年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフがうまくなりたい初心者向けガイド » ゴルフ初心者が気になる、ゴルフ場への交通手段

ゴルフ初心者が気になる、ゴルフ場への交通手段

仲間内でゴルフに行くことになったときに悩むのが「交通手段」。特にこれまであまりゴルフ場に行った経験がない初心者の場合は、レンタカーを借りるべきか電車でゴルフ場に向かうか迷ってしまうことも。そこで、ゴルフ場に行くときの交通手段はどのようなものがあるかまとめました。

ゴルフ場へ行くときの交通手段は何がある?

ゴルフ場に行く、となると様々な交通手段が考えられます。ここでは、それぞれの交通手段についてメリットをご紹介していきます。

車で相乗り

まず、ゴルフに行くときにはどうしても荷物が多くなることから車で行くのが楽、と考える人が多いでしょう。車を持っている人がいれば自家用車で、誰も持っていない場合はレンタカーを借りる必要があります。

車でゴルフ場に行くメリットは、何より「荷物を運ぶのが楽」という点、ガソリン代や高速代を参加人数で割ることで「交通費が安く済む場合がある」点、電車などのダイヤに縛られないため「自由に動ける」という点などが考えられます。また、ゴルフ場は自然豊かな場所にあることが多いため、行き帰りはドライブ気分が楽しめるというメリットも考えられるでしょう。

電車

誰も車を持っていなかったり、運転できる人がいない場合は電車で移動するという選択肢があります。

電車移動のメリットは、「誰も運転せずに済む」という点。車移動は大きな荷物を運ばなくても良いというメリットがある反面、運転手に負担がかかってしまうというデメリットも。

電車で移動をすることによって誰にも負担がかかりませんし、プレー後の飲み会も可能になります。1日の最後に飲み会を開催したい場合には全員が楽しめるという点を優先して、電車での移動も選択肢として考えてみることをおすすめします。

高速バス

一部のゴルフ場に限られますが、高速バスを利用することも可能です。首都圏の場合は東京駅や品川駅、横浜駅といった主要駅からバスが出ているケースが多く見られます。また、一度高速バスに乗ってしまえば乗り換え等もありませんし、駅からゴルフ場までの足を心配する必要もありませんので、電車よりも移動が楽な場合が多いです。

また、高速バスの場合も誰も運転する必要がないことから、プレー後に飲み会などを全員で楽しめるのも大きなメリットといえるでしょう。

楽なのは車の相乗り!でも運転手の負担を減らすためには?

車での相乗り、電車、高速バスと3つの交通手段について紹介してきましたが、大きな荷物を自分で運ぶことを考えると、やはり車での移動が一番楽だという結論に達する人が多いのではないでしょうか。

ただし、運転手の負担を少しでも減らすためにも、一人一人の自宅まで迎えに行くのではなく「車の相乗りと電車など他の交通機関を組み合わせる」ことをおすすめします。集合する駅をあらかじめ決めておき、運転手はその駅に迎えに行くだけで良いとなれば、運転する人の負担を減らせるでしょう。また、レンタカーを利用するのであれば、レンタカーを借りるお店の近くの駅に集合すれば、集合・解散が非常にスムーズです。

また車を使用する場合には、運転手を交代しながらゴルフ場に向かうなど、ひとりだけに負担が偏らないように注意したいものです。

相乗り以外でゴルフ場に行く場合のポイント

誰も運転できる人がいないなどの理由があって車以外の交通手段を使う場合に、少しでも移動を楽にするポイントをご紹介します。

キャディーバッグは事前に送っておくと楽

まず、「キャディーバッグは事前にゴルフ場に送る」という点が大きなポイント。車以外の移動方法を使うとなると、負担になるのが荷物の持ち運び。できる限り荷物少なくしたとしてもやはりそれなりの量にはなりますので、移動を考えただけでも億劫になってしまうことがあるかもしれません。

大手の宅配便サービスでは、「ゴルフ宅急便」といった専用のサービスが用意されているため、大切なゴルフクラブも安心して送ることが可能です。キャディーバッグを運ぶ手間がなくなるだけでかなり電車移動が楽になるはずですので、積極的に利用してみましょう。

駅からの送迎サービスを使う

電車を使う場合、駅からの交通手段をどうするかも考えておかなければいけません。

ゴルフ場によっては、最寄り駅からの送迎バスを用意しているところもあります。あらかじめチェックしておいて、送迎サービスがあるゴルフ場を選ぶというのもひとつの手です。ただし、送迎サービスを用意しているゴルフ場でも、希望者は前もって予約が必要な場合が多いため、利用条件についてよく確認しておく必要があります。

また、バスでの送迎サービスがない場合でも、人数が少ない場合は送迎タクシーなどを用意しているケースもありますので、一度ゴルフ場へ確認をしてみると良いでしょう。

初心者向けガイド一覧に戻る

ゴルフ保険を徹底比較【2020年版】おすすめトップ5