年間保険料5,000円以下!
おすすめゴルフ保険3選

ゴルフ保険の比較サイト » ゴルフするなら確認すべきゴルフ保険の疑問

ゴルフするなら確認すべきゴルフ保険の疑問

ゴルフをやる人におすすめのゴルフ保険ですが、認知度はそんなに高くありません。そんなゴルフ保険についてのさまざまな質問、疑問を紹介しています。

ここでゴルフ保険の疑問を解決

Q.海外から申込みはできますか?

A.いいえ、出来ません。申込む時点で日本在住である必要があります。ですが、海外でプレーする場合は適用することができます。

ただし、ホールインワン・アルバトロス費用は日本国内のゴルフ場で達成したホールインワン・アルバトロスのみが補償の対象となります。

Q.プロゴルファー、ゴルフのインストラクターは申込みできますか?

A.いいえ、できません。ゴルフの競技または指導を職業にしている方の申込みはできません。ゴルフ保険はアマチュアの方のみを対象としています。

Q.現在、ゴルフ保険に加入しているのですが、重複して二つの保険に申込みできますか?

A.いいえ、できません。現在、ゴルフ保険に加入している方は、保険期間が重ならないように契約する必要があります。

Q.自分以外の家族を対象として契約できますか?

A.はい、出来ます。申込人(保険契約者)本人またはその親族の中から被保険者(保険契約により補償を受ける方)を一人指定して契約することができます。例えば夫婦で契約する場合は、契約は2件となります。

Q.友人を対象として契約できますか?

A.いいえ、できません。被保険者(保険契約により補償を受ける方)は申込人(保険契約者)本人とその親族の方に限られています。

Q.年令制限はありますか?

A.申込人(保険契約者)は満18才以上満80才以下の方、被保険者(保険契約により補償を受ける方)は満80才以下の方に限られています。

Q.クレジットカードは使えますか?

A.保険会社によりますが、ほとんどの会社で使用することが出来ます。

Q.パター・ゴルフはゴルフ保険で補償できますか?

A.一見するとゴルフとパター・ゴルフは同じ競技に感じるところですが、異なる競技ですので補償対象とならない点に注意が必要です。また、他にもゴルフに似たスポーツとして、ケイマンゴルフやターゲット・バード・ゴルフも、補償対象外になります。

Q.ゴルフバッグが壊れた場合、保険金の支払い対象になりますか?

A.ゴルフ保険は、ゴルフバッグまで補償対象とはなりません。あくまでゴルフクラブの曲がりや破損の場合のみ、補償対象となります。また、ゴルフクラブ以外の補償条件は、ゴルフ場の敷地内で発生した盗難のみです。

Q.自宅でゴルフの練習をしている時も補償対象になりますか?

A.一般的にゴルフ保険は、ゴルフ練習場やゴルフ場だけでなく、自宅などでゴルフを原因とする他者へ怪我や財産の破壊などについて、損害賠償責任を負った際に適用されます。そのため、自宅でゴルフ練習をしていたり、他者へ指導していたりする時に何かしら損害賠償責任を負う事象を起こした際も保険金を受け取ることが可能です。

Q.友人のゴルフクラブを壊してしまったけど補償されますか?

A.ゴルフクラブはゴルフ保険の補償対象となりますが、あくまで自身が所有しているゴルフクラブに限ります。そのため、ゴルフ練習場で友人のゴルフクラブを借り、そのクラブで練習していた時、破損させてしまったとしても保険金を受け取ることはできません。

Q.私の子どもがゴルフ練習場でグリーンの芝生を掘り返したのですが補償対象となりますか?

A.一般的にゴルフ保険は、被保険者が起こしたゴルフ由来の事故や、他社のゴルフクラブ破損などに限って補償対象となります。そのため被保険者のお子さんが、ゴルフ練習場の芝を掘り返して、運営側から損害賠償請求をされていたとしても保険金を受け取ることはできません。

Q.私のゴルフクラブが折れたのですが、ゴルフ保険の対象になるのでしょうか?

A.一般的にゴルフ保険は、被保険者(契約した方)が所有しているゴルフクラブの破損についても、補償対象となる保険内容です。被保険者である自身が所有しているゴルフクラブが折れてしまった場合は、保険会社へ連絡しましょう。

Q.キャディさんがいない状態でホールインワンしたのですが補償対象でしょうか?

A.基本的にゴルフ保険は、セルフプレー(キャディが帯同していない、1人でプレーしている状態)によるホールインワンについて補償対象としていません。しかし、ゴルフ保険によっては、第三者によるホールインワンの目撃や証拠となるものがあれば、補償対象となり保険金を受け取ることが可能です。

Q.ゴルフ指導中に怪我させてしまったのですが、保険金を受け取ることはできますか?

A.被保険者がアマチュアで、なおかつゴルフによる第三者への怪我については、ゴルフ保険の補償対象となるので保険金を受け取ることは可能です。また、場所についてもゴルフ場やゴルフ練習場だけでなく、自宅を練習場とした場合も対象となります。

Q.ゴルフ練習中に発生した事故で自身が怪我しても対象になりますか?

A.ゴルフ保険は被保険者(プランによっては被保険者の家族も対象)が、ゴルフを原因とした怪我に見舞われた時も補償対象となるので、保険金を受け取ることが可能です。また、怪我だけでなくゴルフクラブの破損なども対象という点も特徴といえます。

ゴルフ保険の比較!加入はゴルファーのマナー!

ゴルフを始めたら入っておきたいおすすめゴルフ保険一覧
パルシステムのゴルフ保険
三井物産インシュアランスのゴルフ保険
トッパン保険サービスのゴルフ保険
XiS(ゼビオ)のゴルフ保険
パナソニック保険サービスのゴルフ保険
ライフカードのゴルフ保険
ローソンのゴルフ保険
JP損保サービスのゴルフ保険
ANA SKYのゴルフ保険
LINEほけんのゴルフ保険
GDOのゴルフ保険
三井住友海上のゴルフ保険
東京海上日動のゴルフ保険
楽天損保のゴルフ保険
損保ジャパンのゴルフ保険
NISSAYのゴルフ保険
朝日火災のゴルフ保険
AIG損保のゴルフ保険
共栄火災海上のゴルフ保険
楽天のゴルフ保険
ミズノスポーツ保険のゴルフ保険
日立保険サービスのゴルフ保険
au損保のゴルフ保険
日本興亜損保のゴルフ保険
アメリカンホームダイレクトのゴルフ保険
アルペンのゴルフ保険
NTTドコモのゴルフ保険
ソフトバンク(SoftBank)のゴルフ保険
アメリカン・エキスプレスのゴルフ保険
エポスカードのゴルフ保険
イオン銀行のゴルフ保険
生協のゴルフ保険
セブンイレブンのゴルフ保険
Yahoo!JAPANのゴルフ保険
JCBザ・PGAクラブカードのゴルフ保険
JALカードのゴルフ保険
セゾンカードのゴルフ保険
ダイナースクラブ ビジネスのゴルフ保険
エムアイカードのゴルフ保険
ソニー損保のゴルフ保険
チューリッヒ保険会社のゴルフ保険
Chubb損害保険(旧社名:エース損害保険)のゴルフ保険