年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフするなら確認すべきゴルフ保険の疑問 » 自動車保険のゴルフ特約の補償内容は?

自動車保険のゴルフ特約の補償内容は?

ゴルフでの事故のリスクに備えるには、通常のゴルフ保険に加入するほか、自動車保険の「ゴルフ特約」を利用する方法もあります。こちらでは自動車保険のゴルフ特約について、補償内容などをまとめています。

自動車保険の「ゴルフ特約」とは

自動車保険にはさまざまな特約が用意されていますが、その1つとしてゴルフ時のケガやゴルフ用品の補償をしてくれる「ゴルフ特約」があります。

自動車保険の保険料にオプションとして特約をプラスすることにより、内容に応じたサービスが受けられるようになります。例えば自転車での移動時に事故を起こしてしまった場合は「自転車事故補償特約」が適応。ペットが乗車している際にそのペットが事故によって死傷した場合は、治療費または葬祭費などが支払われる「ペット特約」が適応されます。そのような特約のひとつとして、「ゴルフ特約」を用意している自動車保険会社があるのです。

ゴルフ専用保険との違いは?

ゴルフ専用保険と自動車保険にセットで付けられるゴルフ特約の違いとしてまず第一に挙げられるのが、保険料の違いです。比較的、自動車保険の特約としてプラスするゴルフ保険は、単体で加入するゴルフ保険よりも保険料が安く抑えることができます。

しかし、その分補償内容が単体のものに比べ薄くなる可能性もあるので注意が必要です。

特に、ホールインワン・アルバトロス補償が付いていないケースが多いため、加入を検討する場合は、事前にしっかりと補償内容を確認しておきましょう。

「ゴルフ特約」の補償内容で十分?

自動車保険の特約としてゴルフ保険に加入するメリットは、損保会社からゴルフ保険に単体で加入するよりも費用を安く抑えられる可能性があること。

しかし、自動車保険の特約の場合、補償内容が充実していない、見劣りしてしまう商品も多く見られます。自動車保険のゴルフ特約を利用しようか検討されているのであれば、損保会社のゴルフ保険と補償内容をしっかり比べ、自分が必要とするニーズが満たされている商品を選び加入すべきです。

ホールインワン補償がつかない商品が大半

ホールインワン補償とは、ゴルフ場でホールインワンもしくはアルバトロスを達成したときに祝賀会や記念品、キャディへの祝儀などに支払う費用を補償してくれるもの。ゴルフコンペに参加している人にとっては特に必要となる補償で、「賠償責任補償・ゴルファー傷害補償・ゴルフ用品補償・ホールインワン補償」とゴルフ保険の4大補償のひとつでもあります。

自動車保険のゴルフ特約は、そのホールインワン補償に対応していないものがほとんど。加入せずにホールインワンを達成した場合、祝賀会やご祝儀にかかる数十万という高額出費を全額負担しなければなりません。保険料の安さだけにとらわれるのではなく、必要な補償が用意されているかという観点から保険を選ぶことが大切です。

各保険会社の「ゴルフ特約」

自動車保険のゴルフ特約について、各保険会社ごとに具体的に紹介していきます。プランによって賠償金や保証条件などの規約が異なりますので、自分に適したものを精査してください。

各保険会社のゴルフ保険

チューリッヒ保険会社

自動車保険の中で事故対応満足度1位のチューリッヒ保険会社(2017年JDパワー保険事故対応満足度調査)。自動車保険のゴルフ特約として、個人賠償責任補償特約・車内身の回り品特約・傷害特約があります。

個人賠償責任補償特約 ゴルフのプレー中など生活の中で他人の所有物を壊してしまったり、他人にケガを負わせてしまったりした場合の損害賠償金を補償。金額は1億円・5,000万円、3,000万円の補償プランがあります。
車内身の回り品特約 車内に置いている物が壊れた場合に補償されます。事故にあったときに、車内に積んでいたゴルフクラブが折れてしまったり変形してしまったりしたときなどに補償されます。身の回りのものに関する補償は車両保険では対象外となっているので、特約で賄うことが可能となります。
傷害特約 日常生活におけるケガに補償します。ほとんどのケガが補償されるのはもちろん、車に乗っていないときでも補償対象となります。本人のみの補償や家族全員の補償、夫婦のみの補償などさまざまなタイプが存在し、国内のみならず海外でも適用されます。

ソニー損保

ソニー損保が用意している「おりても特約」は、名前が示す通り、車から降りている時でも物の損傷あるいはケガを補償してくれる特約です。しかし、保険契約が結ばれている車を使って出かけたシーンに限られます。車を使っていないときのケガは適用外です。

おりても傷害特約 車で出かけた先でケガをしてしまった場合の補償です。そのため、車で出かけたゴルフ中に「ボールが飛んできてケガをした」「他の人がスイングした時にクラブが当たってしまった」場合なども補償範囲となるのです。本人のみ、本人及び配偶者、本人+配偶者+家族から選べます。
おりても身の回り品特約 持っていたものを出先で破損したり、盗まれてしまったりしたときの補償です。ゴルフクラブが盗まれた、あるいは破損した場合も適用対象となります。もちろん、おりても身の回り品特約も車で出かけていないと補償対象外となりますので、必ず頭に入れておいてください。補償限度額は年間10万円です。

SBI損保

自動車SBI損保は自動車保険のオプション補償として車内外身の回り品補償特約を用意しています。

車内外身の回り品補償特約 保険契約した車で出かけた際に社内に置いてあるものが壊れてしまった場合の補償です。トランクに積んでいたゴルフ用品が事故によって破損してしまった場合も補償金を支払ってもらえます。補償限度額は30万円となっています。

損保ジャパン日本興亜

個人賠償責任特約 ゴルフ場敷地内でクラブを振るべきではない場所で素振りをし、近くにいた人にクラブがぶつかってケガを負わせてしまったときなど、不適切な行動によって他人に害を与えた場合に発生する賠償金を補償してくれます。

一般的に、スポーツや運動の最中に起きた事故については明らかなルール違反や危険なプレーや行動がない限り、賠償責任は発生しないので注意しておきましょう。

また、他人の所有物を壊してしまった場合も同様に補償を受けることが可能です。

損保ジャパン日本興亜の個人賠償責任保険は、国内外問わず保険加入本人とその配偶者またはその他の親族も対象となります。さらに、日本国内で起きた事故に限り、示談交渉をサポートしてくれるサービスも付いてくるので、もしもの時でも安心です。

ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧
パルシステムのゴルフ保険
三井物産インシュアランスのゴルフ保険
トッパン保険サービスのゴルフ保険
XiS(ゼビオ)のゴルフ保険
パナソニック保険サービスのゴルフ保険
ライフカードのゴルフ保険
ローソンのゴルフ保険
JP損保サービスのゴルフ保険
ANA SKYのゴルフ保険
LINEほけんのゴルフ保険
GDOのゴルフ保険
三井住友海上のゴルフ保険
東京海上日動のゴルフ保険
楽天損保のゴルフ保険
損保ジャパンのゴルフ保険
NISSAYのゴルフ保険
朝日火災のゴルフ保険
AIG損保のゴルフ保険
共栄火災海上のゴルフ保険
楽天のゴルフ保険
ミズノスポーツ保険のゴルフ保険
日立保険サービスのゴルフ保険
au損保のゴルフ保険
日本興亜損保のゴルフ保険
アメリカンホームダイレクトのゴルフ保険
アルペンのゴルフ保険
NTTドコモのゴルフ保険
ソフトバンク(SoftBank)のゴルフ保険
アメリカン・エキスプレスのゴルフ保険
エポスカードのゴルフ保険
イオン銀行のゴルフ保険
生協のゴルフ保険
セブンイレブンのゴルフ保険
Yahoo!JAPANのゴルフ保険
JCBザ・PGAクラブカードのゴルフ保険
JALカードのゴルフ保険
セゾンカードのゴルフ保険
ダイナースクラブ ビジネスのゴルフ保険
エムアイカードのゴルフ保険
ソニー損保のゴルフ保険
チューリッヒ保険会社のゴルフ保険
Chubb損害保険(旧社名:エース損害保険)のゴルフ保険