年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド » ゴルフのハンデ計算方法を知っておこう

ゴルフのハンデ計算方法を知っておこう

ゴルフの「ハンデ」とは?

ゴルフは子供からお年寄りまで楽しめるスポーツですが、それぞれのレベルの差を調節して、全ての人が楽しめるようにするためのものが「ハンデ(ハンディキャップ)」です。特に初心者の場合は、このハンデを導入することにより、周りの人と一緒にプレーを楽しめるようになるはずです。

ハンデを導入すると、参加している人全員が上位に食い込むチャンスが出てくることになります。

ゴルフの「ハンデ」には2種類ある

ゴルフにおけるハンデには、「公式ハンデ(オフィシャルハンデ)」と「プライベートハンデ」の2種類があることを覚えておきましょう。この記事では、この2つのハンディキャップについてご紹介していきます。

公式ハンデ(オフィシャルハンデ)とは

「公式ハンデ」とは、日本ゴルフ協会(JGA)の規定に基づいたハンデのこと。過去5ラウンドのスコアを元にして計算されることから公平性が高いことが大きな特徴となっています。後述するプライベートハンデよりも運の要素が小さいため、「実力が反映されやすい」という点も公式ハンデの特徴です。

公式ハンデの中では、「シングル」「片手シングル」「スクラッチ」というワードが出てきます。「シングル」とは公式ハンデが10未満のプレイヤー、「片手シングル」は5未満、「スクラッチ」はハンデゼロという意味。上級のプレイヤーであることの証となります。さらに、それ以上になるとプラスハンデとなり、ここまでくるとプロ級の腕前を持っているといえるでしょう。

公式ハンデを取得するには

公式ハンデを取得するには、正式な手続きを踏む必要があります。

まず、日本ゴルフ協会の個人会員または日本ゴルフ協会の認可を受けているゴルフクラブの会員になることが必要です。その上でマーカーの署名入りの正式なスコアカードを5枚提出します。WEBでも提出できますが、スコアカードは日本ゴルフ協会公認のコースでプレーしたときのものに限ります。

このスコアカードを元に日本ゴルフ協会で査定が行われ、「ハンディキャップ証明書」が発行されると、公式ハンデの取得が完了します。

プライベートハンデとは

公式ハンデに対し、「プライベートハンデ」とは非公式なハンデのことです。例えば社内コンペなどで用いられるハンデを指しています。これは公式ハンデとは全く異なり、「略式ハンデ」と呼ばれることも。プライベートハンデを用いることにより、公式ハンデを持っていないプレイヤーでもレベルが異なるプレイヤー同士でも競うことができます。

ハンデを導入しないと、初心者などは特にコンペで上位に食い込むことは難しいため、プレー前からやる気をなくしてしまうことがあるかもしれません。しかし、ハンデ戦とすることにより積極的にプレーすることができるため、その後の上達にもつながるでしょう。

プライベートハンデではさまざまな計算方法がありますが、ここでは「ペリア方式」と「新ペリア方式」の2つの方法についてご紹介します。この2つの方法は、18ホールの中からハンデを算出するために選ばれた「隠しホール」と呼ばれるスコアの合計からハンデを算出します。

それぞれの方法では、基準のホール数と掛け率が異なります。

ペリア方式

隠しホールの数が6ホール(OUT/INそれぞれ3ホール)、パー24、スコア合計3倍となるのがペリア方式。この場合の隠しホールは、ショート、ミドル、ロングそれぞれ1ホールずつとなることが多くなっています。

ハンデを計算する際には「(隠しホールの合計スコア×3-72)×0.8」という計算式に当てはめます。

この計算式でハンデを算出したら、18ホール全体の合計スコアからハンデを差し引いてネットスコアを算出して、順位を決定します。

新ペリア(ダブルペリア)方式

隠しホールの数は12ホール(OUT/INそれぞれ3ホール)、パー48、スコア合計1.5倍となります。

ハンデの計算方法は「(隠しホールの合計スコア×1.5-72)×0.8」という計算方式が使われます。

ハンデを算出したら、ペリア方式と同様に18ホール全体の合計スコアからハンデを差し引くことでネットスコアを算出。順位を決定することになります。

ハンデを使うことで全てのプレーヤーが楽しめる

このページでは、ゴルフをプレーする際に使われるハンディキャップについてご紹介してきました。ハンデを導入することにより、全てのプレーヤーが思いっきりゴルフを楽しめるようになります。そのため、ハンデの計算方法についてはあらかじめ頭に入れておきたいもの。プレー前に復習して、ゴルフ場で困らないようにしておきたいものですね。

▼初心者向けガイド一覧に戻る

ゴルフ保険を徹底比較【2020年版】おすすめトップ5