年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド » ゴルフ初心者が覚えておきたい「ハザード」のルールとマナー

ゴルフ初心者が覚えておきたい「ハザード」のルールとマナー

ゴルフ場のハザードとは?

ゴルフ場には「ハザード」と呼ばれるエリアがあります。これはコース内にある障害地のことを指しています。この記事では、まずハザードとはどんなものなのか、そしてハザードにおけるマナーやルールについて学んでいきましょう。

ハザードの種類

ハザードの種類は、大きく分けて2種類あります。ひとつが、「バンカー」と呼ばれる砂地のくぼみのエリア、もうひとつが「ペナルティエリア」と呼ばれる、赤い杭や黄色い杭で指定されているエリアです。

これまで、池や小川など水のあるエリアやその周辺は「ウォーターハザード」と呼ばれていましたが、2019年のルール改正により名称が変更となっています。これらのエリアに加え、ブッシュや崖などのエリアも含めたエリアをまとめて「ペナルティエリア」と呼んでいます。

バンカーにボールを打ち込んだときの対処

バンカーにボールを打ち込んだときには、下記の対処をします。

  • そのままバンカー内から続行する(無罰)
  • 元の場所に戻って打ち直す(1打罰)
  • ホールとボールを結んだ延長線上のバンカー内で、クラブ1本分の範囲にドロップして打つ(1打罰)
  • ボールを起点に、クラブ2本分の長さの範囲内のバンカー内にドロップして打つ(1打罰)
  • ホールとボールを結んだ延長線上のバンカー外で、クラブ1本分の長さの範囲内にドロップして打つ(2打罰)

新ルールでは、ペナルティを受けることでバンカー外にボールを出すことができるようになりました。そのため、バンカーがどうしても苦手という人は、あえてペナルティを受けてバンカー外から続行するというのも一つの手です。

ペナルティエリアにボールを打ち込んだときの対処

ペナルティエリアにボールを打ち込んでしまったときには、下記の対処をします。

  • そのまま打つことができれば続行する(無罰)
  • 元の位置からクラブ1本分の長さの範囲でホールに近づかない場所にドロップして打つ(1打罰)
  • ボールが最後に横切った地点とホールを結ぶ線の上の後方に起点を定め、その場所からクラブ1本分の長さの範囲でホールに近づかない場所にドロップして打つ(1打罰)
  • ボールが最後に横切った地点から、クラブ2本分の長さの範囲でホールに近づかない場所にドロップして打つ(1打罰 ※赤杭で区切られたレッドペナルティエリアのみ)

ペナルティエリアに打ち込んだときには、以上のいずれかの処理を取ることになります。

ハザードのマナー

そのほかに覚えておきたいハザードのマナーについてご紹介します。

バンカーに入るときには低いところから

バンカーに打ち込んでしまった場合には、「低いところから」入るようにしましょう。

バンカーを脱出するときにはならしてから

バンカーから出るときには、打った後や自分の足跡をならしておくのがマナーです。このとき、バンカー付近にレーキと呼ばれる道具がおいてありますので、使った後は元あった場所に戻しておきます。

また、他の人がバンカーで時間がかかっているときには、バンカーをならす手伝いをするとスマートですね。

ハザードで注意したいルール

ハザードに打ち込んでしまったときに注意しておきたいルールについてご紹介します。

ペナルティエリアの浅瀬にボールが浮いているとき

そのまま打ってもペナルティの対象にはなりません。そのまま打つ場合には時間をかけずに速やかに打ちましょう。時間をかけてしまうと、スロープレーのペナルティを受ける場合があるため注意が必要です(2打罰)。

打ったボールが川に落ち、OBまで流された場合

このようなケースはOBと判断され、1打罰が課されることになります。この場合は、元の位置にドロップしてからプレーを続けます(OBの処置と同様です)。

バンカー内のレーキを動かした際にボールも動いたとき

ペナルティにはなりません。これはバンカー内のレーキは「動かせる障害物」としてカウントされるため。この場合はボールを元の場所に戻してプレーを続行します。

バンカー内で素振りをしたときに、クラブが砂に触れた

この場合はペナルティの対象となり、2打罰が課されるため注意しましょう(バンカーの状態を試した、と判断されるためです)。

ペナルティエリアを表示している杭の横にボールが止まったとき

ペナルティエリアを表示している杭のすぐ横にボールが止まり、どうしてもそのまま打てないという場合には、杭を一旦抜いてボールを打っても構いません。特にペナルティには当たらないので、打ったら元に戻しておきましょう。

新ルールをしっかりと理解しておこう

この記事では、ハザードでの対処方法やルール・マナーについてご紹介してきました。ルールについて調べていると、2019年のルール改正によって変わった部分もさまざまあると感じることでしょう。これからゴルフを始める人は、新しいルールをしっかりと覚えてゴルフを楽しんでください。

初心者向けガイド一覧に戻る

ゴルフ保険を徹底比較【2020年版】おすすめトップ5