ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフするなら確認すべきゴルフ保険の疑問 » 掛け捨てと積み立てどちらが良い?

掛け捨てと積み立てどちらが良い?

損害保険の一つのゴルフ保険は、ゴルフのプレー中の突発的な事故や、不足の出費(ホールインワン等に関連する出費)を担保するものです。保険商品は、大きく分けて、掛け捨てタイプと積み立てタイプがあります。

自分に合うのは掛け捨てか積み立てか

掛け捨てタイプは、毎月の掛け金は、保険金を受け取らない限り戻って来ません。一方、積み立てタイプは、毎月の掛け金のうち一部が積み立てられ、満期や解約時には返戻金として受け取ることができます。

医療保険や生命保険について、掛け捨てと積み立てとどちらが良いかと悩まれる方が多くいらっしゃいますが、個人の考え方によるところが大きいので、一概にどちらが良いとは言えません。

掛け捨てタイプは、割安な掛け金で必要な保険金を担保出来るメリットがありますので、収入の少ない若い方などに適していると言われています。

一方、ゴルフ保険は、一般的に掛け捨て方式で補償期間が短いのが特徴です。ゴルフ以外の事故を補償しないので、コンペの当日1日だけ加入できるタイプの保険もあります。

ゴルフ保険の積み立てタイプのものは掛金が高くなる分、補償の範囲が広がるというメリットがあります。ゴルフ中の怪我でなく、他のスポーツの最中の怪我でも補償を受けられたり、ゴルフクラブの破損等もゴルフプレー中のものでなくても補償を受けられます。

ゴルフ保険というよりはスポーツ保険といった感じですね。ゴルフ以外にもさまざまなスポーツをされる方ならこういった積み立てタイプの保険でも良いでしょう。

近年では保険商品の掛け金の支払い方法にクレジットカードを利用出来るところが増えています。今まで金融機関の口座引落しを利用していた方の中には、クレジット払いに支払方法を変更する方も増えているようです。