ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフを始めたら入っておきたいゴルフ保険12選 » 東京海上日動

東京海上日動

保険料や補償内容など、東京海上日動のゴルフ保険「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」に関する情報をまとめています。

東京海上日動のゴルフ保険の補償内容

東京海上日動火災保険は業界でもベスト3に入る大手損害保険会社です。自動車の保険はもちろん、住まいの保険、ケガ・病気の保険、生損保一体型保険、旅行・レジャーの保険など、充実した内容の保険サービスを取り扱っています。

その中でゴルフ保険に該当するのが「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」です。ゴルフ中の自身のケガ(傷害保険)を基本契約に、第三者に対する賠償責任補償、ゴルフ用品の損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償をオプションとして、4つの補償をセットにした内容になっています。

補償内容は一般のゴルフ保険とほとんど変わりませんが、付帯サービスが充実している点が大きな特徴となっています。

事故・災害防止等のお役立ち情報をインターネットで提供したり、もしもの時に常駐の専門医・看護師が24時間電話で対応する緊急医療相談、「介護・健康・生活」の専門家が電話やインターネットで相談に応えるなどのサービスを受けることができます。

なお、ゴルフに関連する補償内容の詳細は以下の通りです。

第三者に対する賠償責任

国内外でのゴルフの練習、競技、指導中に他人(キャディを含む)にケガをさせたり、他人の財物を壊して法律上の損害賠償責任を負う場合に、契約した保険金額を上限に保険金が支払われます。

自身のケガ

国内外のゴルフ場・ゴルフ練習場でのプレー中・練習中・指導中、あるいはゴルフ場敷地内での更衣中・休憩中・入浴中などに、偶然起きた事故によって被保険者本人がケガをした場合に保険金が支払われます。

  • 死亡保険金
    事故の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合に、死亡・後遺障害保険金額の全額が支払われます。
  • 後遺障害保険金
    事故発生から180日以内に事故がもとで後遺障害が生じた場合、その度合に応じて後遺障害保険金額(4%~100%)が支払われます。
  • 入院保険金
    事故発生から180日以内に事故によるケガの治療のため入院した場合、入院保険金日額に入院した日数を乗じた額が支払われます。
  • 手術保険金
    事故の日からその日を含めて180日以内に受けた手術1回につき、入院中であれば入院保険金日額の10倍、入院中以外は入院保険金日額の5倍の保険金が支払われます。
  • 通院保険金
    事故の日からその日を含めて180日以内に入院した場合に、通院保険金日額に通院した日数を乗じた額が支払われます。ただし、1事故について30日が限度となります。

ゴルフ用品の損害

国内外のゴルフ場、ゴルフ練習場敷地内で、保険の対象者が所有するゴルフ用品の盗難またはゴルフクラブの破損、曲損による損害に対し、保険金額を限度に保険金が支払われます。ただし、損害額や修理費は時価額が上限となります。

ホールインワン・アルバトロス費用

9ホール以上ある日本国内のゴルフ場で、パー35以上の9ホールを正規にプレーし、他の競技者1名以上と同伴のもゴルフプレー中に達成したホールインワン・アルバトロスについて、慣習にかかる支出や祝賀会などの費用に対し、保険金額を上限に保険金が支払われます。

  • 同伴キャディならびに同伴競技者、ゴルフの使用人や関連業者等の両方が目撃したホールインワンまたはアルバトロス
  • 記録媒体に記録されたビデオ映像等により、客観的に達成を確認できるホールインワンまたはアルバトロス

プランと保険料

東京海上日動のゴルフ保険の代表的なプランは、保険料(1年)5,000円と7,500円の2パターンがあります。

傷害保険が基本の契約だけあって、死亡・後遺障害補償は保険料5,000円の場合500万円、7,500円の場合は980万円もあります。また、第三者に対する賠償責任も充実しており、5,000円のプランで1億円、7,500円のプランで国内の補償が無制限となっています。

他人にケガをさせてしまったり、自身の大きなケガに備えたいという場合に向いている保険内容と言えるでしょう。

補償内容 1 2
第三者に対する賠償責任 国内:1億円
海外:1億円
国内:無制限
海外:1億円
死亡・後遺障害  500万円  980万円
入院保険金日額  3,000円  5,000円
通院保険金日額  1,000円  3,000円
ゴルフ用品の損害  10万円  20万円
ホールインワン・アルバトロス費用  20万円  30万円
保険料(1年)  5,000円  7,500円