年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド » ゴルフ初心者が知っておきたい、ゴルフ場の服装マナー

ゴルフ初心者が知っておきたい、ゴルフ場の服装マナー

ゴルフを始める上で知っておきたいのが、「ゴルフ場の服装マナー」。なんとなく聞いたことはあるものの、具体的にはどんな服装をしたらいいのかはっきりわかっていない人は要注意。このページで、ゴルフ場のドレスコードについてしっかりと学んでおきましょう。

ゴルフ場でNGな服装を知っておこう

まずは、ゴルフ場ではどのような服装がNGとされているのかを知っておく必要があります。

ゴルフ場でプレーをする際には、下記のような服装はマナー違反。中にはプレーをさせてもらえないゴルフ場もあるため、注意をしておきましょう。

  • 襟がついていないTシャツ
  • タンクトップ
  • ジーンズ
  • ジャージ・スウェット
  • 芝を傷つける可能性があるシューズ(メタルスパイクなど)

以上のような服装をしてゴルフ場に行くことがないように注意しましょう。

また、レストランに入るときには脱帽する、シャツの襟は立てない(プレー中はOKなゴルフ場も)と言ったように、場面で求められる服装マナーが変わることもあります。

服装マナーについて心配な場合は、周りのゴルフ経験者やショップの店員などに尋ねてみると良いでしょう。また、ゴルフ場のホームページなどでもドレスコードについて言及しているところもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

プレー中の服装は

プレー中の服装は、男性の場合「襟付きのシャツ(ポロシャツ)」「ロングパンツ」「ゴルフシューズ」を着用することが基本となります。暑い時期などは半ズボンでプレーする場合もあるかもしれませんが、その場合は原則としてハイソックスを着用。通常のソックスも問題ないとされていますが、くるぶしが出てしまうようなソックスは不可となります。ただし、打ったボールが茂みの中に入ることもありますので、ロングパンツの方が無難であるといえるでしょう。

基本的に、ショップでゴルフウェアーとして販売されているものは問題なく着用できますので、不安な場合は一式揃えておくと安心です。

ただし、シャツの裾出しはNGなので、ズボンの中に入れるようにしてください。

女性の場合でも、襟付きの服を着用することがルールです。女性の場合もパンツルックが基本ではあるものの、スカートやワンピースを着用する人も多いです。この場合は、くるぶしが隠れるソックスを着用しましょう。

また、男女ともに帽子やサンバイザーを着用します。

行き帰りの服装は

ゴルフ場のドレスコードは、プレー中だけのものではありません。行き帰りはラフな格好で…と考えてしまう人もいるかもしれませんが、ゴルフ場へ来場する時、そしてプレーを終えて帰るときの服装についても定められています。

原則として「男性はジャケット着用」というドレスコードがありますので注意しておきましょう。ただし、「夏場は除く」としているゴルフ場もあります。一般的に、高級ホテルのロビーに行く時の服装、と言われていますので、今日の自分の服装は高級ホテルにふさわしいか?と考えてみるとわかりやすいかもしれません。

そのため、スニーカーやサンダル、スリッパなどでの来場は不可。また、プレー前からゴルフシューズを着用しないようにしましょう。

季節に合わせた服装

ゴルフは屋外で行うスポーツなので、どうしても気候が大きく影響します。ここでは、夏の暑い時期、そして冬の寒い時期に押さえておきたいゴルフ場の服装マナーについて見ていきましょう。

暑い夏の服装は?

夏は太陽の光が多く降り注ぐため、ハーフパンツなどで暑さ対策をしましょう。汗も多くかくため、タオルで汗を拭きながらのプレーになる場合もあるかもしれませんが、首にタオルを巻いたままプレーするのはマナー違反となりますので注意しておきましょう。

また、女性の場合は襟付きのノースリーブも許容範囲としているゴルフ場もありますが、逆に肩が出る服装はNGとしているゴルフ場もありますので、ホームページなどであらかじめ確認しておくと安心です。

寒い冬の服装は?

12月など非常に寒くなる季節は、イヤマフなどの防寒具を身につける人もいます。また、足先も冷えるため、ホッカイロなどを使った防寒対策は非常に大切。ゴルフに行ったから風邪を引いてしまった、ということにならないように注意してくださいね。

帽子などを忘れた場合、ゴルフ場併設ショップで購入する手も

多くのゴルフ場にはショップが併設されているため、何か忘れ物をしてしまったという場合には現地で購入する、という手もあります。また、思ったよりもゴルフ場が寒かったため、防寒具を購入するという人も意外と多いようです。

このように、現地で購入する方法もあるものの、できれば自分が気に入った服装でプレーしたいもの。ですから前日のうちにしっかりと準備して、ドレスコードに合った服装でゴルフ場に向かうようにしましょう。

厳選!おすすめのゴルフ保険はこれ!

ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧
パルシステムのゴルフ保険
三井物産インシュアランスのゴルフ保険
トッパン保険サービスのゴルフ保険
XiS(ゼビオ)のゴルフ保険
パナソニック保険サービスのゴルフ保険
ライフカードのゴルフ保険
ローソンのゴルフ保険
JP損保サービスのゴルフ保険
ANA SKYのゴルフ保険
LINEほけんのゴルフ保険
GDOのゴルフ保険
三井住友海上のゴルフ保険
東京海上日動のゴルフ保険
楽天損保のゴルフ保険
損保ジャパンのゴルフ保険
NISSAYのゴルフ保険
朝日火災のゴルフ保険
AIG損保のゴルフ保険
共栄火災海上のゴルフ保険
楽天のゴルフ保険
ミズノスポーツ保険のゴルフ保険
日立保険サービスのゴルフ保険
au損保のゴルフ保険
日本興亜損保のゴルフ保険
アメリカンホームダイレクトのゴルフ保険
アルペンのゴルフ保険
NTTドコモのゴルフ保険
ソフトバンク(SoftBank)のゴルフ保険
アメリカン・エキスプレスのゴルフ保険
エポスカードのゴルフ保険
イオン銀行のゴルフ保険
生協のゴルフ保険
セブンイレブンのゴルフ保険
Yahoo!JAPANのゴルフ保険
JCBザ・PGAクラブカードのゴルフ保険
JALカードのゴルフ保険
セゾンカードのゴルフ保険
ダイナースクラブ ビジネスのゴルフ保険
エムアイカードのゴルフ保険
ソニー損保のゴルフ保険
チューリッヒ保険会社のゴルフ保険
Chubb損害保険(旧社名:エース損害保険)のゴルフ保険