年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフするなら確認すべきゴルフ保険の疑問 » 人気の1日のみのゴルフ保険は実際お得なの?

人気の1日のみのゴルフ保険は実際お得なの?

基本的にはゴルフをやる人なら入っておいた方が良いものですが、ゴルフに行く機会が少ない人にとっては月々の支払いはちょっと…というのもあります。

そのため、初心者ゴルファーや年に数回しかゴルフをしないという人たちに、1日プランのゴルフ保険はとても人気があります。1日プランのメリット・デメリットなど詳しく解説していきます。

目次

短期間プランを利用できるゴルフ保険

保険会社 賠償責任補償額 補償期間 保険料
au損保
詳しく見る>
最大1億円 日帰り~3泊4日 428円~
docomo
詳しく見る>
最大5億円 1日または1泊2日 300円~
SoftBank
詳しく見る>
最大1億円 1日~ 300円~
三井住友海上
詳しく見る>
最大1億円 1週間 1,000円

1日だけのプランはどんな人に嬉しい?

パッティング

多くの損害保険会社がゴルフ保険を取り扱っていますが、少なくとも数社は加入期間1日のゴルフ保険を取り扱っています。1日なら日帰りのゴルフにも適用されますし、2泊3日、3泊4日など旅行で行く場合でも便利に利用できます。

しかもこれらの良いところは旅行中の怪我や盗難などにも保険が適用されるということ。海外へ行く場合は大抵保険に入りますが、海外でゴルフをする場合はこれ一つ入っておけば安心です。

1日限りが対象の保険は費用も300円~700円と非常にリーズナブル。その補償内容も通常の加入に比べて遜色はなく、死亡・傷害・用具の破損・盗難・ホールインワンの全ての場合が対象になっています。

死亡、障害なら最大100万円、携行品損害、アルバトロス・ホールインワンなら10万円補償と安心の内容です。ただ、ホールインワンに関してはセルフプレー中、海外でのプレー中は補償の対象外、という保険会社がほとんどです。

ともあれ、自分のプレーの頻度に合わせて保険に入って安心な状態でいれば、よりゴルフを楽しめるでしょう。しょっちゅうゴルフをするわけではない人はこの1日のみプランがおすすめです。

ただ、加入する日には要注意。保険会社によっては前日、当日でも受け付けてもらえるところもありますが、60日前、90日前、と決まっている会社もあります。

後者であれば急に行くことになった場合は対応できませんので事前によく確認しておく必要がありますね。

1日だけのゴルフ保険を扱っている会社は?

1日単位で申込可能なゴルフ保険でも、一般的なゴルフ保険と保証内容はあまり変わらないものが多くあります。

そこで1日単位のゴルフ保険を取り扱っている会社をご紹介します。

au損保「ゴルフの保険」

大手携帯キャリアのauが取り扱っている保険です。日帰り・1泊2日なら保険料は428円からと低価格で補償を受けることができます。補償内容と補償となる例をご紹介します。

他人への賠償責任 他人にケガをさせてしまう損害賠償責任が生じた
自身のケガ 自分が打ったボースが頭に直撃して入院したなど
ホールインワン・アルバトロス費用の補償 ホールインワン・アルバトロスを達成した得の祝賀会費用など(キャディー等の証明が必要です)
携行品の補償 ゴルフ用品など身の回りのものが盗難にあったり、事故で破損してしまった時など

このようの低価格ながらゴルフ保険に必要な補償は一通り揃っています。保証内容によって、「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」と分かれており、保険料がそれぞれ428円、693円、1,051円となります。また個人賠償責任額もブロンズで5,000万円、シルバーで8,000万円、ゴールドで1億円ととても充実しています。

au損保「ゴルフの保険」の特徴

  • 出発当日加入することも可能。au以外のドコモ・ソフトバンクでも加入できる
  • ゴルフプレー中だけでなく、出発から帰宅までのケガも補償
  • 入院、通院、手術費用も補償
  • コンビニエンスストア払い、クレジットカード払い、auかんたん決済に対応

保険料・プランについて

au損保「ゴルフの保険」にはブロンズ・シルバー・ゴールドの3つのプランがあります。これらのプランはすべて、入院保険金日額(5,000円)と手術保険金(2万5,000円または5万円)が同じです。

ただし、個人賠償責任は、ブロンズでは5,000万円、ゴールドでは2倍の1億円が補償されます。死亡・後遺障害についても、ブロンズの場合は100万円、ゴールドの場合は500万円。5倍もの開きがあるのです。

保険料は「日帰り・1泊2日」と「2泊3日・3泊4日」の2つの価格帯から選べます。「日帰り・1泊2日」の場合、ブロンズは428円、シルバーは693円、ゴールドは1,051円。「2泊3日・3泊4日」の場合、ブロンズは530円、シルバーは857円、ゴールドは1,303円です。

プランの詳細は下記よりご覧いただけます。

au損保「ゴルフの保険」を詳しく見る

docomo「ゴルファー保険」

こちらも大手携帯キャリアのdocomoが取り扱っているゴルフ保険です。引受保険会社が大手の東京海上日動なので安心感もあります。

1日300円~と低価格での申込みが可能となっています。補償内容は以下になります。

他人への賠償責任 ゴルフ中に他人のものを壊したり、他人にケガをさせてしまった場合
ゴルフ用品に対する補償 ゴルフ中に、ゴルフ用品が盗難にあったり、破損してしまったりした場合
ホールインワン・
アルバトロス費用
ホールインワン・アルバトロスが出た際にお祝いの費用が発生した場合
通院、入院に対する補償 ゴルフ中の事項によるケガで、通院や入院をした場合

こちらも低価格ながら内容が充実しています。「おてがる」「おすすめ」「しっかり」の3種類のコースがあり、それぞれ保険料は300円、500円、700円となります。「おてがる」でも賠償責任額が1億円ですので、かなり手厚い補償といえるでしょう。

docomo携帯から簡単に申込むことができ、料金も月々のケータイ料金と一緒に支払うことも可能です。

docomo「ゴルファー保険」の特徴

  • 個人賠償責任額が1億円~と手厚い
  • docomo携帯から簡単に申し込むことができる
  • 申し込んだ当日から補償が適用される

保険料・プランについて

docomo「ゴルファー保険」には、おてがる・おすすめ・しっかりの3つのプランがあります。賠償責任ではおてがるプランは1億円、しっかりプランは5倍の5億円が補償されます。死亡・後遺障害についても、おてがるの場合は300万円に対して、しっかりプランは1,000万円と3倍以上の開きがあります。

保険料は1日または1泊2日ともにおてがるプランは300円、おすすめプランは500円、しっかりプランは700円。このように最も充実した補償プランでも700円までとお手軽な料金設定となっています。

プランの詳細は下記よりご覧いただけます。

docomo「ゴルファー保険」を詳しく見る

SoftBank「ゴルファー保険(SoftBankかんたん保険)」

大手携帯キャリアのSoftBankが取り扱っているゴルフ保険になります。こちらは大手保険会社の損保ジャパン日本興亜が提供しています。

他人への賠償責任 ボールが他人にあたりケガをさせ賠償責任が生じた時
ゴルフ中のケガ ゴルフプレー中にケガをしてしまった時
ホールインワン・
アルバトロス補償
ホールインワンやアルバトロスを出してお祝い費用がかかった時
ゴルフ用品の損害 ゴルフクラブが折れてしまったなど、ゴルフ用品の破損があった時

これらあったら安心な内容が全てパッケージングされています。1日プランは「ちょこっと」「あんしん」「しっかり」の3種類があり、それぞれ保険料が300円、500円、700円と低価格になっています。他人への賠償責任額も「ちょこっと」が5,000万円、「あんしん」「しっかり」が1億円と手厚くなっているので安心です。

申込は「My SoftBank」からできるため、パソコンや携帯から簡単に行うことができます。

SoftBank「ゴルファー保険(SoftBankかんたん保険)」の特徴

  • 賠償責任金額が5,000万~1億円と手厚い
  • SoftBank携帯から簡単に申し込める
  • 保険を適用する日付を選択できる

保険料・プランについて

SoftBank「ゴルファー保険(SoftBankかんたん保険)」には定期的にゴルフをする方向けの月額プランとたまにしかゴルフをしない方向けの1日プランがあります。

月額プランには「ちょこっと」と「しっかり」の2つのプランに分かれます。賠償責任では「ちょこっと」が1,000万円、「しっかり」が3倍の3,000万円が補償されます。

死亡・後遺障害については「ちょこっと」が300万円、「しっかり」が500万円と200万円の差があります。保険料は、「ちょこっと」が460円/月、「しっかり」が770円/月です。

1日プランは「ちょこっと」「あんしん」「しっかり」の3つのプランに分かれており、死亡・後遺障害の補償がありません。賠償責任では「ちょこっと」が5,000万円「あんしん」と「しっかり」が1億円補償されます。保険料は「ちょこっと」が300円、「あんしん」が500円、「しっかり」が700円の設定となっています。

プランの詳細は下記よりご覧いただけます。

SoftBank「ゴルファー保険(SoftBankかんたん保険)」を詳しく見る

セブンイレブン「1DAYレジャー保険」

セブンイレブンといえば、コンビニのイメージが強いでしょう。実はゴルフ保険サービスも提供しています。1DAYレジャー保険と呼ばれる、レジャーに関する怪我やトラブルへの補償を受けられるサービスにゴルフ保険も含まれている仕組みです。

他人への賠償責任 ゴルフプレー中に相手にゴルフボールやクラブを当てて怪我をさせてしまった場合
ゴルフ用品に対する補償 ゴルフクラブが折れた場合
ホールインワン・
アルバトロス補償
ホールインワン・アルバトロスが出た際にお祝いの費用が発生した場合
通院・入院に
対する補償
ゴルフプレーが原因の怪我などの場合

レジャー保険の中にあるサービスですが、一般的なゴルフ保険と同様の補償内容を用意しているのも魅力的です。

セブンイレブン「1DAYレジャー保険」の特徴

  • 日額500円のリーズナブルな保険料
  • 日常生活の事故などを原因とする賠償補償も含まれている
  • セブンイレブンのマルチコピー機で加入手続き可能

保険料・プランについて

セブンイレブンの「1DAYレジャー保険」には、2つのプランがあり保険料500円のベーシックプランと700円のプレミアムプランを用意しています。

ゴルフ用品保険金については、プレミアムプランのみの補償ですので、加入時に確認しておくのがおすすめです。

ベーシックプランとプレミアムプランでは、日常生活賠償保険金に2億円もの差があるものの、傷害死亡保険金・傷害入院時一時保険金に違いはありません。また、保険料はどちらのプランでも日額ですので、短期間のゴルフ保険を検討している方におすすめです。

セブンイレブンの「1DAYレジャー保険」を詳しく見る

1日だけのゴルフ保険のメリット・デメリット

ゴルフクラブ

1日単位のゴルフ保険は、月払いや年払いの保険と比べると割高ですが、たまにしかゴルフに行かない方にとってはとても便利な保険です。

自分がプレーする日だけ適用することができるので。無駄がありません。

また、取り扱っているのが大手携帯キャリアのため、手持ちの携帯電話から簡単に加入することができるのも魅力です。

デメリットとしてプランの種類が少ないことと、携帯を契約していないと加入できない点です。

特にdocomoやSoftBankはそのキャリアの携帯を持っている方しか加入できません。

月に2回以上ゴルフをするなら月払い・年払いの方が得

1日単位のゴルフ保険は当日加入も可能な手軽な保険で価格も安いですが、トータルで考えるなら月に2回以上ゴルフをする方は月払い・年払いの保険に加入した方がお得になります。

自分のプレースタイルに合わせた保険を選びましょう。

一週間プランもおすすめ!

保険加入のハードルが低く便利な1日プランのほかに、短期コースとして一週間プランを用意している保険会社もあります。

一週間プランなら直前のゴルフ練習も補償範囲内

一週間プランのメリットのひとつに、前日など直前のゴルフ練習も補償範囲内とされることが挙げられます。

1日のみのプランを検討している方は、ゴルフをする頻度がそれほど高くない人が大半です。久しぶりのゴルフの前に「打ちっぱなしなどで少し練習しておきたい」と考えることも多いのではないでしょうか。

一週間プランに加入していれば、練習場でのゴルフ用品の破損や盗難も補償範囲内となります。安心した環境で練習し、スイングの勘を取り戻せますね。

ゴルフ練習場

泊りがけのゴルフに最適

宿泊を伴うなど複数日間のゴルフにも、一週間プランがおすすめです。1日プランを入りなおすよりも保険料を安く賄えることもあるので、補償内容と保険料を比較し検討してみてください。

ちょっとしたスケジュール変更にも対応できる

雨天予想のため、ゴルフが1日遅れるかもしれない。そんなケースが想定されるときでも、一週間プランなら対応可能です。スケジュールにちょっとした幅を持たせたいときに最適です。

三井住友海上「ネットde保険@ゴルフ」の一週間プラン

1,000円の保険料で手厚い補償

三井住友海上のゴルフ保険「ネットde保険@ゴルフ」の一週間プランは、短期コースながらも手厚い補償が備わったおすすめの保険です。保険料も1,000円とリーズナブルに設定されており、軽いフットワークで加入できる利便性の高いプランです。

一時払保険料 1,000円
賠償責任補償 1億円(支払限度額)
ゴルファー傷害補償 700万円(支払限度額)
ゴルフ用品補償 20万円(支払限度額)
ホールインワン・アルバトロス費用補償 15万円(支払限度額)

三井住友海上「ネットde保険@ごるふ」を詳しく見る

まとめ

1日単位、一週間単位で加入できるゴルフ保険についてご紹介しました。1日だけの保険は主に携帯電話会社が提供しており、低価格で手軽に加入できるのが大きなメリットです。

また、当日加入できる会社のあるので、久しぶりだから保険に加入するのをうっかり忘れていた時などにもすぐに対応できます。

年にあまりゴルフに行かないけれど、しっかりした補償の保険に入りたいという方は検討してみてはいかがでしょうか。

ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧
パルシステムのゴルフ保険
三井物産インシュアランスのゴルフ保険
トッパン保険サービスのゴルフ保険
XiS(ゼビオ)のゴルフ保険
パナソニック保険サービスのゴルフ保険
ライフカードのゴルフ保険
ローソンのゴルフ保険
JP損保サービスのゴルフ保険
ANA SKYのゴルフ保険
LINEほけんのゴルフ保険
GDOのゴルフ保険
三井住友海上のゴルフ保険
東京海上日動のゴルフ保険
楽天損保のゴルフ保険
損保ジャパンのゴルフ保険
NISSAYのゴルフ保険
朝日火災のゴルフ保険
AIG損保のゴルフ保険
共栄火災海上のゴルフ保険
楽天のゴルフ保険
ミズノスポーツ保険のゴルフ保険
日立保険サービスのゴルフ保険
au損保のゴルフ保険
日本興亜損保のゴルフ保険
アメリカンホームダイレクトのゴルフ保険
アルペンのゴルフ保険
NTTドコモのゴルフ保険
ソフトバンク(SoftBank)のゴルフ保険
アメリカン・エキスプレスのゴルフ保険
エポスカードのゴルフ保険
イオン銀行のゴルフ保険
生協のゴルフ保険
セブンイレブンのゴルフ保険
Yahoo!JAPANのゴルフ保険
JCBザ・PGAクラブカードのゴルフ保険
JALカードのゴルフ保険
セゾンカードのゴルフ保険
ダイナースクラブ ビジネスのゴルフ保険
エムアイカードのゴルフ保険
ソニー損保のゴルフ保険
チューリッヒ保険会社のゴルフ保険
Chubb損害保険(旧社名:エース損害保険)のゴルフ保険