年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド » ゴルフ初心者の練習方法で押さえておきたいポイント

ゴルフ初心者の練習方法で押さえておきたいポイント

ゴルフ初心者はここから始めよう

ゴルフを始めたばかりだけど何から練習していいかわからない、という方もいるでしょう。そこで、ゴルフ初心者が練習する上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

まずはゴルフクラブの握り方から

ゴルフクラブを使って打ち方を練習する前には、まずゴルフクラブの握り方を覚えましょう。正しい握り方(グリップ)は、基本中の基本であり、ゴルフボールを正しく飛ばすために大切な部分です。

ゴルフクラブの握り方は、大きく分けて下記の3つがあります。

・左の人指し指と中指の間に右の小指を乗せる「オーバーラッピンググリップ」
・左の人指し指と中指の間に右の小指を絡める「インターロッキンググリップ」
・全く両方の手が重ならない「テンフィンガーグリップ」

以上から、好みの握り方を選んで構いません。実際に握った時にしっくりくる、そしてボールを打った時に一番クラブのフェースの面を感じやすい握り方がおすすめです。 どの握り方を選ぶか、そして正しい握り方を覚えたら、次のステップに進みましょう。

ゴルフクラブの構え方を覚えよう

正しくボールを打つためには、構え方(アドレス)も大切なポイントです。アドレスはスイングの始点とも言われているため、ここを適当にしてはいけません。正しいアドレスを作るためには、下記の4つのステップを行います。

・背筋を伸ばしてまっすぐに立つ
・股関節から上を前傾させる
・膝を軽く曲げ、すねは地面に垂直にする
・重心は母指球にかける

足と足の間の幅は、自分が一番立ちやすいと感じる幅で大丈夫です。

正しいアドレスを身につけることにより、自分が思った通りにボールを飛ばすことができるため、アドレスはとても大切です。もちろんミスショットも減るためスコアも上がっていきますので、スコアで伸び悩んでいる場合には、アドレスを見直してみるのもひとつの方法であるといわれています。

スイングの仕方を覚えよう

続いて、ゴルフクラブの振り方、すなわち「スイング」を練習していきます。

スイングと一口で言っても、「テークバック(クラブを振り上げる)」、「ダウンスイング(クラブを振り下ろす)」、「インパクト(クラブでボールを打つ瞬間)」、「フォロースルー(インパクト後にクラブを振り抜く)」という4ステップに分かれています。

細かく見ていくと、それぞれのステップで注意すべきポイントはありますが、まず気をつけたいのは「体重移動」と「腕とクラブの同調」の2点です。

正しい体重移動の仕方

初心者の場合、右足に体重を乗せがちになるので注意しましょう。

正しい体重移動の仕方は、アドレスからテークバックにかけて右足に体重を寄せ、ダウンスイングでだんだんと左足に体重を移していきます。されにインパクトからフォロースルーにかけて左足に体重を乗せ、クラブを振り切った状態では左足に体重を乗せきるイメージです。

腕とクラブの同調を意識する

ボールを打つ時に、腕に力を入れすぎると思ったようにボールが飛ばないことがあります。

腕とクラブを同調させ、クラブの遠心力を正しくボールにぶつけることができると、きれいにボールを飛ばすことができるようになります。ポイントは一連のスイングを行う中で、「腕の三角形」を保つようにスイングすること。この部分を意識することで、しっかりとボールを飛ばすことができます。

打ち方を練習しよう

握り方や構えについて確認したら、いよいよ打ち方の練習に入りますが、初心者が上達するために押さえておきたいポイントについてご紹介します。

アプローチを練習する

「アプローチ」とは、グリーンの周りからグリーンに乗せ、カップに寄せるように打つ短いショットのことです。アプローチには大きく分けて3種類あります。

・ボールを転がす「ランニングアプローチ」
・ボールを上げてグリーン面にキャリーさせ、そこから転がして寄せる「ピッチエンドラン」
・ボールを上げて寄せる「ロブショット」

状況に応じてこの3種類の打ち方を使い分けていくことになりますが、ミスを防ぐためには転がすアプローチが最もおすすめ。まずはランニングアプローチから練習してみると良いでしょう。はじめは距離感を掴むのが難しく感じるかもしれませんが、練習用グリーンの周りでパターを転がすうちに感覚を掴めるはずです。

スコアアップを目指すには、このアプローチもカギの一つといわれていますので、しっかりと練習しておきましょう。

パターを練習する

さらに、パターの打ち方を練習するのも非常に大事です。全てのホールでパターを打つことになるため、正しい打ち方を覚えてラウンドに生かすことで、スコアアップを目指すことができます。

ただし、パターは感覚が占める割合が非常に大きいといわれているため、基本を抑えた上で練習を重ねるのが上達の近道といえます。

パターを練習する上では、「握り方」「構え方」「打ち方」を確認しますが、特に“背筋にパターを一本通しているイメージ”で構えることがまず大切だといわれています。正しい握り方と構え方を身につけ、自分が狙っているところにボールを打ち出せるようになるように練習しましょう。

確実に上達したいならレッスンを受けてみよう

一人で練習する場合、自己流ではスコアを伸ばすのは難しいといえます。ゴルフ関連の書籍やDVD、インターネットの動画サイトなどを利用する方法もありますが、やはりおすすめなのは「ほかの人にアドバイスをもらう」「ゴルフレッスンを受ける」ということ。

ゴルフ上級者やプロなどにコツや基本を教えてもらい、自分の癖を修正することによってスコアアップに繋げられますし、ゴルフレッスンを受ける中で、一緒にゴルフを楽しめる仲間ができることもあります。ぜひ、自分に合うレッスンを探してみてはいかがでしょうか。

初心者向けガイド一覧に戻る

ゴルフ保険を徹底比較【2020年版】おすすめトップ5