年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド » ゴルフ初心者がクラブ選びの際に押さえておきたいポイント

ゴルフ初心者がクラブ選びの際に押さえておきたいポイント

本格的にゴルフを始めるために、まずゴルフクラブを買いに行こうと考えた場合、ゴルフ初心者だとどのゴルフクラブを購入するべきなのか迷ってしまいがち。そこでこの記事では、ゴルフ初心者がクラブ選びをする際に押さえておきたいポイントについて解説していきます。

クラブはセットを購入するのが基本

ゴルフクラブは1本1本購入する方法もありますが、初心者が選ぶのは難しいですし、何より高くついてしまうためにセットで購入するのが基本です。ただ、セットだからといって選ぶのは簡単なわけではないため、ショップに行って店員のアドバイスを受けながら選んでいくのが理想的です。

セットには「ハーフセット」と「フルセット」がある

実際にゴルフクラブを見に行った場合、「ハーフセット」と「フルセット」の2種類があることに気づくでしょう。これは簡単にいうと、「ハーフセット」は簡易的なセット、「フルセット」は本格的なセットです。

具体的なセット内容は、下記の通りとなります。

ハーフセット ドライバー/フェアウェイウッド/ユーティリティ
アイアン5番・7番・9番/ピッチングウェッジ
サンドウェッジ/パター/キャリーバッグ/ヘッドカバー
フルセット ドライバー/フェアウェイウッド1~2本/ユーティリティ
5~9番アイアン(レディースは7~9番アイアン)
ピッチングウェッジ/サンドウェッジ/パター
キャリーバッグ/ヘッドカバー

ハーフセットとフルセットのどちらを選ぶべきかという点については、お付き合い程度でゴルフを始めたいのであればハーフセットでも十分ですし、本格的にゴルフを始めたいという場合にはフルセットを選びたいところです。

また、フルセットの中にもレベルに応じたセットがありますので、ショップの店員にアドバイスを求めると間違いないでしょう。

初心者におすすめのセットは?

セットといってもさまざまなものが販売されています。男性の場合は「ドライバーが軽い」「初心者でも打ちやすい」「飛距離が出やすい」という点を目安に選んでみましょう。

例えば、「BRIDGESTONE(ブリヂストン) クラブセット TOURSTAGE V6000 キャディバッグ付きクラブ11本セット」は飛ばしやすいドライバーが特徴のセットで、初心者でも比較的距離が出やすいとされています。 また、人気シリーズの「リンクス ゴルフ シルバーキャット RV3 クラブセット 10本組」は初心者から中級者まで使いやすいセットとなっているためおすすめです。

体型に合ったクラブ選びをしよう

ゴルフクラブを選ぶ際には、身長など体型に合わせるのも大切なポイントです。ただし、身長とクラブの長さを比例させる必要はなく、身長が高くても低くてもクラブの長さは同じくらいです。そのため、初心者の場合はドライバーの場合は「44〜45インチ前後」、アイアン(5番)については「38インチ前後」を目安に選ぶと良いでしょう。

ただし、アイアンを選ぶ際には「ライ角度(ヘッドとシャフトがおりなす角度)」に注目しましょう。男性の場合は身長が180センチ以上であればライ角62度前後、175センチ前後ならライ角61度前後、170センチ以下の人はライ角60度前後が目安となります。

この「ライ角」はメーカーによって異なるため、アイアンを選ぶ際にしっかりチェックするようにしておきましょう。ちなみに、国内メーカーの場合は60〜61度程度のライ角のものが多く、米国メーカーの場合は62度程度のクラブが多い傾向があります。

新品で買う?中古で買う?

初めてゴルフクラブを買う際には、「新品で買うか、それとも中古で買うか」という点も頭を悩ませるところでしょう。

やはり誰も使っていない新品のクラブは良いものですが、自分に合ったクラブかどうかを見極めるのは非常に難しいため、はじめは中古のクラブを買ってみるというのも選択肢のひとつであるといえます。

ただし、中古のクラブを購入する場合には、可能であればショップに足を運んで実際に品物を目にした上で購入したいもの。安いと思って購入すると、大きな傷がついていたり…ということも良くある話。しかし、中には驚くほどきれいなクラブが見つかることもあるので侮れません。

クラブ選びの第一歩はお店選びから

クラブの選び方について、さまざまな角度からお伝えしてきましたが、やはりショップでアドバイスをもらいながら選ぶのが確実。そのため、しっかりと相談ができるショップを見つけることも、大切なポイントであるといえるでしょう。

ショップの中には、クラブのフィッティングサービスを行っているところもあります。近年では体格のほか、ボールを打つ時のさまざまなデータを計測した上で、自分に合ったクラブを提案してくれるショップも。

信頼できるお店を見つけて、ぜひお気に入りのゴルフクラブを探してみましょう。

厳選!おすすめのゴルフ保険はこれ!

ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧
パルシステムのゴルフ保険
三井物産インシュアランスのゴルフ保険
トッパン保険サービスのゴルフ保険
XiS(ゼビオ)のゴルフ保険
パナソニック保険サービスのゴルフ保険
ライフカードのゴルフ保険
ローソンのゴルフ保険
JP損保サービスのゴルフ保険
ANA SKYのゴルフ保険
LINEほけんのゴルフ保険
GDOのゴルフ保険
三井住友海上のゴルフ保険
東京海上日動のゴルフ保険
楽天損保のゴルフ保険
損保ジャパンのゴルフ保険
NISSAYのゴルフ保険
朝日火災のゴルフ保険
AIG損保のゴルフ保険
共栄火災海上のゴルフ保険
楽天のゴルフ保険
ミズノスポーツ保険のゴルフ保険
日立保険サービスのゴルフ保険
au損保のゴルフ保険
日本興亜損保のゴルフ保険
アメリカンホームダイレクトのゴルフ保険
アルペンのゴルフ保険
NTTドコモのゴルフ保険
ソフトバンク(SoftBank)のゴルフ保険
アメリカン・エキスプレスのゴルフ保険
エポスカードのゴルフ保険
イオン銀行のゴルフ保険
生協のゴルフ保険
セブンイレブンのゴルフ保険
Yahoo!JAPANのゴルフ保険
JCBザ・PGAクラブカードのゴルフ保険
JALカードのゴルフ保険
セゾンカードのゴルフ保険
ダイナースクラブ ビジネスのゴルフ保険
エムアイカードのゴルフ保険
ソニー損保のゴルフ保険
チューリッヒ保険会社のゴルフ保険
Chubb損害保険(旧社名:エース損害保険)のゴルフ保険