年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド » ゴルフ初心者が知っておくべき、最低限のルールについて解説

ゴルフ初心者が知っておくべき、最低限のルールについて解説

ゴルフのルールは世界共通です

まず、ゴルフ初心者がルールを学ぶ上で覚えておきたいことは「ゴルフのルールは世界で統一されている」ということ。ゴルフのルールは非常に細かく決められていますが、最新のルールを知りたいときには「JGA(Japan Golf Association・日本ゴルフ協会)」から毎年出版されている「ゴルフ規則」を見る必要があります。

このゴルフ規則には、プレーヤーの行動に関する規則からラウンド中のルール、コースに関するルールなど非常に細かく定義されているため、初心者が短期間で全て覚えるのは不可能といえるでしょう。そこでこの記事では、これから本格的にゴルフを始める人が最低限知っておきたいゴルフのルールについてご紹介していきます。

ゴルフの基本ルール

まず、ゴルフを始める上では基本的なルールについて知っておく必要があります。知っておきたい基本的なルールについていくつか見ていきましょう。

クラブに関するルール

ラウンド中にはゴルフクラブを複数持ち歩くことになりますが、持ち歩きができるゴルフクラブは「14本まで」と決められています。たくさんクラブを持っている場合、どのクラブを持って行ったらいいかわからないからとりあえず全部持って行く、ということはしないようにしましょう。ちなみに、カートに積み込む分も含んで14本、となりますので、「キャディバッグに入っていないからいいだろう」ということにはなりませんので注意が必要です。

決められた数以上のクラブを持っていたことがわかった場合は重いペナルティが課せられます(1ホール目で判明した場合は2打罰、2ホール目以降で判明した場合は4打罰)。

どのクラブを持っていくべきか選べない場合は、あらかじめ詳しい人やショップのスタッフにアドバイスをもらっておくと良いでしょう。

ボールに関するルール

ボールに関しても細かいルールがあり、例えば「ティーグラウンドからプレーしたボールでそのホールを終える」というものがあります。ホール中にボールを交換するとペナルティが課せられるため注意が必要(1打罰)。ホールアウトした後はボールの交換が可能となります。

ただし、プレー中にボールにヒビが入ってしまったなど、プレーに支障が出ると判断された場合はボールの交換が可能。この場合も交換の手順が決められています。簡単に説明すると、まず同伴競技者にボールの状態を確認したい旨を伝え、立ち会ってもらいボールの状態をチェックします。その後、ボールがあった場所にマーカーをおき、ボールを拾い、新しいボールを同じ位置に置きます。

いくらボールが傷ついてしまったからといって、適当にボールを交換することはできない、という点も覚えておきましょう。

プレーの順番に関するルール

ゴルフ場に行く前には、プレーの順番に関するルールも覚えておきたいところです。ちなみにプレーの順番を間違ったとしてもペナルティはありませんが、失礼に当たってしまいます。その後もお互いに気持ちよくプレーするためにも、しっかり覚えておきましょう。

また、最初のホールはくじ引きなどで順番を決めて問題ありませんが、その後のホールは、前のホールでスコアが良かったプレイヤーから打つことになります(同じスコアの場合は、さらに1つ前のスコアが良かった人から打ちます)。

第1打(ティーショット)の後は、カップからの距離が遠いプレイヤーから打つことになりますので、自分の順番が回ってくるまで待っていましょう。

これだけは知っておきたいペナルティ

プレーによってはペナルティを課されることがあります。ペナルティの種類についていくつか紹介していきますのでチェックしておきましょう。ペナルティをカウントする際には、都度加算するよりも後からまとめてプラスした方がわかりやすいです。

OB(アウト・オブ・バーンズ)

ホールの規定の場所から外に出たことによるペナルティ(1打罰)です。コースから外れたところにある林など、ボールを打つのが難しい場所に設定されています。

例えば1打目がOBとなった場合、1打罰のペナルティとなるため3打目としてもう一度ティショットを打ちます。また、2打目以降でOBとなった場合、OBになったボールを打った場所の近くで、ボールをドロップ(ボールを落とすこと)して打ち直しをします。

ロストボール

自分が打ったボールがどこかに行ってしまい、見つからない場合も1打罰のペナルティになります。ゴルフ場は非常に広い上に、草が生い茂っている中にボールを落とすと見つけるのが難しいこともあります。決められた時間の中でボールを見つけられない場合には、ロストボールのルールが適用されます。時間制限を設けているのには、ゴルフで御法度とされているスロープレーを防ぐ目的もあります。

ちなみに、探していたボールが後から見つかった場合でも、そのボールでプレーするのはNGです。

ペナルティエリア

2019年にルール改正が行われ、これまで「ハザード」と呼ばれていたエリアが「ペナルティエリア」と「バンカー」に分割されました。新しいルールでは、ブッシュや崖、雑木林などを含めて「ペナルティエリア」と呼びます。

ペナルティエリアにボールを打ち込んだ場合は、「打った場所から打ち直し(1打罰)」「ペナルティエリアからそのまま打つ(無罰)」などのルールが定められています。

誤球

誤球とは、自分のボールではないものでプレーしてしまうこと。

ストロークプレイ中の場合は2打罰のペナルティが課されることになります。さらに自分のボールも打ち直すことになるので、大きな痛手になりますが、意外とゴルフ初心者にはありがちな失敗なので注意してプレーしましょう。ちなみに、マッチプレーの場合はそのホールが失格となってしまいますので、自分の球にはわかりやすい目印をつけておくなど、工夫が必要ですね。

ゴルフのルールは徐々に覚えていこう

最初に説明した通り、ゴルフのルールは非常に細かく、全てを把握することは至難の技です。そのため、最低限のルールだけをおさえて、プレーする中で徐々に覚えていきましょう。また、時間のあるときに「ゴルフ規則」に目を通して見るのもおすすめです。

初心者向けガイド一覧に戻る

ゴルフ保険を徹底比較【2020年版】おすすめトップ5