年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド » 左利きのゴルフ初心者がおさえておきたいポイント

左利きのゴルフ初心者がおさえておきたいポイント

左利きのゴルファーは有利?

左利きのゴルファーは、右利きよりも有利な面があるといわれています。そこでこの記事では、左利きのゴルフ初心者が抑えておきたいポイントをご紹介。道具を選ぶときに注意したいポイントや、なぜ左利きが有利なのかといったことについてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

左利きの人がゴルフ道具を選ぶ際のポイント

左利き用のクラブは少ない

左利きの場合、打つ方向に向かって右半身が前になる「左打ち」と呼ばれるスタンスになります。このスタンスをとるゴルファーの割合は非常に少なく、左打ち用のクラブは圧倒的に少ないのが現状です。ブランドによっては左打ちのクラブがないことも。

そのため、左打ちのスタンスでゴルフを始めようとすると、まずはクラブ選びで苦労することになります。初心者だから初めは中古で…と考えている場合も、なかなか中古クラブが見つけられず、結局割高のクラブを購入するということになる可能性もあります。

左打ちの場合はグローブも逆

男性の場合は、グローブは片手にのみ装着する場合が多いでしょう。左打ちの場合は、右手につける用のグローブを購入する必要があります。うっかり左手用のグローブを購入してしまった、ということがないように注意しましょう。

左利きでも、右利き用の道具で始めるのがおすすめ

ゴルフクラブやグローブ以外は、左利きでも右利きでも道具はほぼ同じではあるものの、一般的には「左利きの人がゴルフを始める場合は右打ちで始めるのが良い」といわれています。慣れていない方では不安、と感じる人もいるかもしれませんが、ゴルフは普段とは全く異なる動きをするものなので、右打ちで練習していく中では違和感を感じることはあまりないでしょう。

また、「左利きの右打ち」は有利であるといわれています。

左利きの右打ちが有利といわれる理由

左手主導で打てる

左利きの人が「右打ち」を選ぶことにはいくつかメリットがあるといわれていますが、そのうちのひとつが「利き手である左手主導で打てる」という点。右打ちの場合、クラブをコントロールするのは左手で、右手は「添えるだけ」。利き手である左手で動きをリードすることができるので、安定したクラブの軌道に繋げられるというわけです。

右利きの人の場合は、右手を使いすぎて軌道が不安定になりがち。このことから、左利きの右打ちは有利であるといわれているのです。

踏み込みが強くなる

左利きの右打ちの場合は、しっかりと踏み込めるという点もメリット。スイングの際には、左足を踏み込むことでパワーが生まれますので、左利きの人はこの時に利き足の力を利用できます。このことにより、軸を安定させることもできます。

ヘッドアップしにくい

ゴルフには「利き目」も影響してきますが、利き目が左の場合にはヘッドアップしにくいというメリットがあります。このことで、アドレスやスイング中に体が開きにくくなり、ボールを捕まえやすくなります。逆に効き目が右の場合は、どうしてもターゲット方向に目が向いてしまうために体が開きやすくなってしまう傾向がある、といわれています。

左利きの人に右打ちを進める理由

上達するための情報が少ない

上記で説明した通り、左利きの右打ちにはさまざまなメリットがあります。右打ちを進める理由には「左打ちのための情報が少ない」という点もあります。

雑誌やインターネットではさまざまなゴルフ情報が飛び交っています。中にはゴルフが上達するための情報や動画をまとめたサイトもたくさんありますが、そのほとんどが「右打ち」を想定したもの。同じ右打ちであればイメージもしやすく、上達にもつながりますが、自分が逆の左打ちの場合はそのままではいまいち参考にならない、と感じることが多いでしょう。鏡写しにするなど練習方法を工夫することでこれらの情報を活用できますが、少し手間であるということは否めません。

コース設計

日本全国にあるゴルフ場は、スライサーに配慮された作りとなっています。これはアマチュアの多くがスライスに悩んでいるという点に配慮されているためといわれています。そのため、コースの右方向は広い作りになっていますが、逆に左方向は林やOBになっていることが多くなっています。

左打ちの場合、スライスが出ると厳しいコースとなっている左方向にボールが飛んでいくことになり、非常に不利であるといえるでしょう。このようなコースの作りも、右打ちをおすすめする理由のひとつです。

左利きの初心者は、「右打ち」を選ぶのがおすすめ

以上のことから、左利きの人がこれからゴルフを始める場合には右打ちを選ぶことをおすすめします。ただし、どうしても左打ちをしたい、お気に入りの左打ち用のクラブを見つけてしまった、という場合はその限りではないので、自分にはどちらの打ち方が良いのかをしっかりと考える必要があるかもしれません。

世界で活躍するプロの中にも、左利きの右打ちで活躍している選手も多くいます。左利きの右打ちはメリットも多いので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

初心者向けガイド一覧に戻る

ゴルフ保険を徹底比較【2020年版】おすすめトップ5