おすすめゴルフ保険3選
ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフするなら確認すべきゴルフ保険の疑問 » ゴルフ保険を選ぶ時の注意点は?

ゴルフ保険を選ぶ時の注意点は?

ゴルフ保険に加入する際、どのようなところを基準に保険会社を選べばよいでしょうか。このページでは、ゴルフ保険を選ぶ際に気を付けておきたいポイントを、加入に関する考察を交えて紹介していきます。

何を目的にするか何を重視するか決めて選びましょう

ゴルフ保険は保険会社によって充実しているポイントが違います。そのため、あなたのゴルフの技量に合わせてゴルフ保険の選択ポイントを決めておくと良いでしょう。

腕に自信がある方なら、ホールインワン費用が高く設定されている保険。あまり腕に自信が無いという方は、傷害補償や賠償責任補償がしっかりと付帯した保険をおすすめします。

それぞれどのポイントを重視して選ぶか自身の中で明確にしておくと良いですね。

各保険の特性を確認

ゴルフ保険の選び方で注目すべき点は、各保険の特性を確認すること。特性とは、ゴルフ保険の各補償期間や保険料、そして保険料の支払い方法などについてです。

ゴルフ保険を選ぶにしても、自分の中にものさしがなければ迷ってしまうので、補償期間や保険料のタイプを事前に確認しておきましょう。

補償期間

ゴルフ保険は、基本的に次のような補償を用意しています。

  • 第三者に対する賠償責任
  • 携行品損害
  • 死亡、後遺障害
  • 入院保険金
  • 通院保険金
  • ホールインワン・アルバトロス費用

一般的にゴルフ保険の補償期間は1年間ですが、中には1ヶ月など短い期間にしている場合もあります。各補償期間がどのくらいなのか比較しながら選ぶことが大切です。

試しに加入してみたいという時は、1ヶ月プランも販売しているゴルフ保険の中から選びましょう。

保険料

ゴルフ保険の選び方において「保険料」も欠かせません。保険料は、各ゴルフ保険で大きく異なり、安い場合は月々の保険料が200円台で済むプランもあります。

ゴルフ保険は一般的に2~4つほどのコースを用意していて、各コースで保険料と補償額が異なる仕組みです。そのため、補償額の大きさを優先したい場合は、ゴルフ保険の中でも比較的高額な保険料を選ぶといいでしょう。

保険料の支払い頻度については、基本的に月払いにしている会社が多い傾向です。ただし、1年間分をまとめて支払うゴルフ保険もあるので、毎月・年間の2種類から設定されていると考えておいてください。

他にも選び方のポイントがあります。それは保険料の支払い方法です。ゴルフ保険には積立タイプと掛け捨てタイプがあります。

積み立てタイプ

ゴルフ保険の積立タイプとは、一定期間が経過すると保険料の一部が返戻金(へんれいきん)として戻ってくるタイプです。そのため、支払った保険料がもったいないと感じる方に、おすすめの支払い方法ともいえるでしょう。

掛け捨てタイプと比較して補償範囲が広い点も魅力で、20~100万円とまとまった金額が戻るのも大きなメリットです。

充実したサービス内容の反面、保険料は1万円など高めに設定されている点に注意。保険料に一定額回せる余裕がある方は、積立タイプの中から選んでみてはいかがでしょうか。

掛け捨てタイプ

ゴルフ保険の掛け捨てタイプは、一般的な掛け捨て保険と同じく保険金を受け取る条件に該当しなければ、支払った分は手元に戻りません。

つまりホールインワン・アルバトロス費用や、損害賠償などの補償以外で、保険金は戻らないという仕組みです。

もったいないと感じる方もいるかと思いますが、積立タイプと比較して保険料は安く負担を抑えながら利用できます。また、1日だけ加入など、補償期間も細かく設定できるタイプもあるので、諸事情で一時的にゴルフをしなければいけない状況の方にもおすすめです。

ただ、積立タイプよりも補償額が少ない傾向ですので、事前に保険金額を確認しましょう。

保険の適用範囲

ゴルフ保険の選び方に悩んでいる時は、適用範囲まで確認しておくのがおすすめです。

ゴルフ保険によって補償範囲に違いがあり、自宅でゴルフを練習している時やゴルフ場など場所を指定していることがあります。

また、携行品損害はゴルフクラブのみの場合とゴルフボールやバッグなどの関連ツールも含めていることも。場所・状況といった細かな適用範囲は、ゴルフ保険の資料に明記しているので必ず確認しましょう。

特約

特約とは、第三者への賠償責任やゴルフクラブなど物への補償など、ゴルフ関係の補償が別の保険と付帯していることを指します。

いわゆるゴルフ専用の保険とは違い、別の保険+ゴルフ特約といった点が特徴です。しかし、補償内容に大きな違いはないため、比較する必要性は少ないでしょう。

ただし、ゴルフ特約の方が保険料を安く設定していることもあります。

ゴルフ保険の選び方のポイントとして、特約よりも掛け捨てや積み立てタイプなど他の特徴を重要視するのがおすすめです。

保険内容が重複していないか確認

ゴルフ保険にはさまざまな補償内容が設けられていますが、なかには一般の損害保険やクレジットカードの補償内容と重複しているケースもあります。他の保険で対応できる内容が重複していると、その分の保険料が無駄になるため、どちらか一方で備えておきたいですね。

内容が重複している場合、それぞれの保険会社から補償金が受け取れることもあります。ですが、同じ内容を選択するよりも、まんべんなく補償を受けられるほうが、何かあったときのために安心です。

不必要な保証は無理に付けないように

楽しいゴルフの「もしも…」を補償するためにも、しっかりとしたプランを選択することは大切です。しかし、内容を充実させるあまり、不要なものまで付帯して高い保険料を払って損をしていないでしょうか。

ゴルフ保険の補償内容はゴルフの経験年数や腕前によって、変更していくのがおすすめです。

ゴルフを始めて経験が浅く、ラウンドをあまり重ねていない場合は、ホールインワンやアルバトロス補償の付帯はあまり考えなくてもよいでしょう。その分、損害対策や破損対策に保険料を充てた方が安心してゴルフを楽しめますよ。

パーやバーディが安定してくると、ホールインワンを狙ってみたいですよね。そんなタイミングであなたに最適な補償を選択してみてはいかがでしょうか。

ホールインワンやアルバトロスの保険適用について確認しよう

各保険会社によって保険が適用される条件は違います。中でもホールインワンやアルバトロスを達成した時の保険金について考察していきましょう。

日本ではホールインワンやアルバトロスを達成したときに、記念植樹や祝賀会を行なう風習があります。そのため保険に入っていない人が記録を達成してしまい、予想外の大きな出費に見舞われてしまうといった話も絶えません。

これをサポートしてくれるのがホールインワン保険ですが、どのような場合に保険が適用されるのでしょうか。

ホールインワン保険が適用されるには

ホールインワン保険が適用されるケースはさまざまに設けられていますが、次のポイントをピックアップしました。

  • キャディをつけている
  • アマチュアである

実際にホールインワンを達成したときに、キャディによる証明の有無によって、補償が適用される基準に大きく差が生じます。また、プロではなくアマチュアとしてプレイしている場合のみ、補償が適用されるのです。

補償を受けられるかはケースバイケースなので、ラウンド前に加入しているゴルフ保険補償内容を確認することが大切ですね。

ホールインワン補償のあるプランを比較しました

その他、練習場や自宅練習中などの補償も検討しましょう

ゴルフ保険はプレイ中に起こった事故やケガなどを補償してくれます。さらに自宅やゴルフ練習場で遭遇した事故やケガまで対象としている保険会社もあるのです。

  • 自宅でゴルフネットを使った練習中に、誤って隣家の窓ガラスを割ってしまった…
  • ゴルフ練習場で人の打ったボールが当たってケガをしてしまった

練習中の補償が備わっていると、より安心して練習に打ち込めますね。ご自身の練習環境に合わせて、保険会社を選択してみるのはいかがでしょうか。

目的別~自分に合ったゴルフ保険を探そう!