年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧 » セブンイレブンのゴルフ保険

セブンイレブンのゴルフ保険

セブンイレブンといえば、コンビニとしても有名ですが保険商品の販売や補償も行っています。1DAYレジャー保険と呼ばれる保険を販売しており、ゴルフ保険のサービスも提供しているのが特徴です。

そこで今回はセブンイレブンの1DAYレジャー保険の中から、ゴルフ保険の補償内容や特徴、各料金についてまとめました。

保険料をなるべく抑えたい方や、手軽に加入したい方はセブンイレブンの1DAYレジャー保険を検討してみてください。

セブンイレブンのゴルフ保険の補償内容

セブンイレブンが販売している1DAYレジャー保険では、ゴルフやスキー、ハイキングなどの最中に怪我などのトラブルが発生した際の補償を行っています。

ゴルフに関しても一定の補償に対応していて、いわゆるゴルフ保険と同じ補償内容を用意しているのが特徴です。他にも申し込み手続きが簡単なところや、保険料500円から加入できるリーズナブルな条件にも注目してみてください。

一般的なゴルフ保険と同様の補償内容を提供

セブンイレブンの1DAYレジャー保険は、商品名通りレジャー関係で起こるトラブルに対して保険をかけられるのが基本コンセプトです。

ゴルフに関する補償も含まれているのですが、ゴルフ保険単体ではないため補償内容に不安を感じる方もいるのではないでしょうか。

確かにゴルフ保険単体で販売していませんが、補償内容はゴルフ用品保険金やゴルフ賠償責任保険金など、さまざまな補償を用意しています。そのため、ゴルフ保険の一般的な補償内容を求めている方にもおすすめのプランです。

1DAYレジャー保険は、セブンイレブンがつくった保険ではなく、大手保険会社の三井住友海上が販売元になっています。あくまで販売元は三井住友海上、販売代理店がセブンイレブン。実際の対応は三井住友海上で行うようです。

ホールインワン達成時にかかる費用を補償

セブンイレブンの1DAYレジャー保険の中には、ホールインワンやアルバトロス達成時に掛かる費用についての補償も行っています。

ホールインワン達成時には、キャディーさんや一緒にゴルフを楽しんでいる方達に向けてお礼をしなければいけないマナー・ルールがあります。

しかし、ホールインワンやアルバトロスは、予測できない事象のため、突然お礼をすることになっても、予算がないことも珍しくありません。また、ホールインワン達成時に、一緒に参加している方が多いと費用負担も大きいのが難点です。

そこでゴルフ保険では、一般的にホールインワンやアルバトロス達成時の費用負担を抑えるための補償を用意しています。

1DAYレジャー保険の場合は2つのプランがあり、12万円と15万円と他社の補償と同じ水準の補償を受けることが可能です。

ゴルフクラブの破損も補償で対応可能

1DAYレジャー保険では、ゴルフプレー中にゴルフ用品を破損しても補償してくれる、ゴルフ用品保険金も用意しています。

ただし、2つのプランのうち、ベーシックプランはゴルフ用品の補償に対応していないため注意が必要です。もしゴルフ用品の破損時に補償を受けたい場合は、ベーシックより200円保険料負担を増やせば加入できる「プレミアムプラン」を選びましょう。

プレミアムプランであれば、1日700円という保険料で、ゴルフ用品5万円分まで補償してもらえます。

また、ゴルフ用品の保険金は不要と考えている方は、ベーシックプランがおすすめです。

ゴルフプレー中の怪我や治療も補償

ゴルフ保険でとくに必要といえるのが、被保険者自身の治療と第三者への損害賠償に関する補償です。

ゴルフプレー中には、何が起こるか分かりせん。ゴルフボールが第三者に直撃し、怪我を負わせてしまう可能性もあります。また、被保険者自身がゴルフプレー中に、骨折などの怪我を負うことも。

そこで1DAYレジャー保険では、他社と同様に被保険者向けの死亡・入院保険金と、第三者への賠償保険金といった補償があるのも特徴です。

賠償保険金はプレミアプランの場合3億円と補償額が高く、特に損害賠償への備えに力を入れている方は、加入メリットといえるところでしょう。

セブンイレブンのプランと保険料

セブンイレブンの1DAYレジャー保険の中から、ゴルフ保険のプラン内容を以下にご紹介します。ゴルフ用品保険金は、プランごとに補償の有無があるため、とくに気を付けましょう。

ベーシックプレミア
傷害死亡保険金200万円200万円
傷害入院時
一時保険金
10万円10万円
日常生活賠償保険金1億円3億円
ゴルフ用品保険金無し5万円
ホールインワン
・アルバトロス
費用保険金
12万円15万円

ベーシックプランとプレミアプレンでは、傷害死亡保険金や一時保険金の補償金額について、差はありません。そのため、被保険者自身が怪我に備えるために加入するのであれば、ベーシックプランでも問題ないでしょう。

一方で、損害賠償金額を気にしている方や、ゴルフ用品の破損が多く費用負担を減らしたい方は、プレミアプランもおすすめです。

保険料は500円から支払うプランを用意

1DAYレジャー保険の保険料は、ベーシックプランで1日500円、プレミアプランで1日700円と、短期的な利用であればどちらも比較的安いのが魅力です。

一般的にゴルフ保険の保険料は、年間保険料とセブンイレブンのような日額などさまざまで、1日2日の短期的な利用であれば、1DAYレジャー保険もおすすめでしょう。

ただ、ゴルフを頻繁に行う環境だったり、趣味で行っていたりする場合は年間保険料で設定しているゴルフ保険の方が安いこともあります。

ゴルフの利用回数などから、加入を検討しましょう。

ゴルフ保険は比較して選ぶのがベスト!

セブンイレブンの1DAYレジャー保険は、日額の保険料ですので1日や2日など短い期間だけゴルフを楽しむ場合におすすめといえるでしょう。

ただ、ゴルフ保険は保険会社によって、補償内容はもちろん補償額や保険料、保険料の支払いスパンなど、あらゆる点で異なります。

そのため、ゴルフ保険は加入前に比較検討した上で選ぶのが大切です。

厳選!おすすめのゴルフ保険はこれ!

ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧
パルシステムのゴルフ保険
三井物産インシュアランスのゴルフ保険
トッパン保険サービスのゴルフ保険
XiS(ゼビオ)のゴルフ保険
パナソニック保険サービスのゴルフ保険
ライフカードのゴルフ保険
ローソンのゴルフ保険
JP損保サービスのゴルフ保険
ANA SKYのゴルフ保険
LINEほけんのゴルフ保険
GDOのゴルフ保険
三井住友海上のゴルフ保険
東京海上日動のゴルフ保険
楽天損保のゴルフ保険
損保ジャパンのゴルフ保険
NISSAYのゴルフ保険
朝日火災のゴルフ保険
AIG損保のゴルフ保険
共栄火災海上のゴルフ保険
楽天のゴルフ保険
ミズノスポーツ保険のゴルフ保険
日立保険サービスのゴルフ保険
au損保のゴルフ保険
日本興亜損保のゴルフ保険
アメリカンホームダイレクトのゴルフ保険
アルペンのゴルフ保険
NTTドコモのゴルフ保険
ソフトバンク(SoftBank)のゴルフ保険
アメリカン・エキスプレスのゴルフ保険
エポスカードのゴルフ保険
イオン銀行のゴルフ保険
生協のゴルフ保険
セブンイレブンのゴルフ保険
Yahoo!JAPANのゴルフ保険
JCBザ・PGAクラブカードのゴルフ保険
JALカードのゴルフ保険
セゾンカードのゴルフ保険
ダイナースクラブ ビジネスのゴルフ保険
エムアイカードのゴルフ保険
ソニー損保のゴルフ保険
チューリッヒ保険会社のゴルフ保険
Chubb損害保険(旧社名:エース損害保険)のゴルフ保険