年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフ保険の見直しガイド

ゴルフ保険の見直しガイド

ゴルフ保険は定期的な見直しが必要です。これまでよりゴルフをする頻度が増えたり、家族と一緒にするようになったり、家計の負担になっていたりと周囲の環境は少しずつ変化してきます。

見直しをする際には、何を目的にして保険を見直すかがポイントです。

見直しをする目的を決めてから選びましょう

環境などの変化によってゴルフ保険を見直したいと考えている方は、どうして保険を見直したいのかという目的を明確にしてから保険を選ぶようにするといいかもしれません。目的を持たないままで保険を見直そうとすると、ゴルフ保険の数が多くて、自分に見合ったものを選択できない可能性があります。

必要のない補償を付けて高い保険料を支払い続けたり、必要な補償を付けずに事故やトラブルが発生し頭を抱えるような事態になったりするからです。これではゴルフ保険を見直す意味がないので、目的を決めてからにしましょう。

目的別にどのような保険を選ぶといいのか解説していきます。

目的別にどのような保険を選択するといい?

ゴルフ保険を見直す理由について、5つの例をあげてみました。目的別でゴルフ保険は異なりますので、見直す目的と各保険会社による保険の特性も理解しながら自身に最適なものを見つけてみましょう。

以前よりも本格的にゴルフをするようになった

以前よりもゴルフをする機会が増えた方は、現在加入しているゴルフ保険よりも補償内容を手厚くするとよいでしょう。料金プランのランクをひとつ上げるだけで補償金額が高くなり、賠償責任補償の上限もなくなるので安心して「もしものときのリスク」に備えられます。

都度短期間のゴルフ保険に加入している方は、1年単位のものに切り替えましょう。1年単位で提供しているゴルフ保険は短期よりも種類が多く、補償も手厚くなります。ゴルフ保険選びに何を重視するのかなど、自分にものさしを持つことで迷わずにゴルフ保険を選択できます。

クレジットカード付帯の保険をさらにカバーしたい

クレジットカードに付帯したゴルフ保険は月々の保険料金がかなりリーズナブルなのが魅力的です。クレジットカードに自動的に付帯されている保険と、カード会員限定の追加加入型のゴルフ保険があります。単体で販売されているゴルフ保険よりも補償の充実度に差があり、自動か追加かによって大きく変わります。

自動付帯のタイプの保険は補償内容が充実していますが、年会費も相応のカードです。追加加入型は月々の保険料がリーズナブルなのが魅力ですが、カード会社によって受けられる補償に限度や条件がある場合も。

もう少しゴルフ保険の補償内容を手厚くしたい方は、新たにゴルフ保険に加入することでクレジットカード付帯の保険をカバーできます。現在加入している保険と比較し、補償内容・料金どちらが見合う内容かチェックしましょう。

ゴルフ保険は基本的に「第三者に対する賠償責任」「ゴルファー自身の傷害補償」「ゴルフ用品の損害補償」「ホールインワン・アルバトロス費用」がセットとなっています。クレジットカード付帯の保険も、この4つが組み込まれているので、新たに加入するゴルフ保険については、補償金額がそれほど高くないものを選ぶといいでしょう。また保険会社によって、重複してゴルフ保険を加入する場合は補償されないなどの条件もあるので、必ず確認するようにしてください。

保険料をもう少し抑えたい

ゴルフ保険には生命保険と同様に、積み立てタイプと掛け捨てタイプの2つがあります。積み立てタイプは基本的に保険料金が高く、月1万円を超えるものありますが、解約時には返戻金が戻ってきて、補償内容もかなり充実しているのが特徴です。

一方、掛け捨てタイプは比較的に低料金で設定されているので、月数百円~2.3千円程度で保険に加入できます。補償内容も保険会社によっては積み立てタイプと同様な補償を持つ商品もあるので、現在加入しているゴルフ保険を軸に比較検討してみるといいかもしれません。

いま加入している保険よりも、安くて補償内容の良いゴルフ保険に切り替えたい

加入している保険が積み立てタイプであれば、掛け捨てタイプにすると保険料がかなり安くなります。掛け捨てタイプを加入している方は、どの補償内容を充実させたいのかを考えてみるといいかもしれません。例えばホールインワン・アルバトロス費用は、どこの各保険会社・プラン共に補償料金はそれほど変わりません。

ですが損害補償や傷害補償、ゴルフ用品損害補償においては各保険会社・料金プランで大きく違ってきます。この3つの補償がさらに充実して、保険料の安いゴルフ保険も中にはありますが、数は少ないです。他人を負傷させた、自身がケガしてしまったリスクに備えて、「損害補償」「傷害補償」の2つが充実して、価格の低い保険の検討をおすすめします。

妻(夫)や子供と一緒にゴルフをするようになった

会社上司や同僚、友人としていたゴルフを、家族も一緒に楽しむなんてこともあります。ゴルフ保険は子供であっても、他人を怪我させたり、子供自身が怪我するケースもあるので加入した方が安心です。ですが個々でゴルフ保険に加入をしてしまうと、それだけ保険料が高くなってしまい、保険によっては年齢条件で子供が加入できない場合も。

数多くあるゴルフ保険の中には、本人型・夫婦型・家族型とプランを選択できるものも存在しており、1人ずつ加入するよりも保険料が安くなります。もちろん補償内容は本人型と変わらないというのが嬉しいです。夫婦や家族でゴルフを楽しむ方は、夫婦型や家族型のあるゴルフ保険を選ぶことで、個々で入るよりも保険料を抑えながら本人型と同じ内容の補償を受けられます。

目的別、おすすめのゴルフ保険を紹介

【東京海上日動】本格的にゴルフをするようになった人におすすめのゴルフ保険

東京海上日動のゴルフ保険「トータルアシストからだの保険」は年間保険料が5,000円~と安く、この低価格で賠償責任補償が国内外1億円ものゴルフ保険はそれほど多くはありません。ゴルファー自身の傷害補償についてもかなり充実し、ゴルフ用品損害補償とホールインワン・アルバトロス費用が少し抑えられた内容となっています。

補償内容 プラン1 プラン2
第三者に対する
賠償責任
国内:1億円
海外:1億円
国内:無制限
海外:1億円
死亡・後遺障害 590万円 920万円
入院保険金日額 3,000円 5,000円
通院保険金日額 1,000円 3,000円
ゴルフ用品の損害 10万円 20万円
ホールインワン・
アルバトロス費用
20万円 30万円
保険料(1年) 5,300円 7,800円
東京海上日動の公式HPをチェック

【楽天損保】クレジットカード付帯のゴルフ保険をさらにカバーしたい人におすすめのゴルフ保険

楽天損保のゴルフ保険「ゴルフアシスト」は、クレジットカード付帯のゴルフ保険を加入していても入ることのできる保険です。年間保険料が2,750円~加入できるので、新たに加入したとしても金銭的負担は大きくありません。ですが、補償内容によっては両方の補償を受けられません。その点をしっかりと把握してから加入するようにしましょう。

ゴールド プラチナ ダイヤモンド
賠償責任 1億円 1億円 1億円
ゴルフ用品 10万円 20万円 30万円
ホールインワン・アルバトロス費用 10万円 20万円 30万円
死亡・後遺障害 500万円 800万円 1,000万円
入院日額 5,000円 8,000円 10,000円
通院日額 1,000円 1,000円 1,000円
楽天損保の公式HPをチェック

【三井住友海上】保険料をもう少し抑えたい人のためのゴルフ保険

三井住友海上の「ネットde保険@ゴルフ」は年間保険料が3,000円~と業界でもかなりリーズナブルな料金です。この料金でありながら、基本的な補償も付き、海外でゴルフをした際の補償や、自宅でゴルフの練習などをした際でも補償が受けられます。低価格ながらもこのように充実した補償を持つゴルフ保険は多くはありません。

スタンダードプラン
コース名 Aコース Bコース Cコース 1週間プラン
保険期間 1年間 1年間 1年間 1週間
賠償責任補償
(限度額)
5,000万円 1億円 1億2,000万円 1億円
傷害補償 320万円 280万円 280万円 700万円
用品補償 10万円 27万円 29万円 20万円
ホールインワン・
アルバトロス補償
10万円 20万円 40万円 15万円
一時払保険料 3,000円 6,000円 9,000円 1,000円
プレミアムプラン
コース名 Aコース Bコース Cコース
保険期間 1年間 1年間 1年間
賠償責任補償
(限度額)
1億5,000万円 1億5,000万円 2億円
傷害補償 390万円 400万円 450万円
用品補償 34万円 36万円 33万円
ホールインワン・
アルバトロス補償
50万円 70万円 100万円
一時払保険料 11,000円 14,000円 18,000円
三井住友海上の公式HPをチェック

【AIG損保】加入している保険よりも安く補償内容が充実しているゴルフ保険に切り替えたい人のためのゴルフ保険

AIG損保のゴルファー保険は、どのプランを選択しても賠償責任補償が2億円という点がとても魅力的です。また一番安いプランでも傷害補償が500万円というのは、世界展開している保険会社だからこそ実現できるものです。

補償内容 C B A
賠償責任 2億円 2億円 2億円
傷害 500万円 700万円 900万円
用品損害 10万円 20万円 30万円
ホールインワン・
アルバトロス費用
10万円 20万円 30万円
保険料(1年) 3,550円 6,430円 9,310円
保険料(2年) 6,760円 12,230円 17,710円
AIG損保の公式HPをチェック

【損保ジャパン】妻(夫)や子供と一緒にゴルフをするようになった人のためのゴルフ保険

損保ジャパンのゴルファー保険は、パーソナルタイプ(本人型)に加え、加入者の家族のためのファミリータイプ(家族型)があります。保険料金はパーソナルタイプ+ファミリータイプ(1人につきの料金)となります。個々で加入するよりも家族は半額以下で入れるので、手厚い補償を経済的に受けられます。

パーソナルタイプ(本人のみが契約)

補償内容 P1 P2 P3
第三者に対する
賠償責任
3,000万円 5,000万円 1億円
ゴルファー自身のケガ 734.9万円 854.9万円 914.9万円
ゴルフ用品の損害 15万円 21万円 25万円
ホールインワン・
アルバトロス費用
20万円 30万円 50万円
保険料(1年) 5,000円 9,520円 13,810円
保険料(2年) 7,000円 13,300円 19,300円
保険料(3年) 10,000円 19,010円 27,560円

ファミリータイプ(家族も含めて契約)

補償内容 P1 P2 P3
第三者に対する
賠償責任
3,000万円 5,000万円 1億円
ゴルファー自身のケガ 367.4万円 427.4万円 457.4万円
ゴルフ用品の損害 7万円 10万円 12万円
ホールインワン・
アルバトロス費用
10万円 15万円 25万円
保険料(1年) 1,900円 3,610円 5,240円
保険料(2年) 2,590円 4,920円 7,140円
保険料(3年) 3,470円 6,580円 9,550円
損保ジャパンの公式HPをチェック

ゴルフ保険の比較!加入はゴルファーのマナー!

ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧
パルシステムのゴルフ保険
三井物産インシュアランスのゴルフ保険
トッパン保険サービスのゴルフ保険
XiS(ゼビオ)のゴルフ保険
パナソニック保険サービスのゴルフ保険
ライフカードのゴルフ保険
ローソンのゴルフ保険
JP損保サービスのゴルフ保険
ANA SKYのゴルフ保険
LINEほけんのゴルフ保険
GDOのゴルフ保険
三井住友海上のゴルフ保険
東京海上日動のゴルフ保険
楽天損保のゴルフ保険
損保ジャパンのゴルフ保険
NISSAYのゴルフ保険
朝日火災のゴルフ保険
AIG損保のゴルフ保険
共栄火災海上のゴルフ保険
楽天のゴルフ保険
ミズノスポーツ保険のゴルフ保険
日立保険サービスのゴルフ保険
au損保のゴルフ保険
日本興亜損保のゴルフ保険
アメリカンホームダイレクトのゴルフ保険
アルペンのゴルフ保険
NTTドコモのゴルフ保険
ソフトバンク(SoftBank)のゴルフ保険
アメリカン・エキスプレスのゴルフ保険
エポスカードのゴルフ保険
イオン銀行のゴルフ保険
生協のゴルフ保険
セブンイレブンのゴルフ保険
Yahoo!JAPANのゴルフ保険
JCBザ・PGAクラブカードのゴルフ保険
JALカードのゴルフ保険
セゾンカードのゴルフ保険
ダイナースクラブ ビジネスのゴルフ保険
エムアイカードのゴルフ保険
ソニー損保のゴルフ保険
チューリッヒ保険会社のゴルフ保険
Chubb損害保険(旧社名:エース損害保険)のゴルフ保険