年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド

ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド

ゴルフがうまくなると、今以上にゴルフが楽しく感じてくるものです。ですが、いくら練習をしても上手くならない…と悩んでいる方に、おすすめの上達方法をご紹介。基本的なスイングの練習方法やコーチに関する上達に向けた情報をお伝えいたします。

ゴルフがうまくなるために必要なことは?

「練習してもうまくならない…」「練習方法が間違っているかも…」と、自身の練習方法が本当に正しいかどうか悩まれているゴルフ初心者や、アマチュアゴルファーは多いでしょう。

良いスコアを出さなくてもゴルフ自体を楽しむこともできますが、より楽しむのであれば、今以上にうまくなるに越したことはありません。どのようなスポーツでも、失敗や納得のいかない結果を繰り返すよりも、自分が理想とした結果が出せたときはとても嬉しいものです。

では実際に、ゴルフ上達するために必要なことを見ていきましょう。一般的には「練習時間」「練習量」「練習の質」「実践」が上達するためのコツと言われています。挙げたコツは、他のスポーツでも言えることなので、基本をしっかりと抑えることが上達への近道なのでしょう。

基本を抑えるためにスイングの練習から始めてみることも大切ですが、ただやみくもに練習時間を増やせばいいわけではありません。今以上にゴルフが「楽しい」と思えるように、効率よく練習するための方法を見ていきましょう。

まずはイメージをしてみる

プロゴルファーのみならず、どのプロスポーツ選手でも、「基本」を大切にしています。基本的なことができているからこそ、実践的な場面で応用が効くからです。ゴルフの基本はスイングです。実践的なスイングの練習に入る前に、頭の中でまずはイメージをしましょう。具体的にイメージすることで自分の頭に行動を刷り込ませ、体にも刷り込ませることができます。

イメージのお手本は、やはり一流プロゴルファーのスイングが良いでしょう。頭の位置や腰の動き、下半身の動きなどがどのようになっているのかを何度も繰り返しプレーを確認して、頭に叩き込んでください。そのイメージがあるだけで、自分がスイング練習をしているときに、少し違うと感じて正しいフォームに修正ができます。

基本的なスイング練習を繰り返す

イメージを頭に入れたら次は、そのイメージしたスイングを実際にマネしてみましょう。鏡を見ながらでもいいので、一流のプロゴルファーと同じようなスイングとなるように、何度も何度も練習して体が覚えるまで練習します。

動きは遅くてもかまいません。自分の癖がついてしまわないように注意しながら、お手本としたスイングとなるように体に覚えさせましょう。無理のない範囲で構いませんが、毎日練習することが理想です。不定期に練習をすると、イメージしたスイングを体が忘れてしまいます。毎日やることで、イメージしたスイングも保たれ、体も自然に覚えていきます。ですが、気づかないうちに変な癖が身についていることもあります。癖は自分ではなかなか気が付かないので、定期的に他の人に見てもらった方が早いです。

一人で練習を積み重ねるのもいいですが、コーチを付けることでさらにゴルフが上達します。スポーツ界でもよく、監督やコーチが変わった途端にオリンピックでメダルを獲得。大会で優勝。そんな話を聞きますよね。コーチからレッスンを受けることで、いままで自分では気が付いていなかった癖や、何を苦手としているかなどの課題を見つけ出して、克服するためのアドバイスを教えてくれます。

コーチを付ける必要があるの?

一人で練習を積み重ねるのもいいですが、コーチを付けることでさらにゴルフが上達します。スポーツ界でもよく、監督やコーチが変わった途端にオリンピックでメダルを獲得。大会で優勝。そんな話を聞きますよね。コーチからレッスンを受けることで、いままで自分では気が付いていなかった癖や、何を苦手としているかなどの課題を見つけ出して、克服するためのアドバイスを教えてくれます。

一人やゴルフ仲間との練習ではなかなか気付けない視点で課題とアドバイスをもらえるので、可能であればコーチについてもらうようにしましょう。

どんなコーチを選んだらいいの?

実際にゴルフコーチをお願いしようとしたときに、コーチであれば誰でもいいというわけではありません。実力だけでなく、指導力を伴っている方にお願いするべきです。例えば、プロゴルフの大会で優勝するようなプロゴルファーにコーチをお願いしたとします。プロゴルファーなので確かな技術を持ち合わせていますが、だからといって人に教えるのが上手かどうかはその人次第です。

スポーツは感覚的な部分もあるので、プロゴルファーが伝えたいとしていることが、初心者には伝わらないことも出てくる可能性があります。そのため、コーチをお願いするときには、指導実績のある人にお願いをするのが一番です。せっかくお金を払ってコーチを雇うのですから、きちんと指導してくれる方を選びましょう。

実践してみる

ゴルフ練習場などではコーチから指導をしてもらい、自宅ではコーチから教えてもらったことを復習、イメージトレーニングやスイングなどの練習をする。ここまでやれば、ゴルフの基礎・基本は整います。これまでに練習してきたことを、今度は実践してみることが重要です。

練習場の人工芝やゴルフ場の芝ではショットの感覚が異なるので、練習よりもボールが上手く飛ばないなんてこともあり、実践して初めて分かることもあります。また、実践することは、それだけ経験数を増やすということ。経験を重ねることでスコアアップにも繋がります。

積極的にラウンドを回って、スコアアップのためには何が必要なのか課題を設けて練習し、コーチからアドバイスをもらうと、必ずゴルフは上手くなります。コンペや選手権に出場すると知らない人とラウンドできるので、緊張感を持ってプレーすることもできておすすめです。

自分にあった道具を使う

自分に合った道具を使うことが、ゴルフが上手くなる方法の一つです。ゴルフクラブはお手軽なものから、10万円を超すような高額なものまで種類が豊富にあります。ゴルフクラブは高いものほど良いというわけではありません。シャフトやヘッド、グリップ、長さやバランスなど、そのゴルフクラブごとに特徴があるので、その中から選ばなければなりません。

初心者のうちは自分に合うゴルフクラブが分からないと思いますが、最初のうちはたくさんのゴルフクラブを試してみるといいです。しばらくすると、自分が振りやすい重さや長さが何なのか発見できるはずです。自分にぴったりなものが見つかってから、そのゴルフクラブを使い込んで、スコアアップすればいいのです。また、オーダーメイドで作ってもらえば、世界に一つしかない自分だけのゴルフクラブもできます。

本格的に練習を始めるならゴルフ保険の加入がおすすめ

練習でゴルフ場を使う方が多いと思いますが、練習中に思わぬアクシデントに合う可能性があるため、ゴルフ保険に入ることをおすすめします。1年間で数千円と通常の保険料よりも安いため、万が一を考えて加入をしておくと良いでしょう。

?
三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」
保険料 3,000円~(1年間)
補償内容
  • 賠償責任補償:5,000万円~1億2,000万円
  • 傷害補償:280万円~700万円
  • ゴルフ用品損害補償:10万円~29万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用:10万円~40万円
ここが
ポイント!
  • 保険の適用範囲がゴルフ場や練習場だけではなく、自宅での練習でも補償対象
  • 保険契約期間が1年間~1週間の短期間も対応している
  • 保険プランが7つ用意されているので、自分のゴルフスタイルなどに合ったプランから選べる
三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」
ネット契約はこちら
NISSAYのゴルフ保険「ゴルファー保険」
保険料 5,000円~(1年間)
補償内容
  • 賠償責任補償:5,000万円~1億円
  • ゴルファー自身の傷害:260万円~620万円
  • ゴルフ用品損害補償:10万円~29万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用:20万円~85万円
ここが
ポイント!
  • 保険適用範囲が国内・海外に適用
  • プレー中のみならず、ゴルフ場の更衣室や休憩室にも補償対象となる
  • ゴルフ用品補償金額が比較的に高い設定
  • 保険金額に合わせて4つのプランから選べる
NISSAYの「ゴルファー保険」ネット契約はこちら
AIG損保のゴルフ保険「ゴルファー保険」
保険料 3,550円~(1年間)
補償内容
  • 賠償責任補償:2億円
  • 傷害賠償:500万円~900万円
  • ゴルフ用品損害:10万円~30万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用:10万円~30万円
ここが
ポイント!
  • 賠償責任補償がどのプランでも一律2億円
  • 保険料金が比較的安くて、手厚い補償
  • 保険期間は1年間・2年間から選べる
  • 世界的な保険会社だから安心
AIG損保の「ゴルファー保険」ネット契約はこちら
Chubb損害保険(旧社名:エース損害保険)のゴルフ保険「ゴルフ保険」
保険料 5,300円~(1年間)
補償内容
  • 第三者賠償:3,000万円~1億円
  • ゴルファー補償:500万円
  • ゴルフ用品:20万円、30万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用:20万円~30万円
ここが
ポイント!
  • 世界53ヵ国に事業展開をしている保険会社
  • ゴルファー傷害補償が手厚い金額
  • ホールインワン・アルバトロス費用は20万円と30万円の2つから選択できる
  • 補償適用範囲は国内外
Chubb損害保険の「ゴルフ保険」ネット契約はこちら
東京海上日動のゴルフ保険「トータルアシストからだの保険」
保険料 5,000円~(1年間)
補償内容
  • 第三者に対する賠償責任:国内1億円~無制限、海外1億円
  • 死亡、後遺傷害:500万円~980万円
  • 入院保険金日額:3,000円~5,000円
  • 通院保険金日額:1,000円~3,000円
  • ゴルフ用品の損害:10万円~20万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用:20万円~30万円
ここが
ポイント!
  • 第三者に対する賠償責任、ゴルファーへの傷害補償がかなり手厚い
  • 補償適用範囲は国内外
  • もしものときに「介護・健康・生活」に関することを24時間相談できる
東京海上日動の「ゴルフ保険」ネット契約はこちら

ゴルフ保険の比較!加入はゴルファーのマナー!

ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧
パルシステムのゴルフ保険
三井物産インシュアランスのゴルフ保険
トッパン保険サービスのゴルフ保険
XiS(ゼビオ)のゴルフ保険
パナソニック保険サービスのゴルフ保険
ライフカードのゴルフ保険
ローソンのゴルフ保険
JP損保サービスのゴルフ保険
ANA SKYのゴルフ保険
LINEほけんのゴルフ保険
GDOのゴルフ保険
三井住友海上のゴルフ保険
東京海上日動のゴルフ保険
楽天損保のゴルフ保険
損保ジャパンのゴルフ保険
NISSAYのゴルフ保険
朝日火災のゴルフ保険
AIG損保のゴルフ保険
共栄火災海上のゴルフ保険
楽天のゴルフ保険
ミズノスポーツ保険のゴルフ保険
日立保険サービスのゴルフ保険
au損保のゴルフ保険
日本興亜損保のゴルフ保険
アメリカンホームダイレクトのゴルフ保険
アルペンのゴルフ保険
NTTドコモのゴルフ保険
ソフトバンク(SoftBank)のゴルフ保険
アメリカン・エキスプレスのゴルフ保険
エポスカードのゴルフ保険
イオン銀行のゴルフ保険
生協のゴルフ保険
セブンイレブンのゴルフ保険
Yahoo!JAPANのゴルフ保険
JCBザ・PGAクラブカードのゴルフ保険
JALカードのゴルフ保険
セゾンカードのゴルフ保険
ダイナースクラブ ビジネスのゴルフ保険
エムアイカードのゴルフ保険
ソニー損保のゴルフ保険
チューリッヒ保険会社のゴルフ保険
Chubb損害保険(旧社名:エース損害保険)のゴルフ保険