年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド » ゴルフ初心者必見!夏場のゴルフにおける服装のポイント

ゴルフ初心者必見!夏場のゴルフにおける服装のポイント

夏のゴルフ、服装のポイント

ゴルフ場の服装マナーを守るというのは大前提ですが、その中で「少しでも涼しくプレーできるような服装」が大切。思ったよりも夏場のゴルフ場は暑いですから、しっかりと対策を立てておきましょう。注意したいポイントをいくつかご紹介します。

帽子を必ずかぶる

まずは、日差しの対策として帽子は必須アイテム。安全のためにも帽子は必ずかぶりましょう。ただし、帽子の中が蒸れてしまうことも多いため、通気性の高い帽子を選ぶことがポイント。さらに、冷却シートや冷却スプレーなどを上手に使って蒸れないように工夫すると快適にプレーできます。

日焼け対策をしっかり行う

夏のゴルフでは、男性でも日焼け対策をしっかりと行いましょう。

日焼け止めクリームを塗るというのも対策の一つではありますが、汗をかいてしまってクリームが流れてしまうこともありますので、UVカット機能があるインナーを着用するのがおすすめ。速乾性のインナーであれば、汗をかいても乾くのが早いため快適。インナーの上におしゃれなポロシャツを着るのがおすすめです。

汗っかきの人は休憩中に着替えをしても

普段から非常に汗っかきという男性も多いでしょう。あまりにも汗をかく場合には、着替えを持参して休憩のときに着替えるというのも一つの方法です。汗をかいたままクラブハウスに入ってしまうと、冷房によって体が冷えてしまうことも。暑いゴルフ場に行って風邪を引く、というのもあまり面白くありませんので、汗をたくさんかく人はこのような対策も考えてみてはいかがでしょうか。

行き帰りの服装にも注意しよう

また、プレー中だけではなくゴルフをする場合には行き帰りの服装にも注意する必要があります。うっかりしてしまいがちなポイントについてまとめました。

サングラスは外して入場する

夏場のゴルフでは、日差し対策のためにサングラスを使用する人も多いでしょう。しかし、ゴルフ場に入場するときにはサングラスを外すのがマナー。行き帰りの車を運転するときにサングラスを着用する習慣のある人も注意しておいたほうが良いポイントですね。

帽子は外して入場する

入場時には帽子もかぶらないというのも、うっかりしてしまうことが多いマナーです。紫外線対策として帽子をかぶり、そのままクラブハウスに入ってしまうということがないように注意しましょう。

タオルは首にかけない

汗を拭くためや冷感タオルを首にかけていて、そのままうっかり入場してしまう…というのもありがちな失敗です。クラブハウスでタオルを首にかけているのはマナー違反となります。入場する前にタオルは外しておいてください。

サンダルはNG

夏の間はサンダルが涼しいですし楽ですよね。しかしプレー中のみならずクラブハウスに入場する際にはサンダルはマナー違反となりますので、暑いかもしれませんがシューズを着用しましょう。

夏の服装マナー、気になる点をピックアップ

夏にゴルフに行こうと考えたとき、「この服装はOK?それともNG?」と迷うことがあるかもしれません。ここでは、気になる点をピックアップし、Q&A方式でお答えします。

Q.Tシャツは着ても大丈夫?

A.襟がないTシャツは、マナー違反とされていますので避けましょう。いくら暑い時期でも男性は襟付きのウェアを着用します。ゴルフ場から注意されなくても、周りの目が気になってプレーに集中できないこともあるかもしれませんので、しっかりと襟付きのものを選びましょう。

Q.ハーフパンツはOK?

A.夏場はハーフパンツを着用しても問題ありませんが、念のためゴルフ場に確認してみると安心です。ただし、夏のゴルフ場では特にアブや蜂に注意する必要があります。そのため、ロングパンツの方が無難かもしれません。

また、プレー中のハーフパンツはOKですが、行き帰りにはロングパンツを着用しましょう。

Q.くるぶし丈のソックスは?

A.くるぶしが出るくらいの長さのソックスについては、避けた方が無難とされています。ゴルフ場によっては、明確に「ソックスはくるぶしが隠れる長さのもの」という内容の規定を設けている場合もありますので、どうしても短いソックスを履きたいという場合にはゴルフ場に確認してからにしましょう。

Q.行き帰り、夏もジャケット必須?

A.ゴルフ場によっては、夏場は行き帰りの際にジャケットを着用しなくても良い、としているところもあります。これはゴルフ場によって異なる部分になりますので、ホームページなどの服装規定であらかじめ確認しておくと安心です。

夏のゴルフにあると便利なもの

夏の服装について説明してきましたが、最後に夏にゴルフをプレーするときにあると便利なものを2点ご紹介します。

サングラス

まずは紫外線対策のためのサングラス。あまりに日差しが強い場合、紫外線の影響で後日目が痛くなってしまう、ということもあります。ゴルフ用のサングラスを1本用意しておくと安心です。

冷却グッズ

冷却タオルや氷嚢、瞬間冷却材など、熱くなった体を冷やすためのグッズを持参するのもおすすめです。特に首筋などに当てることで体温の上昇を防げるため、熱中症対策としても大切なアイテムといえるでしょう。

また、体を冷やすことで頭もスッキリするので、スコアアップにもつながるかもしれません。

初心者向けガイド一覧に戻る

ゴルフ保険を徹底比較【2020年版】おすすめトップ5