年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド » ゴルフ初心者も知っておきたい便利な距離計測器

ゴルフ初心者も知っておきたい便利な距離計測器

距離計測器とは?

ゴルフショップに行ってみると、「距離計測器」と呼ばれるアイテムがあるのに気づくでしょう。また、一緒にプレーしている友人が使用していてとても便利そうに見えた…という人もいるかもしれません。

この距離計測器は、いま自分が立っているところから目標地点(ピンやグリーンエッジ)までの距離を計測するために使用する機械です。距離がわかることでスコアが伸びやすい、早くラウンドすることができるといったメリットがあるため、ぜひ取り入れておきたいアイテムのひとつでもあります。

距離計測器の種類

距離計測器をみていると、いくつかの種類があることがわかります。その中で、計測方法としては「レーザー式」と「GPS 式」の2種類があります。ここではこの2つの種類について解説します。

レーザー式のメリット・デメリット

まず、「レーザー式」の距離計測器は、本体からレーザーを照射し、跳ね返ってきたものを捉えて距離を計測するという仕組みになっています。まるで小型のビデオカメラのような形をしており、機器によっては、距離だけではなく高低差まで測定できるものも。

レーザー式の距離計測器のメリットは、見えるところであれば正確な距離を測ることができる、という点が大きなメリット。また、充電の手間がかからないというところも使いやすいポイントといえるでしょう。

その反面、目視できないハザードなどの測定ができない点がデメリット。さらに機器自体が大きめで価格も高めです。

GPS式のメリット・デメリット

「GPS式」の距離計測器は、衛星からの電波を利用して現在地からの距離を計測するものです。腕時計型やポータブル型、スマホのアプリなど、さまざまな形で利用できる点が特徴です。

GPS型の距離計測器を使用するメリットは、選択肢が多いため自分が使いやすい形のものを選べるという点。また、コースレイアウトを表示できるため、コース全体を把握しやすい点や、レーザー式と比較すると小型なので持ち運びがしやすく、安価という点もメリットです。

その反面、距離を測定する精度がレーザー式と比較すると劣っているという点がデメリットとして挙げられます。また、充電が必要なので、うっかり充電を忘れてしまうとプレー中に距離の計測ができない、といった状況に陥ることもあるでしょう。

距離計測器を目的別に選ぶ

距離計測器はさまざまなタイプがありますので、自分は主にどんな目的で使用したいのかを考えてみましょう。

気軽に使いたい

まずは、「ゴルフを始めたばかりだし気軽に使いたい」という人。そんな人は、腕時計型がおすすめ。常に身につけながら距離の計測もできるので、とても使いやすいといえるでしょう。また、新たに機器を購入したくない、という場合はいま持っているスマートフォンに距離計測のアプリをインストールして使用するという方法もあります。

正確に距離を計測したい

正確に距離計測したいなら、レーザータイプの計測器を選びましょう。誤差が少ないため、正確な距離を把握することができるのでスコアアップにもつながります。

安価なものを使用したい

価格を重視するなら、GPSタイプの中でもハンディタイプのものがおすすめです。画面表示が非常にシンプルなので、手頃な価格で購入することができます。

ヤード杭の正しい見方を覚えておこう

プレー中に自分の球の残り距離を把握するための方法として、「ヤード杭」を使用するという手もあります。使い方を覚えておくと便利なので、今のうちに覚えておきましょう。

ヤード杭とは?

ヤード杭とは、現在地からグリーンまでどれくらいの距離があるかを示しているもの。それぞれのヤード杭には数字が書いてあるので、自分のボールがどの程度飛んだかということや、グリーンまではあとどれくらいの距離があるのかといった目安を知ることができます。

ほとんどの場合、プレーの邪魔をしないようにフェアウェイより外側に設置され、「残り100ヤード」「残り150ヤード」、またロングホールでは「残り200ヤード」といった表示がされています。コースによってはもっと細かい表示がされている場合もあります。

センター表示?エッヂ表示?

ヤード杭の表示を見る際に、まず覚えておかなければならないのが「センター表示かエッヂ表示か」という点です。

まず「センター表示」とは、グリーンの中央部分から計測されているもの。この場合の「100ヤード」という表記は、ヤード杭からグリーンのセンターまでの距離が100ヤード、ということを表しています。また、「エッヂ表示」の場合は、グリーンの最前方部分から計測した距離を表しています。

このことから、残り距離を把握するときに、センター表示なのか、エッヂ表示なのかをあらかじめ確認しておく必要があります。この点はゴルフ場によって異なりますので、スタート前にマスター室などで確認しておきましょう。

▼初心者向けガイド一覧に戻る

ゴルフ保険を徹底比較【2020年版】おすすめトップ5