年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド » ゴルフ初心者が知っておきたい、自分に合ったボールの選び方

ゴルフ初心者が知っておきたい、自分に合ったボールの選び方

ゴルフボールの選び方も知っておこう

良いスコアを出すためにはゴルフボール選びも重要です。そこでこの記事では、ゴルフボールの種類や選び方など、ゴルフ初心者が知っておきたい情報をまとめました。ぜひコースに出る前に、自分に合いそうなボールを見つけてくださいね。

ゴルフボールの種類

ゴルフボールは、「ディスタンス系」「スピン系」「第3系」の3つに分けられます。ここでは、それぞれのボールにはどのような特性があるのかを解説します。

ディスタンス系ボール

「ディスタンス」とは、「距離」を意味します。その名の通り、ディスタンス系のボールはスピンを抑えることで飛距離が出やすい性質を持っています。この種類のボールは、表面は硬い素材、中の層(コア)は柔らかい素材でできています。打った時にボールが潰れやすくなっていることでスピン量が減り、飛距離が伸びる構造になっています。

スピン系ボール

「スピン系」のボールもその名の通り、スピンがかかりやすい特性を持ったボールを指します。この種類のボールは、中の層が硬い素材、表面は柔らかい素材でできていることでウェッジの溝に入り込み、スピンがたくさんかかります。そのため、コントロールショットがしやすいという特徴があります。

第3系ボール

かつては、ゴルフボールといえばディスタンス系かスピン系の2種類でしたが、この2つの特性を取り入れた「第3系」のゴルフボールが登場しています。構造はコア部分も表面も柔らかい作りで、初心者でも扱いやすいボールといわれています。

扱いやすいボールではありますが、「距離を出したい」「ショットをコントロールしたい」といったように目的がはっきりしている場合は、その目的に適したボールを選ぶのがおすすめです。

ゴルフ初心者にオススメのボールはどれ?ボールの選び方

ボールの種類をご紹介したものの、これらの種類の中でも様々なボールが販売されています。そのため、結局のボールを選んだら良いかわからない、と感じている人もいるのではないでしょうか。そこで、ゴルフボールを実際に購入する際にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

スライス系かフック系かで選ぶ

ゴルフボールは、打った時にどうしてもその軌道が右や左に曲がります。右に曲がることを「スライス」、左に曲がることを「フック」と呼んでいますが、どちらに曲がるかによってもボールの選び方が変わります。

例えばスライスの場合、スピンが多くかかっているということ。そのためスピンがかかりにくいディスタンス系のゴルフボールがおすすめ。逆にフックの場合はスピンがかかっていないことになるため、スピン系のゴルフボールを選ぶのがおすすめです。

ヘッドスピードに合わせてボールを選ぶ

ボール選びのポイントのひとつとされているのが「自分のヘッドスピード」です。ヘッドスピードとは、ボールを打つ時にクラブのフェース面がボールに当たる時のスイングスピード。実はそれぞれのゴルフボールには、そのボールに適したヘッドスピードが設定されています。そのため、自分のヘッドスピードに合ったものを選ぶとそのボールが持つ特性を十分に発揮できるのです。

そのため、まずは自分のヘッドスピードを知ることが大切。ゴルフショップやスポーツ用品店などで計測できますので、一度確認してみると良いでしょう。

ピース数で選ぶ

ゴルフボールには「ピース数」と呼ばれるものがあります。これはそのゴルフボールが何層からできているかを表しており、2・3・4ピースの3種類があります。ピース数が増えるほどに性能が高くなりますが、その分価格も上がります。

ボールの性能を重視して選ぶなら3ピースや4ピースのもの、また初心者や休日用に軽く楽しみたいのであれば2ピースがおすすめ。この点は、コスト面とのバランスを考えて選ぶと良いでしょう。

ディンプル数で選ぶ

「ディンプル数」と呼ばれる指標もあります。ディンプル数はボール表面にある窪みを表しており、これが多いほど空気抵抗が少なくなるために「飛距離が出る」ボールであるといえます。

そのため、飛距離を伸ばしたいと思ってボールを選ぶ場合には、ディンプル数が多いものを選ぶのがおすすめです。

ゴルフボールは新品?中古?

ゴルフボールには新品のものと中古のものがあります。ゴルフボールの場合、「ロストボール」という形で中古のボールが安く販売されています。ロストボールとは池や谷などに打ち込んでしまったボールを業者が回収し、清掃して再度販売されるものです。

安いというメリットはあるものの、そのボールが置かれていた環境は決して良くはありません。そのため性能を期待して購入するより、初心者用・練習用と割り切って購入した方が良いでしょう。ある程度練習を重ねて上達したら新品のボールを購入するようにすると、ボールの性能を十分に生かせるはずです。

自分に合ったボールでプレーしよう

ゴルフボールの選び方を様々な観点から説明してきました。どのボールを選ぶかは上達するかどうかのポイントのひとつともいえるので、たかがボールと思わずにじっくり選んでみましょう。

また、「一つのボールを使い続けてみる」という点も大切。同じボールを使うことによってだんだんと飛距離が出やすくなったり、ショットが安定するようになりますので、自分に合ったボールでプレーするようにしましょう。

初心者向けガイド一覧に戻る

ゴルフ保険を徹底比較【2020年版】おすすめトップ5