入院日額 3,000円 3,000円 5,000円
通院日額 1,000円 1,000円 2,000円

なお、それぞれのプランの保険料(年額)は「ゴールド:2750円」「プラチナ:4,950円」「ダイヤモンド:7,350円」となっています。自己負担額はありません。

お申込みの流れ

ゴルフアシストの申し込みは以下の流れで行うことになっています。

  1. 楽天損保のサイトにアクセスします。
  2. ゴルフアシストのページを開きます。
  3. ゴルフアシスタントの内容説明をWeb約款を確認し、申し込むかどうかの最終確認を行います。
  4. ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドのうち自分に合ったプランを選びます。
  5. サイトの「ゴルフアシストをお見積り・お申込み」ボタンをクリックします。
  6. 保険の開始期日とタイプを選択します。ここで楽天IDを持っていない場合は、無料でサイトから作成します。
  7. 氏名や連絡先など申し込み情報を入力します。
  8. 契約内容を確認します。
  9. クレジットカード情報を入力します。

クレジットカード情報が入力できた時点で、ゴルフアシストの申し込みは完了となります。

もしも実際にゴルフアシストを利用する必要が生じた場合は、楽天損保安心ダイヤル(0120-120-555、24時間・365日対応)から連絡を行います。その際、事故の内容とともにゴルフアシストに契約したのちに確認できる楽天損保の保険証券番号などを伝えてください。

補償期間

ゴルフアシストの補償期間は、以下の通りです。

死亡した場合 死亡した場合の補償期間はプレー中の事故の発生した日からその日を含めて180日以内です。
後遺障害を負った場合 後遺障害を負った場合の補償期間はプレー中の事故の発生した日からその日を含めて180日以内です。
手術を受けた場合 手術を受けた場合の補償期間はプレー中の事故の発生した日からその日を含めて180日以内です。
通院した場合 通院した場合の補償期間は通院を開始してから90日以内です。なお、この保険料が支払われるのはプレー中の事故の発生した日からその日を含めて180日以内に通院を開始した場合に限られます。

なお、ゴルフアシストの保険約款には事故などが生じた日から30日以内に連絡がなければ保険料の全額または一部が支払えない場合があると明記されています。事故が発生したらなるべく早く保険会社に連絡を取るようにしましょう。

決済方法

ゴルフアシストの決済は、クレジットカードを利用してキャッシュレスで行えます。Webからの申し込みのため、現金を用いることはできません。

加入条件

ゴルフアシストの加入条件は以下の通りです。

  1. 契約申し込み画面において被保険者として個人情報を入力できる
  2. 保険期間開始時点で満69歳以下

ただし、以下のような条件に該当する場合は、ゴルフアシストの加入条件を満たしていたとしても契約が解除されたり保険金が支払われなかったりする場合があります。

  1. 契約者、被保険者または保険受取人が保険金を支払わせる目的で事故を起こした場合
  2. 契約者、被保険者または保険受取人が暴力団関係者、その他反社会的勢力に該当すると認められた場合
  3. 被保険者または保険受取人が保険金の請求について詐欺を行った場合

上記の条件に該当する場合は、保険金がもらえない可能性があるので注意してください。

パーソナルアシストゴルフタイプ(傷害総合保険)について

パーソナルアシストゴルフタイプ(傷害総合保険)とは、ゴルフアシスト以上に手厚い補償内容が用意されている楽天損保のゴルフ保険です。

その保証対象はゴルファー自身の死亡・障害補償、ゴルフ用品の損害補償、国内のホールイン・アルバトロス費用補償、第三者に対する賠償損害補償などゴルフアシストと変わりません。しかし、その保証額はゴルフアシスト以上に手厚くなっています。

PG1、PG2、PG3とわかれているそれぞれのプランの補償内容は以下の表の通りです。

PG1 PG2 PG3
賠償責任(自己負担額0円) 無制限 無制限 無制限
ゴルフ用品 100万円 50万円 10万円
ホールインワン・アルバトロス費用 100万円 50万円 20万円
死亡・後遺障害 440万円 440万円 350万円
入院日額 3,000円 3,000円 3,000円
通院日額 2,000円 2,000円 1,000円

上記のように、最も特徴的なポイントは賠償責任が無制限になっているということ。この場合の保険料(一時払)は、PG1の場合23,000円、PG2の場合12,000円、PG3の場合4,380円となっています。

もし賠償責任無制限なしでよい場合は、PG1で22,380円、PG2で11,380円、PG3で3,760円の支払いで問題ありません。

補償内容・保険料を徹底比較!ゴルフ保険ベスト5はこれだ!