年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフするなら確認すべきゴルフ保険の疑問 » ゴルフ保険の加入方法は?

ゴルフ保険の加入方法は?

ゴルフ保険加入のいろは

実際にゴルフ保険に加入するにはどうしたらいいのか? 保険の選び方から実際の加入方法、支払方法の選択など、ひと通りの流れを追っていきましょう。

保険の内容を知る

どの保険についてもいえることですが、まずは保険内容の確認をしっかり行いましょう。保険料と補償金額だけでなく、どこまでが補償範囲の対象とされているのかをあらかじめ理解しておくことが大切です。

ホールインワン補償を受けるにはどのような書類、証人が必要なのか。ゴルフクラブが盗難にあった場所は、どこなら補償適用範囲内なのか。保険会社やプランによって異なることもありますので、それら細かいところにも目を通しておくようにしましょう。後々の保険トラブルも回避できます。

申し込み方法を選択

ゴルフ保険への申し込み方法は主に2つ。保険代理店にて説明を受け申し込みをするか、またはインターネットのフォームなどから必要情報を記入し加入するかとなります。

どちらが良いというわけではないですが、圧倒的に手軽かつ便利なインターネット経由がおすすめです。支払い方法やコースの入力などは必須事項となりますが、代理店に足を運ぶことに比べたらはるかに簡単に手続きできます。

どの保険に入ればいいのかわからない、アドバイスが欲しいというのなら代理店申し込みが安心できますが、加入する保険がすでに決まっている、ある程度候補が絞られているのなら、インターネットでの申し込みでまったく問題ありません。

コースや支払い方法を選択

代理店での申し込みであれば、その場での書類記入で手続きは完了となりますので、こちらではインターネット申し込みについて取り上げます。

個人情報やコースなど、必要となる項目をすべて記入していきます。その際にいまいちどコースの注意事項などを確認し、認識違いのないようにしておきましょう。

支払方法はクレジットカードが一般的ですが、最近ではau損保が「auかんたん決済」に対応したり、コンビニ払いを受け付けが各社で始まったりと、支払方法の幅も広がってきています。

以上で加入手続きは完了となります。インターネット経由ならすぐにその場で申し込める、そんな手軽さもゴルフ保険のメリットですね。

保険金請求の流れ

ゴルフ保険加入後に事故や盗難にあった際、保険金を請求し受け取るまで、どのような流れで進んでいくのかを見ていきましょう。補償の内容や保険会社、プランによって申請方法は変わってきます。

賠償責任補償・ゴルファー傷害補償の場合

怪我をした、または負わせてしまった、器物を損壊してしまったなどのケースが該当します。

保険会社によっても異なりますが、事故証明書や治療費請求書など、必要書類の提出が求められることが一般的です。事故が起きた段階でなるべく早く保険会社に連絡し、状況を伝えたうえで、その後どう対応すべきか説明を求めましょう。

損害賠償責任のゴルフ保険適用ケースを見る

プレイ中のケガのゴルフ保険適用ケースを見る

用品補償の場合

こちらはゴルフクラブの盗難や破損といったケースが該当します。

この場合は修理の見積書または修理不能証明書、破損個所を撮影したゴルフ用品の写真などの提出が求められるのが一般的です。クラブが折れたからといって、すぐに破棄してしまうことのないようにしましょう。用品補償の場合も同様に、まずは保険会社に一報を入れておくと確実です。

用品損害のゴルフ保険適用ケースを見る

ホールインワン・アルバトロス補償

まずはホールインワンを達成したことを証明しなければなりません。

ホールインワン補償の適用条件も各社によって異なりますが、多くの場合は同伴競技者やキャディさんなど第三者の存在、ホールインワン証明書などの提出が必須となっています。合わせて、祝賀会にかかった費用の領収書なども必要となってきます。必要となる書類が多くなりますので、保険規約を事前にしっかり読み込んでおき、保険会社の指示を仰ぎましょう。

ホールインワンのゴルフ保険適用ケースを見る

必要書類をまとめて提出し、申請内容が受理された結果、保険金が支払われます。

想定していた以上に書類準備の手間や時間がかかるケースも多々ありますので、実際に保険金を請求する際に戸惑うことを少しでも減らせるよう、全体の流れと局面での行動をあらかじめ把握しておきましょう。

海外での補償

中には海外でプレイをされる方もいらっしゃると思いますが、 海外のプレイでも保険で補償してもらいたい場合、 その保険が海外でのプレイも保証範囲内であることが必須です。

海外でのプレイの場合補償されるのは 「ゴルフ用品補償」、「賠償責任補償」、「ゴルファー傷害補償」の3つが 対象になっていることが一般的になります。 ホールインワン・アルバトロスの補償に関しては、 そもそもホールインワン・アルバトロスで祝賀会などが 行われるのは、日本独自の習慣のため、海外では適応されません。

また、それぞれの補償に関して、「ゴルフ用品補償」 では置き忘れ・紛失には適応されない。「賠償責任補償」では 証明書が必要など、補償内容によって条件があるため、 しっかり確認をしておきましょう。

海外でのゴルフ保険適用ケースを見る

ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧
パルシステムのゴルフ保険
三井物産インシュアランスのゴルフ保険
トッパン保険サービスのゴルフ保険
XiS(ゼビオ)のゴルフ保険
パナソニック保険サービスのゴルフ保険
ライフカードのゴルフ保険
ローソンのゴルフ保険
JP損保サービスのゴルフ保険
ANA SKYのゴルフ保険
LINEほけんのゴルフ保険
GDOのゴルフ保険
三井住友海上のゴルフ保険
東京海上日動のゴルフ保険
楽天損保のゴルフ保険
損保ジャパンのゴルフ保険
NISSAYのゴルフ保険
朝日火災のゴルフ保険
AIG損保のゴルフ保険
共栄火災海上のゴルフ保険
楽天のゴルフ保険
ミズノスポーツ保険のゴルフ保険
日立保険サービスのゴルフ保険
au損保のゴルフ保険
日本興亜損保のゴルフ保険
アメリカンホームダイレクトのゴルフ保険
アルペンのゴルフ保険
NTTドコモのゴルフ保険
ソフトバンク(SoftBank)のゴルフ保険
アメリカン・エキスプレスのゴルフ保険
エポスカードのゴルフ保険
イオン銀行のゴルフ保険
生協のゴルフ保険
セブンイレブンのゴルフ保険
Yahoo!JAPANのゴルフ保険
JCBザ・PGAクラブカードのゴルフ保険
JALカードのゴルフ保険
セゾンカードのゴルフ保険
ダイナースクラブ ビジネスのゴルフ保険
エムアイカードのゴルフ保険
ソニー損保のゴルフ保険
チューリッヒ保険会社のゴルフ保険
Chubb損害保険(旧社名:エース損害保険)のゴルフ保険