ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフを始めたら入っておきたいゴルフ保険12選 » 損保ジャパン

損保ジャパン

総合保険会社・損保ジャパンのゴルフ保険で受けられる補償を調査。加入するメリットをまとめています。

損保ジャパンのゴルフ保険の補償内容

損保ジャパンは自動車保険、火災保険、地震保険、海外旅行保険、ケガの保険などを取り扱う、業界大手の損害保険会社です。

損保ジャパンのゴルフ保険(ゴルファー保険)は、ゴルフのプレー中または練習中の事故を対象として、他人に対する賠償責任のほか、ゴルファー自身のケガ、ゴルフ用品の盗難・ゴルフクラブの破損、ホールインワン・アルバトロス費用などを補償します。

「緑にやさしい補償付」というのが他社のゴルフ保険にはない特徴で、ホールインワンやアルバトロスを達成した場合、ゴルファーによる緑化事業促進団体による寄付を保険金額の10%の範囲内で保険金から支払いすることができます。

その他の詳しい補償内容は以下の通りです。

第三者に対する賠償責任の補償

ゴルフ場敷地内で(練習中・競技中・指導中・更衣・休憩中・食事中・入浴中など)偶然発生した事故によってキャディや他人にケガをさせたり、財物破損したりして法律上の損害賠償責任を課せられた場合に、損害賠償金ならびに訴訟費用などの金額が支払われます。

ゴルファー自身のケガの補償

ゴルフ場での練習中・競技中・指導中あるいはゴルフ場敷地内での更衣中・休憩中・食事中・入浴中などに偶然起きた事故により、被保険者自身がケガをした場合に以下の保険金が支払われます。

  • 死亡保険金
    事故により被保険者本人が死亡した場合(事故発生から180日以内)保険金額の全額が支払われます。
  • 後遺障害保険金
    事故発生から180日以内に生じた後遺障害については、その度合に応じて保険金4%~100%の額が支払われます。
  • 入院保険金
    ケガにより入院した場合、事故の発生からその日を含めて180日以内の入院日数に対して、1日につき保険金額の1000分の1.5を乗じた金額が支払われます。
  • 通院保険金
    ケガにより通院して医師の治療を受けた場合、事故の発生からその日を含めて180日以内の通院日数に対し、90日を限度として、1日につき保険金額の1000分の1.0を乗じた金額が支払われます。

ゴルフ用品の損害

ゴルフ場敷地内で、ゴルフ用品の盗難(ゴルフボールの盗難は他のゴルフ用品と同時に生じた場合に限る)や、ゴルフクラブの破損または曲損により生じた損害に対して、時価額を目安にした損害補償金が支払われます。

ホールインワン・アルバトロス費用

日本国内のゴルフ場でプレー中にホールインワン・アルバトロスを達成した上で、記念品の贈呈・祝賀会・記念植樹・同伴キャディへの祝儀・慣習として支出することが妥当な社会貢献と見なされる費用などに対して、保険金額を限度に保険金が支払われます。

なお、対象となるゴルフ競技は、アマチュア競技者が他の競技者1名以上と同伴し、基準打数パー35以上の9ホール、または基準打数パー35以上の9ホールを含む18ホールをラウンドする場合に限ります。

また、セルフプレー中に達成したホールインワン・アルバトロスは原則として対象外となります。

プランと保険料

損保ジャパンのゴルファー保険は保険料(1年)が5,000円、7,000円、1万円の3タイプから選べるようになっています。

他社と比較して目立っているのはゴルファー自身がケガをした場合の補償が充実している点です。保険料5,000円タイプでも734.9万円、1万円タイプでは914.9万円が保険金額として設定されています。

その他の賠償責任やゴルフ用品の損害に対する費用はどちらかというと低く抑えられているので、傷害補償を手厚くしたいという人に向いている商品と言えます。

補償内容 P1 P2 P3
第三者に対する賠償責任  3,000万円  5,000万円  1億円
ゴルファー自身のケガ  734.9万円  854.9万円  914.9万円
ゴルフ用品の損害  15万円  21万円  25万円
ホールインワン・アルバトロス費用  20万円  30万円  50万円
保険料(1年)  5,000円  7,000円  1万円