年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド » 初心者がおさえたい2019年のルール改正内容を紹介

初心者がおさえたい2019年のルール改正内容を紹介

2019年1月1日、「わかりやすく」「スピードアップ」を目的として、ルール改正が行われました。さまざまな変更が行われていますが、コースに出る前にゴルフ初心者がおさえておきたい、主なポイントをご紹介していきます。

名称の変更

まず、ルール改正に伴いコースの名称や概念が変更になりました。どのような点が変更されているのかをチェックしておきましょう。

  • ティーイングエリア(旧名称:ティーインググラウンド)
  • ペナルティーエリア(旧名称:ウォーターハザード)
  • ジェネラルエリア(旧名称:スルーザグリーン)

まずは上記の3つの名称が変更になった、という点をまず覚えておきましょう。ルール改正により「ハザード」という名称は使用されず、「ペナルティーエリア」と「バンカー」に分割されました。これまで使われていた「ウォーターハザード」という概念もなくなっています。また、「ジェネラルエリア」とは、ティーイングエリア、ペナルティーエリア、バンカー、パッティンググリーンを覗いたホールの全域を指します。

また、「バンカー」と「パッティンググリーン」は名称の変更はないものの、ルールが改正となっています。

プレーに関する変更点

プレーに関わる改正も多く行われています。ここではまずおさえておきたい基本的なルール改正についてご紹介していきますので、チェックしておきましょう。

プレー時間の短縮に関わる変更点

2019年のルール改正では、プレー時間を短縮することを目的としたものが多くあります。

自分の番が回ってきたら40秒以内に打つ

新ルールでは、プレーの遅延を防ぐためにも、自分の番が回ってきたら40秒以内に打つことが推奨されています。

準備できたプレーヤーからプレーできる

これまで2打目は「カップから遠いプレーヤーから打つ」という決まりがありましたが、新ルールでは安全が確保できるのであれば準備ができたプレーヤーからプレーすることが可能に。

打球を探す時間は3分以内

打球を探せる時間はこれまで5分以内とされてきましたが、プレーの迅速化を測るために新ルールでは「3分」に短縮されました。もし3分以内に見つからなければ紛失球となります。

距離計測機の使用が可能になった

これまでローカルルールで認められてきた距離計測機器の使用ですが、2点間の距離を計測する場合の使用が正式に認められました。2点間の距離以外のプレーに影響する状況(例えば高低差や風速など)の計測は認められていません。

グリーン上でのプレーに関する変更点

続いて、グリーン上のプレーに関する変更点についてご紹介します。

カップの旗竿を抜かずにプレーしてもOK

改正前はパットの際には旗竿を抜いてプレーする必要がありました。仮に抜かずにパッティングすると2打罰が課せられてしまうルールでしたが、新しいルールでは旗竿を抜かずにプレーすることが可能になりました。もちろん旗竿に触れてカップインしても罰則はありません。

パッティングラインに触れても問題なし

「パッティングライン」は、自分の球がカップに向かって転がっていくと予想される通り道のことをいいます。2019年にルールが改正され、このパッティングラインにパターや指で触れてもOKとなりました(ただし、自然の窪みなどを改善したりすると罰則あり)。

グリーン上の損傷を修復できる

グリーン上には、スパイクマークや動物によって荒らされた場所が見られる場合もあります。これまではこの損傷箇所を修復することは禁止されていましたが、ルール改正によって損傷している部分を自由に直せるようになりました。

救済措置に関する変更点

また、プレー中の救済措置に関する変更点もいくつかご紹介します。

マーカーへの告知が不要に

規則に基づき救済を受ける場合、事前にマーカーへの告知が不要となりました。プレーヤーが誠実に処置することが求められます。

救済エリアを計測するクラブレングス

これまで救済エリアを計測するクラブは、そのラウンドのために持ち込んだクラブであればどれでもOKでしたが、ルール改正により、そのラウンドのために持ち込んだクラブの中で最も長いものを使用します(パターを除く)。

ドロップするときは「膝の高さ」から

ルール改正により、ドロップは「膝の高さ」から行うことになりました。救済エリアへのドロップがしやすくなることで再ドロップを防げるため、プレーの迅速化につながります。

バンカー内でのルースインペディメントの取り除きが可能

球をバンカーに打ち込んでしまった場合、バンカー内にあるルースインペディメント(木の葉や枝、石などの自然物)を取り除けるようになりました。

バンカー内から2打罰で脱出可能

バンカー内に打ち込み、アンプレアブル(プレー不可能)を宣言した場合、2打罰を加えることによりピンと球を結んだ後方のバンカー外からプレーが可能になりました。

ペナルティに関する変更点

プレー中のペナルティに関してもいくつか変更が行われています。これまで罰則があったものが罰則なしになるなど、初心者としては嬉しい変更もあります。

偶然の2度打ちは罰則なしに

ストロークの際に偶然2度打ちしてしまった場合でも、罰則なしに変更されました。ストロークを1打として数えるのみとなります。

ストロークした球が自分や用具に当たっても無罰

ストロークした球が偶然何かに当たる場合があります。何かに当たった場合でも、罰則はなくあるがままの状態から球を打つことでプレーを続行します。

球を探しているときに偶然動かしても罰則なし

これまでは球を探しているときに偶然球を動かしてしまった場合、原則として1打罰とされていました。しかし新ルールでは、無罰。球があったと思われる場所に球を移動させ、その場所から打ちます。

地面に食い込んだ球は無罰で救済

ジェネラルエリアにて、地面に球が食い込んでしまった場合は罰則なしで救済を受けられます。

ルールをチェックしてゴルフを楽しもう!

2019年のルール改正についてご紹介してきました。非常に多くのルール改正が行われているという印象を持った方も多いでしょう。しかし、ルールについてしっかりと確認することで、よりゴルフを楽しめるようになるはずです。プレーに出る前にルールをチェックしておきましょう。

初心者向けガイド一覧に戻る

ゴルフ保険を徹底比較【2020年版】おすすめトップ5